2016年5月16日 (月)

初心、忘れてはいませんが・・

先日、この度新たにオープンした家具工房を訪ねました。
訓練校の後輩で、卒業後は家具工房で数年の修業、そしてこの度、満を持して開業に漕ぎ着けた次第です。

自身でリメイクしたショールーム、そして、それに併設した住居、工房。
サンプルとしての意欲的な家具達。

場所は福岡の糸島半島。
緑に囲まれた、木工するには理想的な環境です。
(うらやまし~)

いろいろな話をして、私も開業当初のことを思い出しました。

初心忘るべからず。
とは言いますが、やはり長年やっていると、どうしても最初の頃のあの瑞々しい感受性は薄れてしまうようです。

そのような時に、フレッシュな後進の活動を見るのはとても刺激になりますね。

という訳で、今日は朝から大雨になってますが、心は初心の時のように爽やかです。
新たな気持で、頑張っていきましょう。

参考リンク  Handmade in Fukuoka

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

第99回 木土藍楽展

昨日は仕事をちょっと早めに切り上げて、展示会へ行ってきました。
向かうは頴田町。 高速を使って30分ほどの距離です。

木土藍楽展。
この界隈では有名な展示会で、今回で99回目の開催となります。
私もかれこれ10年ほども前、開業当初に何度か出展させてもらったことがあります。

主催は我が母校(田川高等技術専門校)の大先輩である「杜の舟」さん。
今回は、友人である「家具工房tree house」さんも出展しているので、その陣中見舞いも兼ねての訪問です。

木土藍楽展は、木工に限らず、器や布、ガラスなど、様々な工芸家が出店する展示会で、根強いファンもたくさんおり、開催期間中は大勢の人出で賑わいます。

展示即売会ですので、即現金収入につながるのが魅力的ですが、しかし大型の家具などをこの場で販売するのはなかなか難しいところがあります。
そこで、小物なども準備しつつお客さんの気を引き、自分の存在を知ってもらい、将来の別注へとつなげていきたいというのが当時の私の戦略(?)で、まあ、それなりに効果があったような、なかったような((^_^;)


昨日は終了前の午後5時頃に訪ねました。
この時間になるとお客さんもまばらで、木工家同士集まって木工談義なども・・

主催の「杜の舟」さんは、押しも押されもせぬ小物の大家で、そのクオリティーは比類なきものがあります。
話はいつしか、小物論、家具論などに及び、同じ木工でも両者ではマーケティングから製造方法に至るまで完全に異なっていることを再認識した次第です。

家具ばかり作っていると、知らず知らずのうちに頭のなかが家具の方法論でいっぱいになってしまいます。
良くも悪くも・・

そのような時に小物についての方法論を聞くと、そのフィルターを通して家具を客観的に眺めることができますので、漠然としていたところに新たな発見があったりと、なかなか刺激的です。

小一時間ほどお話をして辞去。
楽しいひと時です。


さて、木土藍楽展、目下絶賛開催中。
10月21日(月)までやってますよ。

出展者はいずれもハイレベル。
週末になにか気の利いた手作り品を・・とお考えの方、是非お尋ねください。


参考

杜の舟公式サイト

木土藍楽展

家具工房tree house ブログ  家具工房に捧ぐ

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

木工サイトのご紹介

前回までの記事と関連することで、私が参考にさせていただいた、あるいは、させていただいている木工サイトを下記ご紹介します。

木工技術に関するもの、木工家としての姿勢に共感したもの。
さらには、木工を仕事していくことについて、いろいろな教えをいただいたもの。
いずれも素晴らしいサイトです。


全てプロ木工家のサイト。
アマチュアのサイトについては、またいずれご紹介します。
(なんせ数が多すぎて・・大変です)

全てリンクフリー、あるいは以前交流を持ったことのあるサイトなので直リンクしていますが、もし支障がある場合はその旨ご連絡をいただければ幸いです。

いずれも著名なサイトなので、もうすでに皆様はご存知でしょうね・・・


・Wood worker kei

・家具製作 鯛工房

・木の工房 花みずき

・工房齋 木工ブログ

・工房通信 悠悠

・指物工房 矢澤

・手作り家具工房 クラフトハウス樹良久

・宮本家具工房

・木工房オーツー

・山野オルガン

 (以上 五十音順 敬称略)


いろいろな情報発信について、これはやったことのある人ならば分かると思いますが、間違いのないように、そして分かりやすく記述をするのはとても大変で、また、有料サイトならばともかく、無償でこのようなことを発信してもその人には何の得もありません。

私が今木工をしていられるのも、このような無私のサイトの賜物。
損得抜きで、大変な思いをして発信されている方々にひたすら感謝です。

ありがとうございます。

この先、私も何らかの形でご恩返しをしていかねばと思っているところです。
まずはその第一弾として、サイトのご紹介をいたしました。

皆さんも、是非訪問されてください。

また、こんなサイトもあるよ♪
という、お勧めがありましたら、是非ご紹介くださいませ。

| | コメント (3)