2016年10月25日 (火)

床は板張りに

弊工房は、15年前に新築したものです。
当時、それなりによく考えて建築したつもりだったのですが、実際に使ってみるとあちこち不備が多く、あーしとけば良かった、こーしとけば良かった、、と悶々としつつ今に至ります。

あーしとけば良かった・・ということの一つ、、
床を板張りにしておけばよかった。。。

当時、板張りも考えたのですが、思うところあってそうはせず、このため床はモルタル仕上となってます。

当初悩まされたのは、このモルタルの微細な粉が巻き上がること!
呼吸に影響するレベルではないのですが、この微粉が材に付着した状態でかんなを引くと、刃先に微細な欠けが入るのです。

当初はこの欠けの原因がわからず難儀しましたが、微粉の影響と分かってからは、かんなの前にエアブローを施すことで解決しました。

そのうち、微粉の舞も治まり、今では特に支障はありません。


しかし、もう一つ問題が・・・
誤ってのみなどを床に落としてしまった場合、刃が欠けてしまうこと。

で、やっちまったよ。。

三分ノミ、、 昨日誤って床に落下。
かつら側を下に落下したのですが、運の悪いことに作業台の貫に当って回転・・その後刃先が床に触れる状態で落下。

慌てて拾ってみると・・・やはり・・・耳の部分が一ミリほど・・・欠けてる。

(´;ω;`)ウッ…


その後、修復に多大な時間を要したのは言うまでもありません。


やはり、床に板を張るべきか?
しかし、そのためには大型機械などを一旦全て工房外に移動しなければならないし・・
(1台 500キロもあるのだ)

それならば、作業台の周りだけでも板張りにしようか?
でも、そうすると境目に段差ができて、それはそれで使いづらい。


今から工房を考えている皆さん・・・
これを他山の石として、工房を考えるときには、是非床は板張りとすることをおすすめします。

後で考えよう・・・と思ってると、ずっと悶々とすることになりますよ。

| | コメント (7)

2016年10月11日 (火)

木工キャリアと訓練校2

木工のスペシャリストになる道は一つしかなく、それはどこかの木工所に就職して、先輩職人から指導を受けながら、揉まれながら、働きながら少しずつ技能を身に着けていくことしか方法はありません。

訓練校に行けばそれら技能は身につくのではないか? と思われている方も多いことでしょうが、訓練校で学べることは本当に基礎的なことのみで、木工の表面を引っ掻いた程度のものでしかないことは、事前に知っておいたほうが良いと思います。

何を隠そう、、私も勘違いをして訓練校に行った見本であります。
訓練校に行けば、一通りの家具作りはできるようになるだろう、、と思い、訓練校の門をたたきました。

一年の訓練成果として、たしかに作れるようにはなりますが、そのレベルはDIYに毛が生えた程度のもので、様々な点において稚拙であったのが正直なところです。


なので、繰り返しになりますが、やはり木工でスペシャリストになりたいのであれば、レベルの高い木工所に就職して、働きながらじっくりと自身の木工スキルを上げていくことが一番です。

では、どうすればレベルの高い木工所を見つけることができるのか? そして、そこに就職することができるのか?
ネット時代であるとは言え、個人でこれら木工所を見つけるのは困難であり、もし仮に見つかったとしても、果たして採用されるかどうか? 

ハローワークでは?
そう、ハローワークでも木工所の求人は見つかると思いますが、それは職人募集ではなく、事務職であったり、オペレーターであったりというのが殆どで、それでは望む職種とはいえないでしょう。

では、どうすれば?
そうです、そのために訓練校に行くのであります。

訓練校は、言うまでもなく就職に必要な技能を身に着けるところであり、訓練生を無事就職させることがその最終目標です。

訓練校は、木工所とも深いつながりがあり、木工所側としても出来るだけ質の高い新人を採るために、毎年訓練校へ求人案内を出しますので、望む木工所や望む職種につける可能性も飛躍的に高まります。

木工スペシャリストになりたい時、そのキャリアを積む第一ステップとして訓練校を利用する。
これが考えられる最良の方法です!

訓練校に行く目的・・就職すること。
技能習得は二の次で良いと思います。

ここまで読まれてお分かりと思いますが、必然的に年齢が若くないとこのステップを踏むのは無理で、最良は十代、二十代前半くらいとなります。
先日いらしたMさんは22歳。 まさにベストな年齢で、是非頑張って第一歩を踏み出してほしいと願う次第です。


斜陽と言われる木工業界、、、これからどう推移していくのか? 
その行く先は不透明ですが、多少なりとも木工に携わっているものとして、これからも是非若い人たちにこの世界へ入ってきてもらい、新しいアイデアで新たな地平を切り開いていってほしいと心底願ってます。

全国の若い木工志願者へエールを送ります。
頑張って、まずはその第一歩を踏み出してくださいね。。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

木工キャリアと訓練校

木工家志望の方がいらっしゃいました。
22歳 男子 ・・・若い・・・

私の半分以下の年齢でございます _| ̄|○

聞くと、既に木工関連会社で働いているのだけど、そこでは主に指導・管理的な業務が多く、自らの製作意欲を発揮できる職場ではない。
自分は、物づくりが好きで、木工が好きで、自ら物を作る職人・スペシャリストとして生計を立てられるようになりたい。

そのためには、まずは一から木工の基礎を学ぶ必要があると感じ、その第一ステップとして訓練校へ行きたい・・・とのことでした。


うむ、全くその通りで、異論はありません。
物づくりを手がけるものとしての第一の資質は、何よりも物づくりが好きであるということにつきます。

物づくりが好きだから、木工に行く。
そんなこと、木工志願者ならば当然のことじゃないの? と思われることでしょうが、必ずしもそうではないのです。

今まで、数多くの木工志願者がおいでになりました。
いろいろな話を聞いた中で、物づくりが好きでこの道を目指したいという人は、6割程度でありましょうか?

じゃあ、残りの4割は?

そうですね・・残りの4割は現状否定派というべきか、現実逃避派というのが正確か?
少々失礼な物言いになるのをご勘弁いただいて、、そのように感じられる方も少なからずいらっしゃいます。

つまり、理由は様々ですが、現状が嫌で、現状に満足ができず、木工ならば楽しそうだ、なんとか自分でもやれそうだ、、と、木工に自己勝手な幻想を抱き、現実から木工という自己幻想へ逃避したいと思っている方も多いのです。

いや、おそらくご本人は逃避とは考えておらず、この点は無自覚であろうと思われますが、無自覚であるだけに逆に思い込みが強くなり、その勢いで会社を辞めようとしている、あるいは既に辞めてしまった、という方もいたりして、話を聞きながらこちらが頭を抱えてしまうこともしばしばありました。

この点、今回の志願者氏は明快で、好きな物づくりのスペシャリストになるための第一歩として、訓練校に行って基礎を学ぶ。。 と、てらいなく直球ストレートの考えをお持ちでありました。


訓練校については、正直なところ正負いろいろな評価がありますが、キャリアの第一ステップとして選ぶには最良の選択であると思います。

ここのところ、もうちょっと私見を述べてみたいと思いますが、長くなりますので・・・・


つづく

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

木工と女性と腕力と2

続き・・・

しかし、ハンデがあるとは言え、女性木工家も数多くいらっしゃいますし、もちろん素晴らしい家具を作っておられます。
女性でも、複数体制で臨めば重さの問題はクリアできますし、一人であってもノックダウン式を積極的に採用したり、小ぶりの家具や小物に特化するなどで、ハンデを逆手に取って差別化の柱にするなどの工夫をしている方も見かけます。

これを敷衍して考えて見るならば、各工房によって制作環境は様々であり、やはりそれぞれに短所を抱えているもので、それぞれに短所の数だけのハンデを背負っています。

しかし、ハンデがあるほど、制約があるほど、それを克服するための知恵も出てきますし、願わくばハンデを逆手に取って強みに変えていくほどのアイデアを絞り出すことができれば、また視野も広がってくるかもしれません。

また、腕力の問題にしても男はたしかに有利ですが、それも若い頃だけのこと・・・
年を取ってくると確実に腕力は落ちてきますので、やはり重さということが大きな問題になってきます。

何を隠そう、、かく私も50歳を過ぎた頃からそれをひしひしと実感するようになり、加えて五十肩やらぎっくり腰やらを経験して、重さに対してはほとんど恐怖を感じるまでになってきました。

このため、設計も以前とは変えており(変えざるを得なくなり・・・) 各パーツはできるだけ後付・取り外しができるようにしたり、ノックダウン方式を採用したりと、様々な工夫をして今に至ります。


とまあ、あまりまとまりなく書いてきましたが、ハンデは人それぞれ・・・
それを自覚し、それをブレークスルーすることで、是非素晴らしい家具作りをしてほしいと、新たな木工家志望諸氏に強く願う次第であります。


というわけで、私も今からラジオ体操とストレッチとスクワットします。
体力維持も大事な仕事でありますなぁ

| | コメント (2)

2016年10月 1日 (土)

木工と女性と腕力と1

木工に体力は必要か?

体力・・と言うよりは、腕力と言ったほうが良いかもしれませんが、先日おいでになった木工家志望の方との間で話題になったことです。

その方は女性なのですが、以前、とある木工家に弟子入り志願をしたところ、女に家具作りは無理なので、女の弟子は取らない、、と言われたとの由。

なぜ無理なのか?
女性は腕力に劣る。
家具作りには腕力が必要で、この点で女性には無理  とのことだったようです。

こんなこと言うと、すわ女性差別、蔑視だ というお叱りの言葉が聞こえてくるようですが、正直なところを申し上げるならば、この木工家氏の主張はある程度正鵠を射ているように思われます。

家具作りをする場合、パーツ加工の段階では特段の問題はありませんが、それをキャビネット本体などに組み上げた瞬間に重量は格段に重くなります。

サイズが大きくなるほどそれが顕著になるのは言うまでもなく、さらに無垢材を用いるならば、その重さはフラッシュの比ではありません。
ちょっとした小ぶりのキャビネットですら、不用意に持ち上げると肩や腰を痛めることになりかねず、それはそれは大変であります。

複数の作業員がいる木工所であれば、共同作業をすることで重さの問題も解消できますが、一人作業であればそれもかなわず、圧倒的な重量を前にして腕力不足はいかんともしがたいのが現実です。

これは差別でも蔑視でもなく、性差による腕力差の問題であり、女性は家具作りにおいて腕力という点においてハンデを背負っていることは確かなことと言えそうです。


つづく・・

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

前途多難であるとは思いますが

木工家志望の方がいらっしゃいました。

既に木工所勤務の経験がある方なのですが、諸事情があり、これを機に、改めて木工を基礎から勉強し直したいとのことで、訓練校へ行かれる由。

木工修業の場として訓練校が果たして適しているのか? ということについての私見としては・・・まあ、過去記事を検索していただくこととして、、実情としては好むと好まざるとにかかわらず、訓練校に頼らざるをえないのが現実です。

ならば、訓練校の現状を知り、その上で、どのように訓練校をキャリアアップのステップとして利用するのか?
そのようなしたたかさが、必要であると思う・・・云々 といったアドバイスを差し上げました。

木工を勉強する環境が厳しくなる中で、これから色々前途多難なことと思いますが、「若さ」という最も強力なバイタリティーで、是非道を切り開いていってほしいと願う次第です。

Sさん、頑張ってくださいね♪

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

就活と木工業界と

先日のこと、木工家志望の方がいらっしゃいました。
大学3年生、若い。
しかも、愛知県よりわざわざ来られた次第。


モノづくりに興味があり、その中でも家具作りがやりたい・・とのこと。

聞くと、人員急募の木工メーカーがあり、大学を中退してもそこに行ったほうが良いか? とのこと。

ちょちょちょちょ ちょっと待って お兄さん(古い)
早まってはいけません。

と言うか、そのような人生の一大事を、赤の他人に聞いて決めるべきではありませんよ。

ともかくここは冷静になって。
そもそも、経験不問で人材を急募するところは、仕事はルーチン的なもので、用が無くなればリストラに向かうのは必定。

そのようなところではなく、新入社員を大切に、時間をかけて育てる会社を選ぶべき!
そして、大学はキチンと卒業すべき。
と、アドバイス申し上げました。


ただ、木工業界自体が成長産業でもなく、どちらかと言うと斜陽的な雰囲気が漂う現状にあって、そのような堅実な木工メーカーがあるのか? 正直なところかりませんが、しかし、今の就職事情を見渡すと、そのようなことは木工に限ったことではなく、どの分野でも同じかもしれない。。と思うのであります。

大学3年生、就活は始まったばかり。
自分の人生を掛ける仕事、会社を、是非頑張って見つけて欲しいと願う次第です。

物静かで、口下手な君だけど、その誠実さと熱は十分に伝わってきました。
ハードルは高いかもしれないけど、頑張ってくださいね。


| | コメント (2)

2016年2月 5日 (金)

45歳の選択

木工家志望の方がいらっしゃいました。
年齢45歳、木工経験なし。

今から訓練校へ行って、木工を学んで、果たしてやっていけるでしょうか?
遅すぎないでしょうか?

まあ、遅いかどうかについては、それぞれが置かれている状況や、どのようなところを目指すかという目標設定などによって見方も違ってくると思いますが、やはり年齢が上がるほどハードルが高くなるのは間違いないでしょう。

なので、ハードルが高くなればなるほど、綿密な事業計画と、それを支える十分な資金。
この2つが不可欠であることを申し上げました。

また、訓練校の訓練内容がどのようなものなのか?
卒業生の進路はどのようになっているのか?

これら直近の実情を知ることも大事で、まずは訓練校へ行ってその実態をつぶさに見るべきでは?
とも。。


即退職し、来月締め切りの訓練校願書を取りに行こうと思われていたようですが、少し時間をかけて考えてみるとの由。

良かった。

早く動くことも大切ではありますが、40歳を過ぎての人生の選択は、やはりもっと慎重になるべきだと思いますので、様々なことをじっくり考えて納得の行く選択をしていただければと思ってます。

Uさん、頑張ってくださいね。

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

資金作りは独立への第一歩

先日、木工家志望の方からメールをもらいました。
20代前半、、若い。

木工で独立する夢があり、それに向かって進むべく、退職すべきか?

・・・・ う~ん (・・;)


この話題については、以前も何度か書いてきた記憶がありますので重複となりますが、それを承知で書いてみたいと思います。

メールには熱い思いが綴られていました。
文章からは、木工に掛けるとても真摯な思いが伝わってきます。

また、お若い方ながらもきちんとした日本語で、文章の構成も論理的で分かりやすいのに感心しました。
きっと、まじめに学生生活を送り、ちゃんとした教養を身につけられた方だろうと想像します。

なので、がんばれ・・と肩を押したい気持ちは山々なのですが・・
しかし、一つだけ肝心なことが抜け落ちています。

木工で起業するにあたって、最も大事なこと。
いや、木工にかかわらず、開業する際に必ず必要なもの。

それは・・・・ 資金です。

資金、お金。
そうなんです、これがないと、どのように優れた技術を持っていても、誰も考えつかないような企画アイデアがあったとしても、起業は無理です。

アタリマエ、、のことなのですが、熱い情熱の前には、このアタリマエの比重が軽くなってしまうのが常で、注意が必要です。

なので、木工で独立を考えるときには、まずは何を置いても資金作りに全精力を注ぐべき。。ということなどを申し上げました。

資金は、初期投資の開業資金に加えて、開業後一年ほどを赤字体質でも乗り切ることが出来るだけの余裕資金も必要です。
これらにどのくらいの金が必要なのか?

まずは、ここを調査することが独立への一歩とお考えください。

前途多難なことではありますが、その分大きなやりがいがあるのもまた事実。
なによりも、若さというかけがいのない財産がありますので、それを存分に活かして頑張って欲しいと心より願ってます。

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

意志の貫き方

木工家志望の方がいらっしゃいました。
大学三年生、若い(羨)

将来的には自身で工房を構え、自営したいとの由。
そのために、就活で木工所へいくべきか? とのご相談です。

むろん、その意志が固いのであれば、できるだけ早く木工への道に進むほうが良いでしょうが、しかし、木工職人というのは総じて薄給で、将来的な独立を考えた場合、開業資金を貯めるという点でなかなか厳しいところがあるかも?

では、普通の会社に正社員として就職し、とにかく開業のための軍資金を貯めるほうが良いのか?
確かに、金銭面においてはそちらのほうが有利かもしれませんが、しかし、この間は木工とは全く無縁の生活となるわけで、技術的な進歩はありません。

訓練校に行けば良いのでは・・
そうなのですが、しかし、例えば今から10年後に木工の訓練校がどれほど残っているのか?

ここ10年ほどにおける、訓練校木工科の相次ぐ閉鎖を考えると、甚だ心もとない状況です。
木工を学びたいときに、その受け皿がない。。ということになってしまう事態も否定できません。

理想的なのは、木工技術も、デザインも、また、事業経営などについても学ぶことができて、給料も良い木工所への就職ですが、果たしてそのような企業があるのやら??

ともかく、今から就活戦線へ乗り出していくわけなので、よく情報を収集して、納得いくところを見つけるようアドバイスを差し上げたのですが、そんなことを言いながら、言葉が上滑りするような空疎感を感じました。


意志があれば、何でもできるし、何とでもなる。
なんて言葉をよく聞きますが、それは過去に日本が右肩上がりの成長を続けていた時代であったからこそ通用した文言で、それを現在にそのまま当てはめることはできません。

過去の自身の成功体験を、自身の意志の賜であると誇ることはいいのですが、しかし、その意志を貫くことができた古き良き時代の経済背景にまで考えが及ばず、したがって全く無自覚のうちに増長してしまっている「大人」が、後進に対して志の重要性を説く・・という構図は、傍から見ているとほとんど説得力を持たず、ボタンの掛け違いのような無力感を感じてしまうのです。

アベノミクスで経済が好転すればまた状況も変わっていくかもしれませんが、それでも高度成長期や、また、80年代のような再現はもはや無理と思われますので、自分なりに先を見越して、どこにチャンスがあり、どこを目指して、どのように意志を貫いていけばよいのか? ということを、それこそ死に物狂いで考えていかねば活路は開けてこないように思います。

まあ、これは木工だけのことではないですけどね。


異論があるのを承知で書いております。

ただ、手作り家具というニッチの世界で15年間やってきた素直な感想として、このような作品なり商品が求められる余裕は、やはり経済の下支えがあってこそのことと思っています。

この点において、今から木工を目指す若い人たちは、先達の成功体験に囚われることなく、是非独創的で画期的な創造をしていってほしいと願う次第であります。

いや、もちろん若い世代ばかりではなく、我々も常にそれを考え続けなければ、将来の展望は開けてこない・・

木工志望者と話をするたびに、いつもそう思うのであります。


H君、頑張ってね。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧