2019年11月19日 (火)

電ドラボール 

ネット検索していて、このようなものを見つけました。
220usb1

電ドラボール と言うらしい。
見ての通り、形は普通のハンドドライバーなのですが、電動アシスト機能がついていて早締めする時には便利・・らしい。

普通のドライバーとしても使えるので、早締めは電動で、、そして、最後の本締めは手動で・・というのがメーカー推奨の使い方のようです。

なんでも、大ヒット商品らしいのですが、寡聞にして知りませんでした(不覚)

・・・・

この仕事に電ドラは無くてはならない必需品ですが、重くて大きく、細かい場所の作業には不向きです。
コンパクトなものがあればいいな~と、ずっと思い続けてきたものを具現化したような商品。

そして、メーカーは信頼のベッセル。
となると、買うしかないかな?

しかし、評価は分かれるようで、賛否それぞれの意見が多く掲載されています。
最大の問題はトルクで、一般の電ドラに比べるとトルクが低いため、使用目的によって使える、使えないのレビューが見受けられ判断に迷うところですな。

実勢価格4千円強は高いか安いか?

さてどうしたものか?
今日もネジ締めをしながらじっくり考えてみることにしましょう。

もし使っている方がいらっしゃったら、感想を聞かせていただけると嬉しい限りですm(_ _)m

*画像はベッセルのHPより拝借しました

| | コメント (2)

2019年9月11日 (水)

終活と木工と

昨日の記事のこと、、終活の一環であるそうです。
最近では終活という言葉も一般的になり、あちこちで聞くようになりましたが、身辺整理などを考える時に木工の機械や道具などは悩みのタネになるだろうなぁ・・と切実に思います。

実は今までにも同様な話があり、廃業する場合や、また、悲しいことに不治の病で木工を断念せざるを得なくなった話なども聞きました。
その際に問題になるのが機械の行く末。

汎用機であれば機械屋さんが引き取ってくれますが、需要と供給とのバランスで必ずしもその限りではない。
以前、大型プレスが要らないか? との打診があり、話を聞くと価格は驚きの2万円で、これに加えて輸送設置にかかる実費を支払ってくれれば良いとのことでした。
良い話でしたが私の狭い工房には置くスペースがなく、断念したのを覚えています。

また、アマチュアユースの機械や、手工具などについてはほとんど需要はないので、個別に引取先を見つけるしかなく、それができなければリサイクル業者への売却か、最悪は処分となります。

木工を手掛ける者にとってはあまりにも惜しいことではありますが、需要と供給のマッチングが得られない以上、致し方ないことと諦観するしかありません。

終活・・・私にとってはまだまだ先の話ではありますが、しかし、体力的なものを考えるとあとどのくらい木工ができるのか?
木工そのものは続けられるとしても、大型の家具や、無垢材の厚いテーブルなどは徐々に製作が厳しくなるであろうことは間違いありません。

そう考えると、終活・・でなくても、木工をフェードアウトさせる時期というのはそう遠い将来ではないかもしれないなぁ、、
その際に、私の機械たちはどのような運命をたどるのか?

今回の話を受けて、そんな事をしみじみ考えています。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

工房機器一式の譲渡

お知らせ

別府在住の木工家Y氏が、高齢のために工房を閉鎖することになりました。
それに際し、工房内の機械、道具類一式を譲渡したいと希望されています。

詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。

T’s工房   
https://ameblo.jp/toshimt/entry-12522547590.html

のほほん木工房  
http://noho91.web.fc2.com/page252.html#9/

アマチュア木工家の方ですが、本格的な装備を備えており、プロの使用にも十分耐えうる布陣だと思います。
工房内の装備一式をまとめての譲渡とうことで、これだけのものを新たに揃えるためには新車一台分ほどの費用がかかると思います。

もし、木工で独立を考えておられる方がいらっしゃったら、願ってもない朗報であると思いますよ。
(スペースに余裕があれば、私が引き取りたいくらい・・・)

引取先が見つからない場合は、リサイクル業者、あるいは処分ということになるそうで、それはあまりにももったいない。

いかがでしょう。
ご希望の方がいらっしゃったら、コメント欄、もしくはメールにてご連絡ください。

| | コメント (4)

2019年9月 4日 (水)

できの悪い相棒

ジョイントカッターという電動工具があります。
これ、板接ぎなどには欠かせなく、出動機会も多い工具です。
(詳しいことはググってみてね}

昨日は板接ぎ大会だったので、ずっと使っていました。

で、ちょっと前からスイッチ部分のロックが甘く、すぐスイッチがオフになってしまうという現象が続いていて悩ましかったのですが、なぜか最近はこれが起きなくなりました。
完全に元通り・・とは行きませんが、丁寧に扱えば特に問題なく使える。

電動工具の自己治癒力か??

不思議なことですが、、もっと丁寧に扱え・・という、工具からのメッセージなのかも?
考えてみると、開業当初からの付き合いなので、こいつもそろそろ18歳。

正直なところ、設計はあまり良くなく、使い勝手や精度もイマイチなのですが、それらの癖を踏まえてずっと使い続けてきたので、ちょっとできの悪い相棒として今では愛着もひとしお。

そうだよな、、もっと丁寧に使うからこれらかもよろしくな。
(やはり、新型を買うのはもうちょっと先にしよう・・・)

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

冶具とオリジナルと手作りブーム

冶具を作っています。
冶具とは加工補助具のことで、良い冶具を使うと製作効率や仕上がりの品質は格段に向上します。
なので、ある意味、冶具作りは作品作りそのものよりも重要であると言えるかもしれません。

で、この冶具ですが、私が使うものではなく、手作り作家さんから依頼されたものです。
オリジナルの物を構想し、納入ルートを開拓し、この度満を持して開業にこぎつけようとされているところで、この冶具はその作品作りの最もコアな部分を担う物であります。

仕上がりの品質に直結するものですので、緊張しますね。。
来週の初め頃には納品できる見込みで、素晴らしい作品を生み出してくれるよう期待しています。

昨日の繰り返しになりますが、オリジナリティーは作家の生命線です。
プロの作家は心血を注いでオリジナルの追求に奔走しています。

限られた予算の中で、開業にこぎつける苦労はやったものにしかわからないとは思いますが、ほんの少しでもそれを想像するだけの真摯な態度があれば、安易に真似をすることなどできるはずはありません。

手作りブームは結構なことではありますが、モノマネが横行する現状は、結局は自分で自分の首を絞める結果になると思うのですが・・
なんだかなぁ~ という感じであります。

| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

堂々巡り

初期不良というケチがついたインパクトドライバーでしたが、交換後は順調に動いてくれて(当たり前ですが)います。

久しぶりのコードレス式。
しばらく使っていなかったあいだの技術の進歩はやはり素晴らしく、コンパクトで軽い。

ライトが付いているのもなかなか良く、ビス穴の確認がしやすいのがいいね。

そして、なんと言ってもコードがないのが手軽で、いちいちコードを指したり抜いたりという手間もいらず、これに関わるストレスが無くなりました。

・・・

で、もう一つ検討しているドリルドライバーをどうするか??

今までと同じくコード付きと思っていたのですが、コードレスの手軽さを味わうと・・
やはり、こちらもコードレスにしようか?

となると、バッテリーは共通のほうが何かと便利。

しかし、となると、同じメーカーのものになる。。

・・・・ できれば、このメーカーのものは避けたい・・・

じゃあ、コード付きにするか?

いや、やはりコードレスの手軽さが・・

となると、バッテリーは共通のほうが何かと便利。。

・・・

堂々巡り  (´ε`;)ウーン…

・・・

悩みはつきません。。

暑いし。。

| | コメント (3)

2018年7月23日 (月)

インパクトドライバーの憂鬱

インパクトドライバー、クレームの続き。。

故障の疑い濃厚な充電器とあわせて、電池も返品、交換してもらいました。
店によると、、充電も問題なくできることを確認した・・とのこと。

使ってみると、ちゃんと動きます。
これで一件落着。。

と思っていたら・・・

数回作動しただけで、突然停止。
うんともすんとも言わない。

電池切れ? と思って充電器に電池をセットすると、ランプが二回点滅・・充電不可のサイン。

なんですと~

で、もう一つの電池をセットしたら、これは無事充電できるようですので、充電完了を待ってドライバーにセット。
スイッチを入れると・・・動かない。。

がぁぁあ~ どうなってんじゃ、、これ!!

もはや何がなんだか分からない状態。
悪いのは充電器なのか、電池なのか、ドライバー本体なのか? あるいは、これらの複合組み合わせ・・なのか?

論理的に考えてどれが悪いのか分からない。
暑さも加わってイライラのボルテージは頂点に。。。

その足で再度お店に行ってクレーム。。。
店員さんも困惑するばかりで、そりゃそうでしょうが、こちらは遊びじゃなく仕事で使ってんのよ、どうしてくれるの?とは口では言いませんが、心の中の声が表情に出ていたはず。

で、結局ドライバー本体も含めてすべて交換しましょうとの結論。
私としては原因がわからないままなのは納得がいかないのですが、とりあえずは使えることを優先し矛を収めることとしました。

で、とりあえず、問題なく使えています。 今のところ・・・

新品が動作するのは当たり前ですが、その当たり前がありがたいと思う始末。
そして、使いながらもまた止まってしまうのではないか? との疑念も拭いきれず、どうも精神衛生上よくないですな。

やっぱり・・・このメーカーのものはとことん私と相性が悪いと実感した出来事であります。
なんだかな~

| | コメント (5)

2018年7月18日 (水)

祟られているのか

先日購入したコードレスインパクトドライバーのこと。。

メーカー名でちょっと嫌な感じがしていたのですが・・・

・・・

箱を開いて充電器と電池を取り出し、電源を入れてセット。

あん??

充電器には動作ランプがあり、充電中だと点灯、準備中だと点滅、、そして、充電不可だと2回点滅となってます。
で、ランプを見ると・・・

2回点滅 

なんですと・・ (@_@;)

リセットして再度試みるも・・同じ。

さては電池不良か?
新品なのに、どういうこと?

で、もう一つの電池を取り出してセット。
しかし、これも同じ。

2回点滅。。

に・か・い・て・ん・め・つ!!! 

(# ゚Д゚)

まさかの充電器不良か?

・・・・

あまりのことで信じられず、その後何度か試すも・・同じ。
暑さとショックで寝込んでしまいました(ウソ)

ともかく、店に持っていってクレーム。
充電器の在庫を取り寄せてもらうことにしたのですが、その間はどうする?

手回しのドライバーで凌ぐか? それとも、予備のインパクトをもう一台買うか?

・・・・

このメーカーの電動工具には今までにも散々悩まされてきました。
しかし、、新品の状態で使えなかったことはさすがに今回が初めてで、とことん相性が悪いのか、それとも祟られているのか??

で、別メーカーのコード付きインパクトを追加購入するか検討中。
今日も暑く、いや、熱くなりそうです。。

| | コメント (2)

2018年7月14日 (土)

コード付きか? コードレスか?

ドリルドライバーに続いて、インパクトドライバーも逝ってしまいました。
まあ、カーボンブラシの摩耗かもしれませんが、インパクトの必要性は待ったなしですのでホームセンターGO

同じもの(コード付きインパクト)を買うつもりだったのですが、ふと見ると、コードレスタイプが商品入れ替えに伴って安売りになっています。

おっ!!

14.4ボルトで、リチウム電池。

おっ!!

リチウムでこれだけ安く変えるのか。。
どうしようかな~ (´ε`;)ウーン…

電動工具は、コード付きにするか、コードレスにするか、木工家によっていろいろな意見、こだわりがあることと思いますが、おそらく一般的にはコードレスを選んでいる人が多いのではないでしょうか。

コードレスはなんと言っても手軽に使えるのが便利なところなのですが、電池寿命に伴い電池の買い替えが必要となり、これが極めて高価であるということがネック(電池の買い替えで商売をするビジネスモデルではないかと疑いたくなるくらい・・)で、また、電池がある分だけ重くなるのも問題。

大工さんにとっては必需品ですが、木工屋にとっては必ずしもコードレスである必要はなく、このためここ5年ほどはずっとコード付きを使ってきました。

ただ、使うたびにプラグを抜き差ししなければならないことと、やはりコードの取り回しが結構厄介・・・
ということが問題ですねぇ。
が、価格はコードレスの三分の一以下で、なんと言ってもこれが魅力。

・・・

で、今回もコード付きを買おうと思っていた時に、目の前にあるコードレスの大安売り。

(´ε`;)ウーン…

とにかく大きくて重い、、という印象のあるコードレスですが、よく見ると、昔に比べてずいぶんとコンパクトになってます。
電圧も14.4ボルトに上がっているし、継ぎ足し充電可能なリチウム電池、、というのが魅力♪

ただ・・メーカーがM社というのがちょっと引っかかるところですが・・・
(M社のプロ用機器には今までに良い印象がありません (・へ・) )

迷うこと十数分。。 で、結局、購入。

さて、久しぶりのコードレス環境。
これで生産性がちょっと上がるのか?  期待しているところです。

| | コメント (1)

2018年5月30日 (水)

Rブランドの行方

先日のドリルドライバーの故障に続き、どうやらインパクトドライバーも不調な感じ。。
家電と一緒で、電動工具も壊れるときは同じタイミングでやってくるようです。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

これもR社のものですが、コメント氏から指摘があったように、どうやらR社の電動工具部門はK社に事業譲渡されたようです。

ただ、ブランド名はRのままになっているようで、このままいちブランド名として継続するのか? それとも将来的にKブランドの名前を冠するようになるのか?

まあ、ユーザーにとっては良い品物を作ってくれるんだったら何でもいいんですけど・・
とは言え、見慣れたブランドがいつのまにか事業再編制されてしまっていたのにはちと驚きましたな。

アイテムによって良いものとそうでもないものとのばらつきがあったRブランド。
K傘下で、今後どのような商品展開をしていくのか? ちょっと興味があります。

・・・・

ひょっとすると?
モデルチェンジ前の在庫一斉セールがあるかな? など、淡い期待もしておりますが、さて?

| | コメント (1)

より以前の記事一覧