2017年4月19日 (水)

筍づくし

春の食の楽しみといえば、何と言っても筍です。

北九州市には合馬筍というブランド筍があり、毎年食べに行くのですが、残念ながら今年は不作とのこと。
裏作に当たるとも、また、春先の低温続きのためとも言われていますが、ともかくも不作であることには違いなく、今年はまだ食べていないままなのでありました。

先日の休日のこと・・・
久しぶりに天気が良かったので、ぶらりと大分の方まで足を伸ばし、温泉に立ち寄りました。

ゆっくりと浸かってロビーでまったりとしていると、、 うん?

ロビーの一角に物産コーナーがあり、その端の方のあるものに目が留まりました。

透明な袋に入ったアレ。
もしや・・

いや、間違いない。。

確信を持って近づいてみると、、紛れもなく筍ではありませんか。

しかも、温かい、、いや、熱い。

そう、アク抜きしたばかりのものを袋詰にして並べているのです。
小ぶりサイズで一本分。

しかも、その価格、、なんと、300円。


その夜は筍づくしであったのは言うまでもありません。

穂先の部分は刺し身醤油でそのまま。。
かすかに感じるエグミがまたなんともいえませんなぁ。

その他のところは、煮物や天ぷらなどに・・

春の息吹が感じられ、体の中に鋭気がみなぎるような感じです。


やっぱり、穫りたての筍は美味しいねぇ。


ひょっとすると、来週も穫りたてを手に入れることができるかも?
というほのかな期待を胸に、、今日も仕事頑張ろう。。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

モメサン メルロー

先日、何気なく購入したワインが美味しかったのでご紹介します。

8912016_ll1


モメサン メルロー

ワインには全く詳しくありませんが、瓶につけられていた「英国王室御用達」というラベルに惑わされて購入しました。
大層なラベルが付いていますが、しかし、4合瓶で税込み1,000円弱です。

とは言え、私にとって1,000円は高級ワインと言って良い値段。
普段は大体500円のものばかりですもんね。。 (^^ゞ


このモメサンメルロー、、赤ワインですので、もちろん肉料理に合いますが、それ以上に、ナッツ類をつまみにすると殊の外美味しく感じられます(個人的所感)

ミディアムボディーですので、飲みごたえあり。
ハレの日のワインとして、今後も楽しみたいと思います。

スーパーなどで売られてますので、見かけたら是非お試しください♪

| | コメント (3)

2016年12月12日 (月)

牡蠣の季節到来

牡蠣の季節になりましたね。

ということで、行ってきました、牡蠣小屋。
先の冬にお客さんにご紹介いただいた小屋で、北九州の端っこ、門司区の裏側、周防灘(豊前海)に面した産業道路沿いに、期間限定でオープンします。

牡蠣小屋と言えば、以前は100キロ以上もの距離を延々走って、佐賀県は有明海に面した太良町まで行っていたのですが、この牡蠣小屋はせいぜい20キロあまり。
お隣さんと言ってよいほどの距離です。

中に入ると、暖房もしていないのにすごい熱気。
炭床がずらりと並んでおり、たくさんの人が牡蠣を焼いている、その熱気がこもって暖かい・・と言うより、熱いくらい。

ご当地の牡蠣は、ここのところ豊前一粒牡蠣と銘打ち、ご当地特産食材として売り出しているもの。
これが、お世辞や身びいきなしに、本当に美味しい。

牡蠣飯と合わせて、堪能しました。

さて、牡蠣の季節ははじまったばかり。
この牡蠣小屋も含めて、あちこちの店で牡蠣が供される時期です。

次はどこにしようかなぁ?
と、ニヤニヤしている今日此の頃なのであります。

| | コメント (4)

2016年11月22日 (火)

強気のラーメン屋

今朝、、地震の夢を見て、起きたら本当に地震のニュースが流れていてびっくりしました。
多分、家人が聞いていたニュースで夢が誘発されたんでしょう。

津波警報が、3.11の時の記憶を呼び覚ますようで嫌な感じですが、とにかく被害がないことを祈ります。


話はくるりと変わって・・

昨日、納品の帰りに無性にラーメンが食べたくなり、とある店に寄りました。
今では全国どころか、海外にまで進出している某有名ラーメンチェーンですが、私が学生の頃は、小さな木造の一軒家でやっている一介のラーメン屋に過ぎないものでした。

帰り道がちょうどその店の前を通る道だったので、数年ぶりに立ち寄ったのですが、店頭にある券売機を見てびっくり。

ラーメン 790円
替え玉  190円
占めて合計、980円

な、な、な、な、なんですと~!!

\(◎o◎)/!

首都圏ならいざ知らず、こんな地方の、さらにその隅っこにある店で、極めて強気のこの価格。

このあたり、だいたい500~600円が相場というところで、この店から200m先には、なんと一杯250円のラーメン屋さんもあるのだ。

入るのをやめようかとも思いましたが、せっかくだし、懐かしさもあるし、、、という事で入店。
ちょいと味付けが変わっている気がしましたが、懐かしい味は変わらず、当時のことを思い出したりしました。

が、、ラーメンに1,000円近くを払う金銭感覚はないな~

次にこの道を通るときは、250円ラーメンにしようっと・・・

| | コメント (2)

2016年11月18日 (金)

焼酎繚乱

昼間はまだ暖かいですが、朝晩はさすがに冷え込むようになりました。

こうなると、焼酎のお湯割りが一段と美味しく感じられますね。
一日頑張って仕事するのは、晩酌のお湯割りを飲むため・・と言っても過言ではありません(きっぱり)

焼酎の原体験は大学生だった頃で、その当時は、味わう・・と言うよりは、手っ取り早く安く酔うため・・といった飲み方でありました。
当時、一升瓶で1,000円を出すと少しお釣りが来るくらいの金額で、貧乏学生の心強い味方でした。
(下町のナポレオン)

芋  白波
麦  いいちこ
そば 雲海
米  白岳

これらが定番でした。

時は流れて・・・
今でも上の大銘柄は隆盛を誇っていますが、それ以外にもたくさんの酒造メーカーから、たくさんの地焼酎とも言えるものがたくさん生まれて、現在は焼酎の百花繚乱状態!

味も多岐にわたっており、それはそれは美味しくなりました♪

その中で、プレミア焼酎のようなものも現れてきて、例えば森伊蔵なんて銘柄は、実勢価格が標準小売価格の10倍を超える3万円以上もの値がついているようで、もはや投機対象の感もありますな。

たしかに美味しいけどね~ 3万円はないじゃろ!!

ともあれ、焼酎好きの左党にとっては良い時代になり、あれこれ銘柄を飲み比べてみたりします。
と言っても、高価なものには興味はなく・・と言うより、手が出ない、、(¯―¯٥)

ので、、四合瓶であれば1,500円まで、一升瓶なら2,500円くらいまでの価格帯で、あれこれ試している次第で、今のところ一番のおすすめはこれ。

400


やきいも黒瀬 鹿児島酒造(写真でか過ぎ)

字のごとく、芋焼酎。
まろやかな甘さが特長で、ぬるめのお湯割りが最高。

さて、今日も夜の一杯のため、頑張ることとしましょう。


ps
安くて美味しい焼酎がありましたら、是非教えて下さいませ。

m(__)m

| | コメント (2)

2016年11月16日 (水)

梅干し

梅干しのことなのですが・・昼食には欠かせません。

私にとっては大事な梅干し、、が、、なかなか美味しいものがないのですなぁ。
スーパーに売っているものは、軒並みアウト。

片っ端から買って食してみたのですが、どれもイマイチなのです。

そんな時、道の駅で試しに買ってみたものが殊の外美味しく、そこで開眼。
そうか・・量産しているものではなく、田舎のおばちゃんが手作りしているものが美味しいんだ。
と、思った次第。

それ以来、道の駅や、お祭りの屋台などで売られている梅干しを買うようになったのですが、、

が、しか~し。
これも美味しいものばかりではないのです。

二年ほど前のこと、とある寺に紅葉を見に行った時、その参道の路端でおばあちゃんがひっそりと売っていたビニール袋入りの梅干しを買ったことがあります。
いかにも手作り、自らの手で詰めました・・という感じの代物で、見た目も本当に美味しそう。

楽しみに買って帰って食べたところ・・・

しょ しょ しょっぱ~い ( ;∀;)

梅干しというより、梅の塩漬け・・いや、塩の梅干し漬け・・いやはや、もう支離滅裂ですが、とにかくしょっぱすぎる。
一粒で、ご飯が10杯ほどは食べられるほど。
一粒で、一日の塩分制限量を超えちゃうんじゃないか? という感じ。

食べ終わるのに2ヶ月かかりました。


手作り・・というのも全て良いわけではないなぁ。
ということで、それ以来、梅干しの購入は私にとってちょっとしたギャンブルになってます。


で、二週間ほど前に、田舎町の秋祭りで購入したそれも、、微妙に外れ。
やはり、しょっぱい。

たかが梅干し、されど梅干し。
美味しい梅干し探しは、まだまだ続くのであります。

| | コメント (2)

2016年10月14日 (金)

さんまのパエリア

さんまがちょっと安くなりましたねfish

秋の食材を堪能しております・・

さんまといえば、もちろん塩焼きで、大根おろしとかぼす・・というのが王道であるのは言うまでもないところですが、それだけではなく、別の食べ方も楽しんでみたいなぁ と思っていたところ、雑誌にうってつけの記事が載っていました。

その雑誌とは・・・

「暮しの手帖」

そう、朝ドラの「とと姉ちゃん」で有名になった、暮らしの手帖です。
(ドラマ内では、あなたの暮らし となってましたね)

実は、20年ほど前までは、暮しの手帖は欠かさず読んでいたのですが、その後なんとなく読まなくなり、最近ではその存在も忘れるほどでした。

それが、ドラマの影響で興味がわき、久しぶりに再び手にとって見たのですが、内容が濃く、読み応えがあり、良い雑誌だなと改めて再認識した次第で、また購読するようになりました。

その最新号に載っていたのが、秋刀魚七変化 という記事。


これだ・・・ と、思わず叫んだことでした。

で、早速、さんま料理のいろいろなバリエーションが乗っている中から、昨日はさんまのパエリアを作ってみました。

Bl_dsc_0041

さんまのパエリアなんて、生臭いんじゃないの? と、訝しながら試してみたのですが、これが・・・

美味い!!

にんにくとローリエ、そして最後にかけるレモン汁が臭みを消しているようで、さんまの旨味が絶妙にお米に移って・・・すこぶる美味しい。

合わせる酒は、日本酒か、辛口の白ワインがお勧め。

いや~、さんまのこんな食べ方があったんだねぇ


いつもは炭水化物を控えめにしているのですが、昨日は倍ほど食べてしまいました。
(たまにはいいよね~)

レシピには、これ以外にも竜田揚げなど、どれも美味しそうなものが並んでいます。
これから、一つづつ試してみたいと思っているところです。

最新号、絶賛発売中。
興味のある方・・本屋へGO bicycle

| | コメント (0)

2016年9月30日 (金)

すだちとサンマ

歯医者さんからすだちをもらいました。

かかりつけの歯医者さん、、時々粗品をくれるのです。
歯ブラシだったり、手ぬぐいだったり、クッキーだったり、靴下だったり(納得行くものも行かないものも・・)

先日は、すだちでした。
一個だけ(←期待しすぎ)


秋です。
すだち・・となると・・さんまでしょう♪

ここのところの不漁のため、生さんまは高価な食材ですが、思い切って購入!

fish

大根おろしに醤油。
これにすだちを絞って・・ 

う~ん、たまりませんなぁ

脂がよくのっており、これにすだちの爽やかさが加わって、ちょっと辛口の日本酒に合わせて至福の時でありました。

いや、秋の味覚を満喫です。
これからはサンマも多少安くなるだろうし、そうなるとまたすだちが・・・

ならば、また歯医者さんでもらって来ようか?

いや、治療は無事終わったばかり。
この期は、2ヶ月に一度の定期メンテナンスのみです。

・・・・

また詰め物が取れたりしないかなぁ (オイ)

・・・・

ならばどうする (すだちも買えよ)

すだちは、このへんではあまり売ってないんだよな (かぼすでいいだろ)

| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

昔の麦茶が飲みたい

昔の麦茶は美味しかった。

コクと少しの苦味、甘み、そして、あの香り。
麦茶というと、あの古き好き昭和を思い出すのは私だけではないでしょう。

それに対して、今の麦茶はあまり美味しくありません。
コクも、苦味も、甘みも、そして香りも・・・いまひとつ。

やはりティーバッグ方式では、昔の味を出すことは不可能なのか?

と思っていたのですが、NHKのガッテンで、ティーバッグを使って昔の味を出す・・という特集をやってました。
(今も、Webで確認できると思います)

で、その通りにやってみたのですが・・・

全然美味しくないじゃん (-_-メ)

やはりガッテン、、結構眉唾な内容が多いんだよね。
(なので、最近はほとんど見なくなりました)

ガッテン流とは、ティーバッグに湯をかけて蒸らし、それを水出しして、最後にインスタントコーヒーをひとつまみ入れる  という方法。

でもね、この通りやってみても、格段の差は感じないのでありますな。


ならば、自己流でやるしか無い・・と昨夏から試行錯誤を繰り返しているのでありますな。

今のところのやり方としては・・・
 ティーバッグの量を1.5倍にして、
 水出しではなく、煮出しして、
 30分ほどでバッグを取り出し、
 最後にインスタントコーヒーをひとつまみ、

という方法。

しかし、たしかに味は濃くなるんですけど、甘み、そして香りに欠けるのが致命的だわね。


(´ε`;)ウーン…

やはりティーバッグでは無理なのか?
昔ながらの、麦を炒って煮出す・・・しかないのか?

足掛け二年の試行錯誤・・道は険し。

どなたか、画期的な方法を御存知でしたら、是非ご教示くださいませ。

m(__)m


昔の、美味しい麦茶が飲みたい。

| | コメント (2)

2016年4月26日 (火)

筍三昧

筍をいただきました。
毎年知人が持ってきてくれるもので、この時期の恒例となってます。

待ってました!!

掘りたてをすぐアク抜きしたもので、すぐ食べることができます。

穂先を少し削いで、まずはわさび醤油で刺し身として・・
そして、薄味の煮物。
もちろん、筍ご飯は外せません。
(床付けのきゅうり、大根と合わせると、何杯でもいけますな)

酒は、日本酒か焼酎か悩むところですが、昨日は日本酒で。

いや~ たまりませんなぁ bottle


調子に乗ってペースが上がり、ちょいと食べ過ぎ、飲み過ぎ。
で、今朝の体重 1kg 増  _| ̄|○

でも、旬の美味しさの前にはしかたのないこと・・
今日は焼きタケノコ? いや、天ぷらもいいなぁ。

筍フライやコロッケという手も・・

暫くの間、ダイエットおさらばで筍を堪能しますよ~


Fさん、毎年ありがとうございます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧