2019年6月20日 (木)

歯科技工士も同じ

歯医者へ・・
3ヶ月ほどつけていた仮歯を外して、銀のクラウンに付け替える作業。

が、、入らない。
歯医者さんがいろいろ調整してくれたのですが、結局具合が悪いらしく作り変えることになりました。
なんだよ~

歯医者さん曰く、、一つ一つを精魂込めて作ればこんな事にならないのに、流れ作業で作っているからダメなんだよ! とのこと。
うん、名言。
物づくりの全てに言えることで、それは歯科技工士であってもやっぱり同じなんやね。

で、また来週。
なかなか終わりませんな。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

どのようなこともプラスに

雨も小康状態になり、今は止んでます。

午後からは晴れとなり、しばらくは湿度の低い晴れの日が続くらしい。

来週は大々的に塗装もしなければなりませんので、この天気はありがたいですね。

このまま秋になればいいのになぁ~

 

さて、はからずも著作権のことについて今更ながらに調べる事態となってます(苦笑)

この仕事を始めるときに散々調べたものですが、あれから20年弱も経つと細かなところはどうも記憶があやふやで・・

まあ、調べる限りは大きな変更も無いようでありますが、友人に法律関連の仕事をしている者がいますので、ビール数杯で相談してみるつもりであります。

 

我々零細工房にとって、法的手続きを取るのには以前は極めて高いハードルがあり、弁護士費用や裁判費用なども相当額に上るため断念せざるを得ない状況にありましたが、今は60万円以下であれば少額訴訟という制度を利用することができるようになりました。

これは印紙代など1万円ほどで手続きをすることができ、即日結審されるという大変便利な制度で、私の木工仲間にこれを使ったものがいるので、こちらからもヒアリングをしてみるつもり。

 

おかげで、久しぶりに勉強をしている気分です。

不幸中の幸い? ちがうな、、 雨降って地固まる? ちがうちがう  適当なことわざが見つかりませんが、どのようなことも自分にプラスにできるということでありますな。

 

さあ、更に調べよう。

| | コメント (2)

2019年6月 6日 (木)

冶具とオリジナルと手作りブーム

冶具を作っています。
冶具とは加工補助具のことで、良い冶具を使うと製作効率や仕上がりの品質は格段に向上します。
なので、ある意味、冶具作りは作品作りそのものよりも重要であると言えるかもしれません。

で、この冶具ですが、私が使うものではなく、手作り作家さんから依頼されたものです。
オリジナルの物を構想し、納入ルートを開拓し、この度満を持して開業にこぎつけようとされているところで、この冶具はその作品作りの最もコアな部分を担う物であります。

仕上がりの品質に直結するものですので、緊張しますね。。
来週の初め頃には納品できる見込みで、素晴らしい作品を生み出してくれるよう期待しています。

昨日の繰り返しになりますが、オリジナリティーは作家の生命線です。
プロの作家は心血を注いでオリジナルの追求に奔走しています。

限られた予算の中で、開業にこぎつける苦労はやったものにしかわからないとは思いますが、ほんの少しでもそれを想像するだけの真摯な態度があれば、安易に真似をすることなどできるはずはありません。

手作りブームは結構なことではありますが、モノマネが横行する現状は、結局は自分で自分の首を絞める結果になると思うのですが・・
なんだかなぁ~ という感じであります。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

著作権 意匠権 手作り作家のマナーについて

著作権や意匠権という言葉があります。
これは、オリジナルの知的財産を守るための法的根拠となるのですが、法云々を持ち出す前に、類似品を製作販売することは商道徳に照らして不適切であり、物づくりを手がける者であるならば決してやってはならない最低限のマナーです。

なぜこんな事を書いているのかというと、先日、弊工房の作品に形や名前までそっくりな品物が、大手手作り品販売サイトで堂々と売られているのを発見したからです。

最初見たときは目を疑いました。
現在その作者に問い合わせを行っているところですが、ことは穏やかに収まりそうもない気配。。
ツイッターは速攻でブロックされてしまいました(^O^)

昨今の手作りブームと、それを販売するための大掛かりな手作りマーケット、あるいは大手の販売サイトの伸長で、アマチュアでも気軽に手作り品を出品できるようになりました。
このため、知的財産を尊重するという最低限のマナーについてもその意識が希薄な人も多く、事態は混沌としているようにも思えます。


製作の過程において盗用したか否かを検証することは実質上は不可能に近く、また、盗用しないまでも結果的に似てしまったということも無くはないでしょう。
しかし、経過はどうであれ、作品の外形に照らして類似の物が先行品として存在していた場合、それを尊重するのが作家としてのあるべき姿であり、またそれが物づくりを手がける者の矜持ではないのでしょうか?

この段階で相手側の具体名や作品の写真などを晒すことはしませんが、今後の状況推移によってはそのようなことも視野に入れていかざるをえない状況になるかも。

合わせて、法に基づく処置も検討中。

もし貴方がこのブログを読んでいるのなら、私の要請について直ちに善処いただきますよう。
決して泣き寝入りはしません!

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

コメントの消去について お詫び申し上げます

メンテナンス中に、誤って新札に関する記事を削除してしまったようで、それに伴ってワカホイさん、名無しさんよりいただいていたコメントも消去されてしまいました。

深くお詫び申し上げます。

niftyのブログシステム改良(改悪?)によって今までとは操作方法が異なっており、、二重投稿されてしまった私のコメントを削除するつもりが、記事ごと消えてしまったようです。
いや、もしくはシステムのバグで、この様になってしまっているのか?

いずれにしろ原状復帰は出来ないようで、大変申し訳なく思っています。
これに懲りず、またコメントなどいただければ嬉しく存じます。

| | コメント (2)

2019年4月 2日 (火)

令和

令和 になりました。

今回はしっかりとリアルタイムで見ました。

このような時、時間が自由になる自営業は良いですね。

 

菅長官もさすがに緊張していたようで、、前回の小渕長官のときのように歴史に残る映像になるのでしょうからね。

その高揚感がこちらにも伝わってきました (^.^)

 

さて、令和という元号、、皆さんはどのように感じているでしょうか?

私は、令という字にちょっと驚きを感じましたが、発声してみると音の響きも心地よいし、なんと言っても昭和世代としては和の文字が入っているのが嬉しく、いい元号だなぁ、、と思いました。

しょうわ、、れいわ、、と、音のキレの感じも昭和を思い起こさせるところがあるように思いますが、いかがでしょうか?

 

ともかくも、来月からは令和の時代になるわけで、昨日も書いたように令和が私の人生の後半~終盤になることは間違いありません。

そして、いま大学生の我が息子たちにとては、令和が社会人人生を送る時代、、ということになるのでしょう。

 

こう考えると、元号によってそれぞれの人生の節目がより深く刻まれているような感もあり、思い出も元号とともに味わい深くなるようにも思います。

 

間近の令和。

そして、最後の平成、、そう、まずは残り少なくなった平成をしっかりと歩んでいきましょう。

 

仕事しろ・・・ということです ハイ (-_-;)

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

新元号発表へ

さて、今日はいよいよ新元号が発表される日ですね。

巷ではあれこれと言われていますが、さて、どのような文字になるのでしょうか?

 

思い返せば、現元号の「平成」発表の時。

あの時は天皇崩御という一大事の慌ただしさの渦中にあったため、平成が発表されたことも知らずにその日の飲み会へ行き、友人たちからその迂闊さをからかわれたという思い出があります。

あの有名な小渕官房長官(当時)の映像も、夜遅くのニュースで見たものです。

 

当時は社会人一年生で、仕事も何も半人前の時です。

平成という時代が、自分の社会人人生になるのだなぁ・・・などと思ったのを覚えています。

 

平成で13年間会社員時代を送り、退職して職業専門校へ・・・

そして小さな木工房を立ち上げて気がつくと18年余り・・・もし会社員を続けていたなら、役職定年を迎える年になりました。

まさに当初思ったとおり、平成という時代は私の社会人人生そのものであり、その時代が終りを迎えることには大きな感慨があります。

 

さて、次の元号は、次の時代は私にとってどのような時代になるのか?

もちろんまだまだ現役で仕事をするつもりですが、自身の老いということに向き合う時代になることは間違いありません。

明確な将来像が描けているわけではありませんが、今までどおり眼の前のことに一つ一つ向きあっていく、、その様に歩んでいくことになるのでしょう。

 

新元号発表直前の高揚感。

それをここに記録として書き留めておきます。

 

さあ、発表まであと一時間半です。

今回はリアルタイムで見るぞ~

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

町内会 一年終了

昨日、今年度最後の市政だよりを配り、町内会の一年が終わりました。

昨年思いがけないことから町内会長にさせられてしまい、手探りでやってきた一年でした。

長かったような短かったような。

 

組長さん一人ひとりに「一年ありがとうございました」とお礼を言い、謝礼金をお渡しして今年度は終わり。

そう、組長さんの任期は原則一年なのでこれで終わりです。

が、会長任期は・・・これも会則では一年となっているのですが、交代規定がないため、次の人が見つからない限り交代はできない仕組みとなっております _| ̄|○

 

ということで、来年度も会長継続でございます。

でもまあ、分からないまま一年やってきて、分からないまま言われたことをやり、分からないので前例踏襲をしてきた結果、それなりに概要はつかめました。

で、来年度は少しずつ変えるべきところは変える、、という方針でやっていくことにします。

それと・・・早く次期会長候補者を捕まえなければ・・・(^.^)

 

という事で、来年度もポツポツと町内会ネタを書いていきますので、乞うご期待。

(誰も期待してないか・・・)

| | コメント (2)

2019年3月25日 (月)

全く nifty不信

とりあえずブログメンテナンスも終わったようなので・・・
新作の紹介をしようとしているのですが、なんだか使い方が変わってよく分からん??
特に、肝心の写真のアップの方法がガラリと変わっていて、にわかには理解し難いことになっているぞ。
様々に機能アップされているようではあるのですが、それに伴って従来の設定が白紙に戻っており、その再設定をしなければならないのが面倒。
いや、それ以前に、再設定の方法が良く分からん。
これじゃ改善じゃなくて改悪じゃないかぁ~
というわけで、これから試行錯誤が続きそうなので、ブログの形態が変になるかもしれません。。
全く、、nifty不信の今日このごろでございます。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

nifty不信

メンテンナンス中とかで、ここ数日ブログを更新できませんでした。
当初のアナウンスでは数時間程度とのことだったのですが、一日経っても2日経ってもダメで、しかもそのメンテナンス状況についての中間報告もなし。
掲示板で多数の人が説明を求めるも、管理者からの回答は無し。
ようやく終了のアナウンスが出てもログインできなかったり・・・
まあ、無料サービスであれば受忍もしますが、私の場合は有料プランを利用しており、日々の更新は業務の一環として位置づけているので、このような事態は非常に腹立たしく思います。
nifty不信になりそう。。
ともあれ、ようやく使えるようにはなったみたいで、今、新たな管理画面でこの記事を書いています。
というわけで、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0)

より以前の記事一覧