2018年2月 9日 (金)

値千金の一日

どうも、、アルマーニじゃなく、ノースフェイスの破れたダウンベストを着て作業している者です。

m(_ _)m

昨日は、本当に久しぶりに工房温度が10℃に達しました。
今までより5℃ほど高いだけなのですが、全然違いますね。

水も凍らず、刃研ぎの際に指先が痛くてしびれることもない。
いいわ~

・・・

で、今日は最高気温が13℃の予想。
という事は、これでお日様が出たなら、工房内は15℃以上になるだろう。

チャンス。
今まで止めていた板接ぎなど、接着工程を再開するチャンスです。

予報によると、明日は雨。
(雨が降ると、また別の問題が・・)

で、その後はまた雪が降るらしい。

・・・

という事は、チャンスは今日一日!

さて、今日でどこまで進めることができるか?
値千金の 2月9日 、、、 今から工房に入ります!

| | コメント (1)

2018年2月 7日 (水)

昨日、一番残念だったこと

木取り寸法に・・・1センチ足りない。

くぁ~ _| ̄|○

この悔しさ・・木工家の方ならきっと分かってくれるはず。。
でしょ  

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

寒さとの格闘 続く

いつまで続くのか、、この寒さ。
こう続くと、さすがに工程の組み立てに支障をきたすようになってきました。

問題は接着剤。
用途に応じて各種接着剤を使い分けているのですが、接着剤には使える下限温度というものがあり、種類によって5℃だったり、8℃だったりします。

強力なのは8℃の方で、板接ぎなど、強力な接着力が求められるところにはこれを使ってます。
8℃ではありますが、自己基準として10℃を設定しており、今までは冬場であってもこれで支障が出ることはめったにありませんでした。

それが・・・

・・・・

最近では日中でも5℃に届かない日が続いてます。
当初は寒波の南下で一時的なことだろうと思っていたのですが、想定以上に長引いており、今後一週間の予報を見ても上がる気配はないどころか、さらに寒くなるとのこと・・・

このまま様子を見続けるわけにもいかず、昨日は母屋に持ち込んで板接ぎを行いました。
(リビングが狭くなったぞ)

今回のものは小机サイズなのでなんとかなりましたが、比較的大きなキャビネットの製作も控えており、これはさすがにリビングでは無理。。。

・・・

(。・_・。)

こんなこと、寒冷地で木工をやっている方から見ると笑止なことなのだと思いますが、雪もめったに降らない九州の地では、寒さに対する備えはほとんどなく、慌てふためいているところなのでございます。

ストーブを買い増しするか?

しばらく、寒さとの格闘が続きそうです。
(ニンゲンはこの寒さにも慣れたんだけどね~)

| | コメント (2)

2018年1月12日 (金)

寒さの底

昨晩は氷点下で、今日が寒さの底かも?

念のために、戸外の水道は水をチョロチョロ流しっぱなしにする流動方式で凍結を防ぎました。

・・・

さて、ここまで冷え込むと木工作業にも様々な支障が出てきます。

まずはとにかく、接着剤の問題が・・
接着剤にも様々な種類がありますが、常時使っているものの可使限界は8℃
なので、これは使えません。

次点のものは、5℃
ただ、これについては経験上2℃を下回らなければ使えるのですが、今日はギリギリ2℃という状況で、ちょいと厳しいかも。

ストーブを近づけるか、母屋に持ち込んで組み立てるか?
さてさて、思案のしどころであります。

・・・・

寒いので、木の動きが止まるのはいいんだけどね~

| | コメント (2)

2017年12月20日 (水)

失敗は成功の母

失敗は成功の母・・という言葉がありますが、木工でもしばしば経験します。

ちょっと前に作っていた家具、、うんうん唸りながら設計図を書いて、あとはその通り加工すればよし。
加工は順調で、ハイ終わり、ハイ次・・なんて具合に調子良く進む。

調子の良い時に落とし穴がひそんでいるのが常で、開けてはいけないところに穴を開けてしまいました。

!!(゚ロ゚屮)屮

どうする?

・・・

このような時に、方法は三つしかありません。

 1)一からやり直す
 2)修復する
 3)設計を変えて別構造にする

一からやり直すにはパーツが大きすぎて、手戻りや損失が甚大。

修復しても、目立つところだけに外観品位が落ちる

残りは3)の設計変更。
しかし、これは容易ではありません。

すでに途中まで加工が済んだパーツを設計変更して新たな構造に改める。
しかも、その新構造は構造的に合理性があり、外観品位を損なうことのないものでなければならない。

・・・

どうする?

こうやって追い込まれたときほど頭は回転するもので、最近はぼんやりとしかものを考えられなくなってきているのが、急に20代の頃のように様々なアイデアが浮かんでは消えるようになるのであります。

で、見つかりました。
新たな設計変更の方針が。

しかも、それは構造的、外観品位ともに原案を上回るものなのであります。

・・・

ただ、加工には最新の注意が必要で、慎重に、本当に慎重に進めて、無事組み上がり。
原案よりも遥かに良いものに仕上がりました。

失敗は成功の母 (ちょっと例えが違うかも?)

結果としては良かったのですが、やっぱり失敗しないのが一番だよなぁ

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

寒くなると面倒なことが

今季一番の冷え込みでしょうか?
厳しい季節になりました。

寒くなると木の動きがほとんどなくなりますので、精密加工には良いのですが、接着剤や塗料が乾きにくかったりと、面倒なことも多くなります。

・・・

最近ストレスを感じているのが・・トリマー。
某有名メーカーのもので、作りは堅牢でトリマーシューはアルミダイキャスト、レバー式の固定ステーや微細調節可能なダイヤルがついているなど、機能的にはよく考えられ設計されているのですが、問題は電源コード。

これ、気温が下がるとコードが固くなるのです。
たかがコードではあるのですが、これが固くなると非常に使いづらい。

精密な加工が必要な時にコードの固さに引っ張られて難儀なこと。。
構造的には様々なアイデアが詰め込まれていて、設計者の苦労やポリシーが伝わってくる逸品なのですが、どうして電源コードにこのような材質を選定したのか??

・・・

仕方ないので、電気ストーブで温めながら使ったりしていますが、せっかくの秀逸な機能が電源コードのために台無しになっているのが残念。

別のメーカーのものは、微調節もできないし、作りも脆弱なんだけど、電源コードは気温にかかわらず滑らか。

このようなところにメーカーの差が出て面白いですね♪
・・・と、感心している場合ではなく、今日もトリマーを使わなければならないので、早速ストーブのスイッチを入れることにしましょう。

寒くなると、色々面倒なことが起こります。

| | コメント (2)

2017年12月11日 (月)

考えて考えて

さて、家具の構造を考えているのですが・・・
ここ数日ずっと考え続けて、食事している時も、トイレでも、寝る前にも、酒飲みながら、運転している時(危ない)、カミさんと話をしている時(もっと危ない) 今もこのブログを書きながら考えております。

特別難しい構造ではないのですが、ともかく私一人で作っていますので、組み立てる時も一人。
この一人・・という事がしばしばネックになるのであります。

一人なので、重くなりすぎるとダメ。
クランプのかけしろや、その他もろもろの組立に関わる諸事情をクリアしないと、正確に組み上げることができないのであります。

まあ、気温が低くなっているので接着剤の効果時間は長くなり、その点で夏場に比べると余裕はあるのですが・・・

・・・

さて、どうしたものか?

今日も考え続けるのであります。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

板接ぎ大会

晴れたので、今日は板接ぎ大会になりそう (-_-;)

板接ぎは重労働から繊細な作業まで、、また、板の組み合わせによる美的感覚も問われるので、ひじょ~に大変な工程なのであります。

気持ちを盛り上げていかないと、乗り切れないぞ。。

どうやって盛り上げよう??

まずはコーヒーから。。?
逆に落ち着きそう。

・・・

ともかく、頑張りましょう。

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

節が出た

やはり天然木は厄介だ・・という話。

木取りをして、木作りをして、さて、、というときに。
節が出てきましたぁ(泣)

節が出てくるのはままあることで、小さなものであれば対処の方法もいくつかあるのですが、、
今回節が現われたのはほぞになる部分。

あぁぁああぁ _| ̄|○

言うまでもなく、ほぞは家具の強度を担保する最も大事な部分。
組み上げてしまうと見えなくなるところですが、ここが肝心要の部分で、ここに節がかかることはあってはなりません。

・・・

廃棄。

・・・

高価なウォールナットなので、断腸の思い。
何かに転用できないかしら?

天然木は厄介じゃ。

| | コメント (3)

2017年9月14日 (木)

今から納品に

行ってきま~す

rvcar

| | コメント (1)

より以前の記事一覧