2017年8月 3日 (木)

シングルベッド

新作をご紹介。

20170705_018


シングルベッドです。
と言っても、セミダブルくらいのサイズはありますけど。

20170705_030


なかなか眠れなかったのが、ベッドを変えた途端に快眠できるようになった、、という話をよく聞きます。
快眠にとってマットレスが大事なのは言うまでもありませんが、それを支える土台としてのベッドフレームがさらに重要であることは、これも確かな事であります。

マットレスをしっかりと支えて動かず、安定感があること。
そして、やはり何と言っても美しい木で作られていること。

美しい木に囲まれるだけで充足感・安心感が増して、快適な眠りへと誘われていくことでしょう。

20170705_025


美しい木・・として選ばれたのは、チェリー。
アメリカンブラックチェリーと呼ばれる、美しさについては折り紙つきの木です。

最初は淡い桜色ですが、次第に色が濃くなり、深いワインレッドへと変わっていきます。

20170705_026


ヘッドボードはお客様自ら選ばれた、幅広の一枚板です。
これが枕元にあるだけで心が安らぐ感じがしますね。

20170705_028


脚元はダブルロック機能のキャスター。
ロックを解除すると指一本で動き、ロックをかけると微動だにしません。

20170705_037


もちろんノックダウン(組み立て式)構造で、六角レンチとドライバで分解できます。

美しい木で作られた堅牢なベッド。
快適快眠をお約束します。


お届先 福岡県

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

リメイクのスツール

小品。
スツールです。

20170713_026


玄関先において、靴などを履くときにちょっと腰を下ろすための用途でお誂えしました。

20170713_028


で、実はこれ・・・リメイク品で、元はテーブルでした。
天板はフラッシュ合板でしたのでリメイクは難しかったのですが、脚周りや幕板は天然木で、これらを利用して最大限可能な構造・サイズでお誂えしたものです。

20170713_030


素材は・・・おそらく・・・ペルポック。
一般には耳慣れない材だと思いますが、南方系の材で、比較的軽く削りやすいため、引き出しの側板などに使われたりします。

着色されていましたが、お客様のご希望で、着色なしのクリア仕上げとしました。

・・・

不要になったテーブル。
そのままでは廃棄となっていたものが、またこうして愛される家具に生まれ変わるのは、木を取り扱う者としてとても嬉しい思いがします。

リメイクには種々の難しさ、困難さがつきものですが、天然木で仕立てられた家具であれば、何かしら再利用の可能性はありますので、よろしければご相談くださいませ。

m(_ _)m


お届先 福岡県

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

所有する喜び

先日お届けしたウォールナットのキャビネットについて、お客様から写真をいただいたのでご紹介。

20170722_001


白い背景に、黒いウォールナットが映えて、とてもきれいです♪

20170722_002


隣のスピーカーのシェルも・・・ウォールナットでしょうか??

・・・

いつもながら、ウォールナットの黒い木肌と華やかな木目には魅了されます。
高級材ではありますが、それに見合う存在感は格別で、所有する喜びを存分に満たしてくれます。

20170531_015


長くご愛顧ください m(_ _)m

| | コメント (2)

2017年7月19日 (水)

木馬

その昔、よく展示会をやっていました。
かれこれ、もう15年ほども昔のことであります。

その時に好評だったアイテムをご紹介。

20170705_005


小さいお子さんに大人気の、、木馬でございます。

20170705_004


ちっちゃなお子様用として作ったものですが、子供は結構無茶をするので、怪我をしないようにと設計には気を使いました。

特に、ロッカーの曲率は大切で、もちろんユラユラとスムースに揺れなければなりませんが、大きく揺すったときに転倒してもいけません。

この検討のため、当時、幼児だった我が息子たちを実験台として試作したものです。

ロッカーの曲率、、そして、最初は取っ手をつけていたのですが、取っ手があると揺らしやすくなるため危険なことが判明。
長男は前のめりに転んで、おでこを床にぶつけるということとなりました。

・・・

以来、取っ手はなし。

20170705_003


素材はパイン集成材。
コストを抑えるための寸法割なども工夫したところでございます。

なんだかんだと作り続けて15年。
この度、満を持して新たなバージョンを発表する運びとなりました。

パチパチ

20170705_007


高級材のチェリーを使用。
ぐんと存在感がアップしたように思いますが、いかがでしょう?

20170705_014


ツーショット。

20170705_016


お子様の玩具としての木馬ですが、デザイン構造ともシンプルに仕上げていますので、リビングや玄関先のインテリアとしてもお使いいただけます。

他材種での製作もOK!
オンリーワンのアイテムとして、おひとついかがですか?

いや、一頭か。

| | コメント (2)

2017年7月14日 (金)

ロボホンハウス あるいは

20170713_009


ロボホンを知っていますか?

シャープ製、、ちっちゃなロボットです。
歌ったり、踊ったり、会話もできるし、なんと魚釣り(エアーですが)までしちゃいます。

20170713_002


しかも、この形で実はスマホでもあり、電話、メール、写真もとれますし、ラインやツイッターは音声で読み上げてくれます。

未来を詰め込んだちっちゃなロボット。
ロボホンとの会話に癒やされている人も多いことと思います。

・・・

その、ロボホンのお家を作りました。

20170713_013


ロボホンオーナーさんからのご依頼で、ロボホン二人が立った状態で収まるサイズ。
また、アクセサリーなどを入れるための引き出しを備えています。

ロボホンハウス、、ドールハウスのようなものではありますが、あまりこどもチックにならないよう構造はシンプルに、しかし、作りは本格的木工技法で組み上げていますよ♪

20170713_015


煙突もついてます。

20170713_019


ロボホンハウスですが、サイズ的には新刊本がちょうど収まるサイズにしていますので、家型の本棚として使うこともできますよ。
その他、飾り棚としても使えますし、見立てによって用途が広がりそうですね。

最後にアップを・・・
20170713_022


衣装はオーナーさんの手作り。
日本の少年の夏です!

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

ご兄弟の椅子

お客様からの写真をご紹介します。

20170710_002


ご兄弟仲良く座っているのは、弊工房定番の丸いこども椅子です。

一年ほど前にお兄ちゃん用を、そしてこの度、弟君用をお誂えいたしました。


丸いこども椅子は座面高さを17~25センチまでに設定できますが、このご兄弟用の椅子は、いずれも最大高さの25センチでお誂えしています。

弟君にとってはまだ座面が高いようですが、そのうちちょうどよくなることでしょう。
個人差もありますが、最大高さだと4~5才くらいまで違和感なく座れますよ♪

お子様の初めての椅子を天然木で!

いろいろな材で製作できます。
ご相談、お待ちしてま~す。

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

ソニー レコード再生産へ

ソニーがレコード生産を再開させるとのこと。
それも外注ではなく、国内の自社グループ内にプレスの設備を導入しての生産だそうで、なんだか久しぶりに嬉しいニュースを聞いたような気がします。

復古的趣味を楽しむシニア世代に加えて、最近では若い人たちの間でレコード熱が盛り上がっているそうで、これが一過性のものでなく、安定した形で根付いてほしいものです。

・・・

我が家は親父が音楽好きで、物心ついた時には家にレコードプレーヤーがありました。
ジャケットからおもむろにレコードを取り出し、傷などが入らないように注意しながらターンテーブルに置き、静かに針を落とすという一連の動作は、さあ今から音楽を聴くぞ・・という気持ちを盛り上げていく最初の儀式でもありましたね。

音楽を聞くことが特別の、そして格別の時間を過ごすということでもありました。

・・・

80年代にCDが登場し、音が格段にクリアになりました。
気に入った曲だけを繰り返し再生できたり、何よりも取扱が簡単になったのは画期的でした。

CDの台頭に反比例してレコードは衰退していきましたが、栄枯盛衰・・ そのCDも今は衰退の一途を辿っています。

音楽が気軽に聴ける様になった反面、音楽の相対的価値が下がってしまったような感もあります。

・・・・

そのような中で、レコードの復権。

世の流れとは面白いものです(感じ入る次第)

若い人たちがレコードに惹きつけられるのは、レコードならではの艶感のある音質に加えて、レコードジャケットがアートとしての面白さもあることがその理由だそうです。

その通り!!

Komono20002


これ、レコードを飾るためのフレームです。
15年ほど前に作ったものですが、そこそこ人気があります(ホホホ)

そう、レコードは飾っても楽しめるのですよ。
興味のある方は、是非お問い合わせください(結局宣伝かよ・・)

・・・・

私も昔のレコードは全て保存してますが。。
プレーヤーが・・・ない。

_| ̄|○

| | コメント (2)

2017年6月20日 (火)

ウォールナットのリビングキャビネット

新作のご紹介。

20170531_016


リビングキャビネットです。
その名前の通り、リビングに置くキャビネットで、扉収納と引き出し収納を備えたデザインです。

20170531_022


サイズやデザインはお客様からのご依頼で、それをお受けして設計しました。

20170531_026


天板と側板は組手で連結。
伝統的な技法で、強固に仕上がると同時に、デザイン的にも面白い意匠となります。
(市販家具ではなかなか見られない構造です)

20170531_029


そして、脚元にはキャスターを取り付けました。
無垢材のキャビネットで、これに物を収納すると相当の重量になりますが、キャスターのお陰で極めてスムースに動かすことができます。

お掃除や、お部屋の模様替えもラクラクです♪

20170531_031


そしてそして、何と言っても素材のウォールナット!
原木価格が依然高止まりを続けている高級材ですが、その質感、そして存在感は格別ですね。

ウォールナットを使う時は緊張します。
加工ミスをしてしまったら、被害甚大 (←そこかよ)

20170531_033


失敗もなく、無事仕上がったのは幸いでございました。

ε-(´∀`*)ホッ

リビングに一つあると大変便利なキャビネット。
どうぞ、ご愛顧いただきますよう。

お届先  愛知県


・・・
・・・

空梅雨でしたが、ようやく降る見込み。

さて、防雨対策しなくちゃ、、ね

| | コメント (2)

2017年6月14日 (水)

キッチンスツール

新作のご紹介。

20170531_005


キッチンツールです。

私もたまにキッチンに立ちますが、調理の合間にちょっと腰をかけるスツールがあると便利ですよね。
煮込みの間に腰を掛けてレシピを確認したり、、足掛けに立って上のものを取ったり。

20170531_014


お問い合わせ当初は、折りたたみ式のスツールとしてご相談をいただきました。
折りたたみ式は場所も取らず、一見便利そうには見えるのですが、畳んでいる時に立てかけるスペースが必要で、また、腰掛けの都度開くのも面倒で・・・

20170531_009


そんなこんなで、結局開きっぱなしになってしまうことが常です。
(我が家はそうですが、、きっと他でもそうに違いない、、?)

ならば、場所を取らない細身のスツールを誂えるほうが良いのではないか?
ということで、デザインをしました。

20170531_012


座面高さはちょっと高めの60センチ。
なので、座ったままで調理することもできます。

下には高さ違いの足掛けを備えています。
大人用と、反対側はお子様用♪

ちなみに、これらを脚立のようにして、上のものを取ったりすることもできますよ。。

20170603_001


ご覧の通り、キッチンによく馴染みます。

素材はメイプルですが、他の材でも製作可能です。

キッチン作業が便利になるキッチンツール。
奥様への贈り物に、おひとついかがでしょうか(揉み手)


お届先 愛知県

| | コメント (2)

2017年6月12日 (月)

定番の座椅子

先日お届けした作品のご紹介。

20170425_007


座椅子です。

座椅子を始めて製作したのは、かれこれ10年以上も前のことになります。
ベストセラー、、ではありませんが、根強い人気を誇るロングセラーで、我が工房の定番となってます。

20170425_008


基本デザインは変わっていませんが、部分的構造などにマイナーチェンジを加えながら作り続けています。

20170425_002


畳の上でも、フローリングでも使用可能。。

20170425_010


座面は凸凹の堀跡を残した名栗(なぐり)仕上げ。
お尻にほどよく心地よく、滑り止めの効果もありますよ。

素材はウォールナットですが、どのような材種でも製作可能です。


弊工房自信の定番品!
興味のある方、是非お問い合わせください。

m(__)m

| | コメント (3)

より以前の記事一覧