2019年10月23日 (水)

パインの木のソファー

先日お届けした新作のご紹介。
20190827-004

弊工房定番の木のソファーです。
今回はパインで製作しました。

20190827-018

シンプルなデザインを・・ということで、背板はオーソドックスな縦格子タイプ。

20190827-009

低めのアームも定番のデザイン。
アームの固定は、通しほぞの楔止め。
強固な固定と同時に、デザイン的なアクセントにもなります。

20190827-015

幅120センチほどで二人がけのタイプ。
ダイニングテーブルに合わせて、ベンチとして使うこともできますよ。

パインは軽いので、模様替えなどの移動もラクラク。
木の座面は張替えも不要のメンテナンスフリーです。

ご希望のサイズ、ご希望のデザイン、ご希望の材種で製作できます。
お問い合わせお待ちしています。

お届け先 埼玉県

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

踏み台 ステッパー

現在台風最接近中・・のはずですが、穏やかです。
昨晩から未明にかけて風が吹いていたようですが、それほど激しくはなく、今のところ確認できる被害も出ていないようです。

という事で・・先日お届けした小品。
20190820-010

踏み台、、ステッパーとも呼ばれます。
小さなお子様用です。

20190820-008

洗面台で手を洗ったり歯磨きをしたり・・
そのような時に、小さなお子様でも蛇口に手が届くように、このような踏み台があると便利です。

市販品でも踏み台はたくさんありますが、そこはこだわりのお客様。
ウォールナットで、、、そして、お子様の身長と洗面台やキッチンの高さに合わせて、、
そして、できるだけ長く使えるようにとのご要望で、高さなどの最適寸法を決めていきました。

20190820-013

曲線を基調として丸みを帯びたデザインで、、
また、軽量化と持ち運びを考えて、左右に丸い穴を空けています。

20190820-024

もちろん、大人が乗ってもびくともしませんので、お子様のご成長後も大人用の踏み台として、また、飾り棚に見立てて使うこともできます。

最適寸法で、一品一葉でお誂えいたします。
お問い合わせ、お待ちしております。

お届け先 東京都

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

なんちゃってスタッキングチェアー

椅子の本体も形になりました。
座面がついてなければ、このように対面で積み上げて保管します。
69722265_773552559725903_579260324944596

なんちゃってスタッキングチェアーですが、座面を取り付けると重ねることはできません。

複数を積み上げて並べたときの構造美はちょっと面白く、製作途中ならではの光景です。
そのうち写真でご紹介しま~す。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

コンソール型テレビボード

今週は雨の一週間になりそうです。
雨は嫌ですが、しかし、気温が下がるのはありがたい。
シトシト降りくらいのようですので、静々と進めてまいりましょう。

さて、新作のご紹介。
20190630-001

コンソール型のテレビボードです。
ご自宅の新築に合わせてご依頼をいただきました。
20190630-007

テレビを中央に据えて、上下はキャビネット収納。
リビング収納の強力なアイテムですね。
20190630-005

上部は板扉を備えたボックス型収納。
ご希望をお受けして、A4ファイルを収納できるサイズで製作しました。

開放的な構造とするために、上部収納は左右二本の支柱で支える構造としています。
テレビ左右を囲まないため、広々とした感じがしますね♪

20190630-006

下部はテレビボード。
中央はプルダウン式のガラス扉で、DVD機器などの収納部。

左右は引き出しで、内部にはDVDソフトや生活雑貨を収納することができます。

20190630-010

何かとごちゃごちゃしやすいテレビ周りですが、これでスッキリ収納。。
テレビ用の機器などはもちろんですが、その他の生活雑貨なども収めてリビングもスッキリ!

そして、なんと言ってもホワイトオーク天然木の存在感、美しい質感がリビングに映えて、生活環境がより快適になります。
ちょっと湿度が高い日は、ホワイトオークの良い芳香が漂うことでしょう。

お部屋のサイズ、設置スペースに合わせて設計します。
ご相談をお待ちしてます (^O^)

お届け先  福岡県

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

落し蓋の書類収納箱

先日お届けした新作をご紹介。
20190719-035

書類の収納箱です。
手づくりの便箋などを製作している作家さんからの依頼で製作しました。

20190719-039

構造はご覧の通り、、仕切りで大小の収納部を作り、ここに落とし蓋を置く仕組みです。
落とし蓋の位置によって、収納した書類の残量が一目瞭然です。

20190719-045

中はご覧の通りがらんどう。
落し蓋は隙間ギリギリで作っていますので、大事な便箋(商品)を湿気からしっかりと守ります。

20190719-047

20190719-041

材種はアルダー集成材。
連結は組手で頑丈です。

作るものは違えど、同じ手づくり作家同士。
お話しても共感することばかりで、お互い頑張っていきましょう!!

お届け先 福岡県

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

そら豆(ビーンズ型)こどもスツール

そら豆(ビーンズ型)こどもスツール。

もちろん、高さ違い、材種違いでも製作できます。

20190719-003

20190719-005

これらはパインを中心に、背板にウォールナット、チェリーを用いたもの。
軽く仕上がるのがパインの特長です。

20190719-007

20190719-010

お好みの材種で、お好みの高さでお誂え!
新たな子供椅子(スツール)の定番となるか??  

お問い合わせ、お待ちしていますm(_ _)m

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

そら豆(ビーンズ型)こどもスツール

新作のご紹介。
20190719-026

そら豆(ビーンズ型)こどもスツールです。
お客様との話でヒントを得てデザインしました。

20190719-017

もちろん、最大の特徴はそら豆、ビーンズ型の座面で、この形を決めるためにそら豆実物を相当に観察しました。

20190719-018

そら豆って、特有の可愛らしさ、愛嬌がありますよね。
自然の造形って面白いと思います。

とは言え、そら豆そのものをリアルにコピーしても座面にはなりませんので、寸法やスケール感、構造などを考慮しつつ、実寸画を何枚も描いて形を決めていきました。

20190719-025

基本構造は従来から作り続けている子供椅子を踏襲していますが、スツールなので座面を高くして、背板(持ち手)を低めの設定に。。
そして、安定感を高めるために脚は床に向かって広がるようにしました。
20190719-013

素材はチェリー。
そら豆なので本当は緑が良いのですが(汗) 緑色の木はないなぁ。

座面高さは30センチで、小学校入学前のお子様にちょうどよいサイズですが、もちろん高さは変更できます。
これについては明日。。


| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

木製ロッカー

近所の養護施設にお納めした木製ロッカーです。
20190706-006

入所者の荷物がちょうど収まるサイズで製作しました。
20190706-003

パイン集成材を使用したロッカーで、ちょうど今頃、梅雨時で湿度の高い時はパインの良い香りが漂います。

20190706-001

今回で3台目の納品。
これで、全入所者分の置き場所ができました。

何の変哲もないロッカーですが、ご近所様のお役に立てるのは嬉しい限りです。
以前は金属製のスケルトンタイプのシェルフをお使いでしたが、木製に変わることでお部屋の雰囲気も格段に良くなったと喜んでいただけました。

どうぞ、長くお使いいただきますよう m(_ _)m

お届け先 ご近所様

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

飾り棚付きキャビネット

先日お届けした品物です。
20190627-018

ご自宅の新築に合わせてご依頼をいただきました。
ちょっと面白い形をしたキャビネットです。

原型となるモデルは数年前に製作をしていましたが、その形を踏襲してサイズ違いでお誂えいたしました。

20190627-010

最大の特徴はこれ。
上に伸びた柱に棚板を渡し、飾り棚としたデザインです。

写真立てやグリーンを置いても良し。
もちろん、本棚としてもお使いいただけます。

20190627-011

天板も広く、奥にコンセントも付いていますので、機器類なども置くことができます。
納品後には電話機を置かれていました。

素材はホワイトオーク。
頑丈さには定評がある材ですが、木目や色合いも素敵です。

20190627-003

特徴的な飾り棚キャビネット、、市販品ではなかなか見られないデザインです。
ご希望のサイズでお誂えできますよ(^.^)

ご希望の方、是非お問い合わせください m(_ _)m

お届け先 福岡県

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

シンプルなテレビボード

新作のご紹介。
20190522-002
20190522-005
シンプルなテレビボードです。
20190522-013

弊工房を始めた当時はまだブラウン管テレビが残っていましたが、あれよあれよという間に液晶テレビに置き換わっていきました。
また、それに比例するようにDVDなどAV機器の小型化が進み、必然的にテレビボードなどの形態も変わりました。

20190522-003

最も変わったのは奥行きで、例えばこのテレビボードの奥行きは35センチほどです。
ブラウン管の時代から比べて最も変わったのは奥行きで、薄型のボードでもテレビや機器を置くのに十分なスペースが稼げるようになりました。

20190522-005

構造はテレビボードとしては最も簡素なもので、上にテレビを置き、下には機器を設置する棚板を一枚渡しました。
20190522-012

素材はホワイトオーク。
頑丈な木ですので、天板や棚板も薄めに仕上げ、スッキリとした印象になるようにしました。
薄めにできるのは、テレビ自体がブラウン管に比べて劇的に軽くなったのも大きな要因ですね。

キャスター付きで移動も便利。
必要にして十分なテレビボード、薄型で場所も取らず、シンプルな暮らしには欠かせないアイテムです。

お届け先 東京都

| | コメント (0)

より以前の記事一覧