2018年4月 9日 (月)

仏壇

新作のご紹介。

20180330_025


ご覧のとおり、仏壇です。
仏壇を最初にお誂えしたのはもう10年以上も前のことになりますが、その後も時々お引き合いをいただき、作り続けています。

20180330_006


ご要望に応じて様々なタイプのものをお誂えしてきました。
便宜上、、仏壇・・と呼んでいますが、宗教色を感じさせないものから、いわゆる仏壇の様式を踏襲したものまで様々です。

20180330_015


今回の仏壇は後者のタイプで、古来からの仏壇様式を基本としつつも装飾的なものを全て廃し、須弥壇などの基本的意匠を残しつつも極力シンプルな造形でまとめたものです。

20180330_017


ご位牌やご本尊などを置く須弥壇を備え、下には供え物を置く際の引き出し棚。
そして、仏具などを収納する引き出しを備えます。

20180330_018


扉は通常は開いたままとなりますので、場所を取らない観音開きの折扉です。

20180330_027


閉めてしまえばこの通り。

20180330_005


サイズは 53高×40幅×35奥センチほどで、キャビネットの上などにおけるサイズです。
やはり、日本の住宅事情に照らすと、これくらいのサイズが適正ですね。

このようなミニ仏壇は市販のものも多くありますが、できればやはり天然木で誂えたいもの。
ご希望のサイズでお誂えしますので、ご希望の方はぜひお問い合わせください♪

お届先  奈良県

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

丸いこども椅子 アーム付き

さて、弊工房のベストセラーと言えば、おなじみの丸こども椅子ですが、そのバリエーションモデルがこれです。

20180223_005


丸いこども椅子 アーム付き
(そのままのネーミングじゃね)

4年ほど前にお客様からご提案をいただき、試行錯誤の上商品化したものです。

20180223_008


ちっちゃなアームですが、握りやすいとお子様に人気です(?)

このモデルは、ホワイトオークに背板チェリーの組み合わせですが、他の材種でも製作可能です。
(但し、強度上パインでの製作は不可)

小さいお子様限定の丸いこども椅子アーム付き。
ご成長後は花台などとしても使用可能。

ご出産のお祝いなどに、、いかがですか?

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

定番品であっても

弊工房はフルオーダー手作り家具を標榜しており、全ての家具はお客様とのご相談で製作しています。
それでも、長くやっていると全く同じモデルをご注文頂くこともあり、次第に定番のようなものになっていくアイテムもあります。

文机もその一つ。

09032420015


家屋が畳からフローリングとなり、椅子に座る生活になって、そしてパソコンなどの普及に伴って、畳に直接座ることは少なくなってきました。

それに伴い、文机などの需要も減ってきたのでしょう、、市販品で見かけることは稀となりましたね。

しかし、探している方はいらっしゃるもので、このモデルも定期的にお引き合いを頂いています。

・・・・

和的な意匠を取り入れつつも、畳の上のみならず、フローリングにおいても違和感が無いよう、シンプルなデザインで仕上げています。

09032420006


最も大きな特徴は組手と呼ばれる構造で、大変強固に組み上がると同時に、デザイン的にも面白い仕上がりになります。
ただ、大変手間がかかる意匠でもあり、結果としてお見積もりが高価になってしまうのが難点。

(´-﹏-`;)

・・・・

そこで、今回お納めしたものは組手ではなく、天板を側板の上に載せるという通常構造で仕上げました。
通常構造といっても内部はほぞ組で仕上げていますので、実用強度は全く問題ありません。

20180223_014


このように、ご予算などに応じて柔軟に対応できるのも手作り家具の良いところ♪

今では珍しくなった文机。
どうぞ、ご愛顧いただきますよう。


お届先 神奈川県

| | コメント (2)

2018年2月27日 (火)

メイプルの学習机

新作、、ではありませんが、先日お届けした作品のご紹介。

20180206_003


学習机です。

学習机は、おそらく人生で初めて自分のものになる家具ですので、愛着を持って長く使ってもらえるものにしたい・・と言う思いで、開業以来作り続けてきました。

20180206_005


ご要望に応じて様々なタイプを製作してきましたが、今回のモデルはカーブで仕上げた引き出しが大きな特徴です。

20180206_006


もう9年ほども前のことになりますが、お客様からのご要望をお受けして製作したのが最初でしたが、その後もお引き合いをいただきながら作り続け、最近では弊工房の定番デザインになってきました。

20180206_012


カーブ加工はなかなか大変ですが、柔らかでスタイリッシュな外観はとても魅力的です。

20180206_007


ワゴンは別体ですが、机の引き出しと幅を合わせているため、一体型のように統一感のあるデザインとなっています。

20180206_013


スライドレール付きで、奥行きいっぱい収納できます。

20180206_018


素材はメイプル。
大理石を思わせるなめらかな手触りと、白い木肌が魅力です。

20180206_015


勉強も捗ること、間違いなし。
ずっと一緒に、大人になっても使ってくれると嬉しいなぁ~

お届先  兵庫県

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

キッチンカウンター

新作のご紹介。

20171227_017


さて、何でしょうか?
引き出しがついていますが・・

20171227_018


もったいぶっていますが、ブログタイトルの通り、、キッチンカウンターです。

キッチンカウンターとは・・まあ、はっきりとした定義はよくわかりませんが、キッチンの近くにおいて配膳や収納などの補助的な役割を果たす家具を総称してこう呼ぶようです。
(回りくどい説明じゃね)

決まりきった形はなく、置き場所などによっていろいろなタイプがあります。
キッチンの補助として、備えておくと大変便利な家具でありますね。

20171227_022


このカウンターはアイランド型。
キッチンとダイニングの間に置くタイプのもので、間仕切りとしての機能も兼ねています。

キッチンで料理を作り、振り返るとカウンターがある。
その向こうにダイニングテーブル、、という動線で、配膳などを考えると大変便利なカウンターです。

20171227_014


基本構造はお客様からスケッチをいただき、それを元にデザイン・設計しました。
ご覧のように、天板は3方を囲んだ方式で、左隅にはコンセントも設けています。

20171227_015


キッチン側には引き出しが6枚。
相当量を収納できますね。

20171227_026


反対側(ダイニング側)はこんな感じ。
スッキリとして、キッチン側の目隠しにもなります。

20171227_029


材種はウォールナット。
新築のご自宅、そのフローリングに合わせての選択です。

キッチン作業が快適になる便利なキッチンカウンター。
いろいろな場面で、いろいろな形を提案します。

お考えの方・・是非ご相談ください。

お届先 福岡県

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

経机

新作のご紹介。

20171227_002


経机です。
お仏壇の前に置く小さな机で、香炉や鐘などを置いたりしますね。

住宅事情の変化に伴い、最近ではあまり見かけなくなったようにも思いますが、やはり仏前に置く机として備えておくと何かと便利であります。

20171227_004


ご依頼をいただいたのは、ご身内がお亡くなりになってすぐのこと。
仏事への備えとしてご相談をいただきました。

お仏壇は小ぶりのもので、これを中心に据え、その周りにお花や供物を置くために祭壇を誂えよう・・
そして、その手前に経机を置くと立派な仏間となります。

という事で、承りました。

20171227_005


経机・・と言っても必ずしも決まった様式があるわけではありません。
昔ながらの彫刻などを施したものもたくさん市販されていますが、そこはやはり今の住宅においてあまり違和感がないものにしたい。

それでいて、経机の意匠を備えたもの・・と思案しつつデザインしました。

20171227_007


シンプルな形ですが、天板両端の筆返し、そして、脚元の摺脚が経机の雰囲気を感じさせます。

小さな引き出しを備えており、この中に線香やろうそく、マッチ(最近はライターかな)を入れることができます。
素材はお手持ちの仏壇と同じホワイトオーク。

祭壇と合わせて立派な仏間となりました(写真はありませんが・・)

探してみるとたくさんありますが、意外とこれといったものがない経机。
特殊なアイテムではありますが、お探しの方も多いのではないでしょうか?

よろしければ、是非ご相談くださいませ。

お届先  福岡県

| | コメント (2)

2017年12月 8日 (金)

小ぶりの仏壇

新作、ではありませんが、先日お届けしたアイテムのご紹介。

20171124_028


仏壇です。
仏壇は、ここのところお引き合いが増えているアイテムで、小ぶりなものをご要望されるお客様が多くなっています。

我が家には先祖代々から引き継いだ昔ながらの仏壇がありますが、サイズが大きく、移動もままなりません。
今は亡き父が家を新築する時に、一番先に考えていたのが仏壇の置き場所で、仏壇に合わせて間取りを設計したものです。

今私が住んでいるのがその家で、父母亡き後私が仏壇を引き継いで今に至ります。

20171124_018


もちろん、仏壇は床の間の横に誂えたスペースにきれいに収まっていますが、しかし、時が過ぎてこれを子供の代に引き継ぐことはできるのか?

今の住宅事情を考えると、昔ながらの大きな仏壇を置くスペースを取るのは難しい。
また、その佇まいは現代の住宅デザインとはあまりにもかけ離れた印象があり、完全にミスマッチでありますね。

20171124_022


そのような背景で、小ぶりの仏壇が重宝されているのでしょう。
小さなサイズで、仏壇としての意匠を感じさせつつも、現代家屋において違和感のないデザイン。

市販のものもたくさん出回ってはいますが、ここはやはり天然木でしっかりとしたものを誂えたい。
そのようなご希望にお答え致します。

20171124_029


弊工房定番となった小ぶりの仏壇に、今回はそれを置くキャビネットを合わせてお誂えさせていただきました。
扉のデザインなどを統一して一体感があり、また、もちろんそれぞれ単独でお使いいただくこともできます。

20171124_023


素材はチェリー。
その美しさは折り紙付き。

時の経過とともに色が濃くなっていき、より風合いが増していく素材です。

現代の住宅事情を踏まえた小ぶりの仏壇。
御本尊様などの大きさに合わせて設計します。

どうぞ、お問い合わせ下さい m(_ _)m


お届先  神奈川県

| | コメント (0)

2017年11月28日 (火)

新たな一脚

弊工房のロングセラー、そしてベストセラーの丸いこども椅子。
作り続けて10年以上、、今も毎月作っております。

ご兄弟用に複数台ご注文いただくことも多く、新たなご家族の誕生ごとに数年に渡って、、ということも珍しくありません。

Img_9748


お客様からいただいた写真。
やはり数年に渡ってお引き合いをいただき、この度新たな一脚をお納めしました。

四脚の椅子は、お子様の人数を表します。

今は白い椅子も、やがて年月が経つとともに濃い色へと変わっていくことでしょう。
お子様とともにある椅子、ご成長をお尻の下で見守っています。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

ウォールナットのダイニングセット

心穏やかな一週間が始まりました。

心穏やかに、、新作のご紹介。

20171025_004


ダイニングセットです。
ご新居へのお引っ越しに合わせて、ご注文をいただきました。

ご家族四人が座れるサイズで、少し小ぶりのもの。。
一般的には、4人がけサイズであれば1400ミリほどで作ることが多いのですが、多少小ぶりということで100ミリ減の1300ミリ。

どんな寸法でも作りますよ。。 手作り家具ですから。

20171025_008


四本脚のオーソドックスなデザインですが、天板、脚などに面取りを施し、手触りも、そして見た目も柔らかな印象になるように仕上げました。

20171025_013


まる~く、面取り。

20171025_017


脚には若干のテーパーを。。
脚先をほんの少し細くすると脚が長く見えるようになるのは、スリムジーンズと同じ原理。。

20171025_010


椅子は弊工房の定番。
チェアー2 というモデルです。 

2 と言うのは、2作目のモデルという意味でひねりも何にもないネーミングなのでありますが、弊工房のモデルで不動の人気ナンバーワンを誇っております。

20171025_014


そして材種は、これまた人気ナンバーワンのブラックウォールナット。
美しさは折り紙つきでございます。

20171102_003


20171102_004


納品時の風景。
新築マンションの上層階で、明るい陽が差し込むリビングです。

白い床に、ウォールナットが殊の外よく映えますね。

このダイニングセットが、新しい生活の良きパートナーとなりますよう。。


お届先  福岡県

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

絵本棚 設置後の写真

先日ご紹介した絵本棚について、お客様から設置後の写真をいただきましたのでご紹介します。

20171012_002


お子様が早速いろいろなものを収納したとのこと・・・
やはり、本棚は空の状態より、本や物を置いたほうがサマになります。

20171012_001


全体像です。
黒いウォールナットがきれいに映えていますね。

そのうち、落書きやシールを貼られたりするでしょうが・・とのこと。
でも、それらもお子様の成長の証ですよね♪

三人のお子様の成長を、しっかりとこの本棚に刻んでいただければと思います。
健やかなご成長をお祈りしております。

・・・・

そう言えば・・・ハロウィンじゃね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧