2017年3月21日 (火)

金満尾根を歩く

天気が良かった日曜日、山登りに行ってきました。
いや、山登り・・と言うよりは、山歩き。 テレテレと静かな山道を歩くのが趣味です。

以前から歩いてみたかった金満尾根。
南北に走る福智山系から派生して、東へ伸びている支尾根で、稜線が北九州市と香春町との境界になっており、その境界線がそのまま登山ルートにもなっています。

マイナールートであるのですが、しかし道なき道を藪漕ぎするようなバリエーションルートでもない。
静かな道をゆっくり歩きたい私の好みにはぴったりであります。

が、、取り付きからいきなりの急登。
ロープ場があったりするほど。

稜線ルートなので、幾つかの少ピークをアップダウンしながらひたすら高度を上げていくのですが、勾配が思いのほかきつく、半年ぶりの鈍った足には堪えるわ~

落ち葉が降り積もった道は踏み跡もあまりはっきりしないところがありますが、地元の山の会が分岐などの要所に看板を立ててくれており、また、目印の赤テープをマメに巻いてくれているので、迷うことはありません。
まあ、稜線ルートなので、基本的に尾根筋をずっと歩けばOK。

ルート全般的に眺望はほとんど開けませんが、植林帯、常緑体、そして落葉樹が入れ替わりで現れ、木漏れ日が気持ちよく射し込むとても雰囲気の良い道で、5月の新緑の時期、そして紅葉の時期はそれはきれいだろうなと思えるルートです。

メインのピークである金満山を超えると、最後の登り。
喘ぎながら少しずつ登っていくと、福智山系の縦走路に出会い、ここが金満尾根ルートの最終点となります。

ここまで一切登山者に合うことはありませんでしたが、さすがに福智縦走路は人気のルートで、何人もの登山者とすれ違いました。


で、このまま縦走路を北上し、福智山のピークを踏んでから別ルートで下山する周回コースを考えていたのですが、トラブル発生。

持病の・・左足膝がぁぁあぁ

そうなんです、以前ジョギングをしていた時に左膝を痛めたことがあり、それ以来、足に過負荷をかけ続けるとその部分が痛み始めるのです。

一番心配していたことが、起こってしまった。
ぐぅぅぅ。。

ここで、周回コースは断念。
引き返すことに・・・

まめに休憩を取りながら、来た道をゆっくり引き返しました。

なんとか膝も保ってくれたようなので、最後に地形図を見ながらちょいとバリエーションルートを楽しんで無事下山。

全行程9時間の予定でしたが、6時間の山歩きでありました。


山歩きの魅力は、自然の中を歩く気持ちよさはもちろんのことながら、無心になれることです。
特に、きつい登りはひたすら足を運ぶことに精一杯で、下界の様々な諸事情を一時的にではありますが、全て忘れることができます。

そして、マイナールートだと登山者に出会う頻度も少ないので (実際、金満尾根ルートでは往復5時間の間、一人の登山者にも出会いませんでした) 孤独感を十分に満喫することもできます。
登山者が多いと、すれ違う時の道譲りの問題や、どのタイミングでこんにちは~を言うかなど、結構気を使うこともあり、ちょいと煩わしかったりするんですよねぇ


という訳で、ストレスを山においてきた日曜日でしたが、半年ぶりのヤワな足にはしっかりと筋肉痛を溜め込んできており、ただ今大変なことになっております。

二階への昇り降りがきついわ~

次回のチャンスは連休の頃かな?
今度はしっかりと足を作って、新緑を楽しみに再訪してみたいと思ってます。

その時には、そう、カメラも持っていかなけりゃ。 ね。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

紅葉リベンジ

紅葉を求めて・・・

先日の国東半島がちょっと早かったので、そのリベンジ・・
という訳で、昨日は近場の下関市、東行庵、そして神上寺に行ってみましたが・・

う~ん、ちょいと遅かった。

既に盛りは過ぎて、8割方散ったあと。。

ならば長府は?
こちらもいまいち。

こちらも遅い、と言うより、今年は全体的に色づきが良くないようです。


最後のチャンスは、今週末、再度の国東半島。。と考えているのですが、雨かもね。。

最近は秋が短くなったので、紅葉狩りも難しくなりましたね~

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

紅葉 フライング

日曜日、天気が良かったので紅葉を見に行きました。

行き先は、、国東半島。

ここは、宗教的に宇佐神宮の影響下にありながら、それに古来修験道と天台密教が融合して、六郷満山と呼ばれる独特の神仏習合の地となっています。

国道10号線から一歩半島側に足を踏み入れると、そこはもう別天地。
半島全体が日本の原風景のようであり、寺社仏閣や史跡は数知れず、、有名なものから路端にある小さな石地蔵に至るまで、どこを切り取っても絵になる風景が広がっています。

そして、秋にはあちこちが紅葉し、その美しさは比類がありません。
が、その割には人出はそれほど多くなく、ごく一部の有名なところを除けば渋滞もなく、ゆっくりと紅葉を楽しむことができるのです。

が、、、早かった。
色づき始め・・・という感じ。

たまたま見つけた古民家カフェで店長さんにその話をすると、、まだちょっと早いですねぇ とのこと。
やっぱり、フライングだったか。。

話し好きの店長さんで、思いがけず会話が進み、まだ知らない現地のスポットやイベント情報なども仕入れることができましたので、あと二週間ほど待って、またチャレンジしてみたいと思います。

詳しいレポートはその際に・・・書くつもりですが・・さて?

| | コメント (0)

2016年10月31日 (月)

津和野へ

日本シリーズ、、内弁慶シリーズにはならなくて、土曜日に決まってしまいました。
このため、日曜日の野次馬的広島マツダズームズームスタジアム周辺物味遊山ツアーも、中止の憂き目となりました。

残念。

という訳で、りんご狩りへ・・・(何故?)

行き先は山口県の徳佐。
数々のりんご園がある、とても風光明媚なところです。

狩り放題、食べ放題でりんごを堪能(もうしばらく、りんごはいいや・・)

その後、ちょっと足を伸ばして津和野へ。

津和野は・・・もう三十数年前のことでしょうか、、初めて行ったときにはきれいに街中が整備されており、確かに美しくはあるのですが、観光用に作られたテーマパークのようなイメージが強く、正直なところ、あまり好ましい印象はありませんでした。

それが、今回改めて見ると、三十数年の時を経て実に良い風合いに落ち着いており、古都らしい佇まいが感じられる街へと変わっていました。

派手な看板や、若者向けのファンシー系のお店などもなく、土産物屋や食事処が点在し、美観地区の周囲には普通の生活路地が縦横に走っていて、規模も大きくもなく小さくもなく、観光客もほどほどで、半日ほどで散策するのにうってつけです。

歩いていると、街中の川にかかる鉄橋周囲に何やら人だかりが・・・
そうか!!

SLやまぐち号だ!

そう、ここは、土日祝日にSL観光列車を走らせているのです。

M_sl005


うまく撮れなかったため、写真は公式サイトより拝借。
実際、目の前で見ると、その迫力に圧倒されますよ。

津和野は谷あいに位置しますので、汽笛が鳴るとそれが両側の山に反射し、重層的なこだまとなって響き渡ります。
いいねぇ~


広島行きはかないませんでしたが、替りの島根県津和野。
天気もよく、良いショートトリップでした。

| | コメント (0)

2016年9月26日 (月)

熊本 阿蘇へ

大分・熊本へ、温泉一泊旅行に行きました。
九州復興割りのクーポンを使って、6割引きで温泉旅館に宿泊・・満喫しました。

で、気になっていた阿蘇へ・・・
地震の影響がどれほどのものだったのか? それを確かめに阿蘇神社へ行ったのですが・・・

重要文化財の楼門と、それに続く拝殿は完全に倒壊。
ニュースで見知ってはいたのですが、実際に目の当たりにすると、そのあまりの無残な姿に言葉を失ってしまいます。

仮の遥拝所で拝礼して、一刻も早い復興を願ったしだいです。


その後、つい最近通行が再開された阿蘇登山線(坊中線)を走って、草千里、そして火口へ。
道はいたるところに地震の爪痕が残り、あちこちにアスファルトの補修跡が目立ちます。

ところどころはまだ補修が間に合わず、片側通行。

そして、杵島岳を回って草千里へ至る一番展望の良い場所では、写真スポットにもなっている駐車場が地すべりによって崩れ落ち、かろうじて残った一車線を、信号による片側通行で車を通している状態です。

草千里のレストハウスもまだ仮営業で、火山博物館は閉館状態。
客の出足も少なく、阿蘇山上の復興はまだまだこれからのようです。


しかし、阿蘇の町中はほとんど平穏な状態を取り戻しており、観光客も多く、あちこちで中国語なんかも聞かれました。

がんばろう熊本・・の合言葉とともに、地元では力強く復興への力がみなぎっているように感じました。


となると、また行かなきゃね。
次は来月の紅葉の時期が狙い目かな?

とうことで、秋の計画を練っているところであります。


| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

梅雨の終わりに

土曜日、天気がいまいち怪しかったのですが、予報によると大雨にはならないとのことでしたので、行ってきました。

キャンプ。

アウトドア好きのアタクシでございますが、今年はなんだかんだとあって全く出かけることができず、今回が初キャンプです。

向かう先は定番の志高湖(大分県 奥別府)
高原なので涼しい・・・はずが、照りつく太陽。。 暑い~

人出は少ないだろうと思っていたのですが、さにあらず、例年並み。
高速も車が多く、観光スポットには中国人の群れ。

どうやら、九州復興割りと、九州内高速乗り放題の2大キャンペーンが功を奏しているのか、人出は相当数戻ってきているようでありました。

良いことです♪


昼間は暑かったのですが、夜はぐんと気温が下がり、肌寒いほど。
雲も晴れて、月と星明かりで薄っすらと湖面が照らされています。

この景色を眺めながらの一杯は堪えられず、この瞬間のために来ているようなものでありますなぁ。

翌日も晴れて気温が上がり、やまなみハイウェイからのくじゅう連山はくっきりしていました。

これ、梅雨明けたんじゃね??

と思っていたら、やっぱり、梅雨明け宣言が出ていたようですね。


ともあれ、梅雨の終わりにリフレッシュできました。
さあ、今日からは本格的な夏。

それはそれで木工には厳しい季節ですが、まあ、ボチボチと・・・頑張ります。

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

筋湯温泉へ

温泉に行ってきました。
一泊二日の小旅行。

そもそものきっかけは、ラジオで聞いた熊本、大分の復興支援。
「皆さん・・遊びに行きましょう」 との呼びかけ。


そうだ、温泉に行こう。。
と思いたち、先月、最初に行ったのが別府で、今回は同じ大分の筋湯温泉を訪ねました。

筋湯は、個人的ベスト3に入る温泉地で、以前より温泉旅館でゆっくりしたいと思っていたのですが、思う宿はなかなか予約が取れず、先延ばしになってました。

それが、やはり地震の影響なのでしょう・・・今回はすんなりと予約が取れたのであります。

早めに宿に着き、まずは宿の温泉にザブリ。
湧出量日本一、おんせん県の大分。 もちろん、かけ流しです。

ふぇ~ 気持ちいい~ ♪

Hotspot_t04img


次いで、筋湯といえばここ・・・ 共同浴場の打たせ湯へ・・
Let_hot_song02


幾筋もの打たせ湯の轟々という音と、もうもうと立ち込める湯気。
莫大な湯量で、これが全てかけ流しという贅沢。

私の中では、文句なくベストワンの湯です。

宿に帰って夕食、満腹。
そして、また温泉。

満足して就寝、、、
一夜開けると、奇跡的な梅雨の晴れ間。

久しぶりにタデハラ湿原を散策したり。
7038582047_a2c72b49be_b


天然林が広がる、黒岳裾野をトレッキングしたりしました。
やっぱり、くじゅう連山・・最高!!

散策に疲れたあとは、秘湯、筌の口温泉でまったり。
おんせん県を満喫した休日でした。


ただ、やはり震災の影響は大きく残っており、九重ICからくじゅう連山へ至る大動脈の県道40号線は土砂崩れで寸断されており、復旧は半年ほども先になるとのこと・・

昼食で立ち寄った食堂の店主は、もうどうにもなりませんわ・・と自嘲気味に肩をすくめていました。

その言葉を裏付けるように、どこに行っても人出は通常の半分以下との印象で、通常に戻るのはまだまだ先になるのかもしれません。

しかし、一番の人気スポットである九重夢大吊橋の駐車場は、大型バスも含めて7割ほどは車も停まっており、観光客の中からは中国語も随分聞こえていましたので、ボチボチながらも客は戻ってきているようでもありました。


朗報として・・・
復興支援のため国が助成金を出し、これを原資に熊本・大分を中心として宿の宿泊費が大幅に安くなるとの情報も入っており、仕事の合間にせっせと詳細を検索しているところです。

大分・熊本。
いまから、温泉が狙い目です!

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

別府へ行く

連休後半は別府へ行ってきました。
地震の影響で観光客も少ないらしく、数日前にもかかわらずホテルも空室がたくさんあり、即予約。

今年は東九州自動車道も全線開通したので、車で走って1時間半弱で到着です。
その昔、、30年ほども前の頃は、別府まで4時間以上もかかっていたのだよ。
まさに、隔世の感がありますな。

連休にもかかわらず高速は貸し切りのような状態で、大人気の別府サービスエリアも、車の駐車率は6割程度。
市内に下り、人気の鉄輪温泉街、駐車場も空いており難なく駐車することができました。

いつもは中国語が飛び交うメインの通りも人影少なく、、、
人が少なくゆっくりできるのは良いけれど、やはりちょっと寂しいね。

別府の楽しみといえば、、もちろん温泉、そして、夜の歓楽街♪
昭和の匂いを色濃く残すちょいと猥雑な雰囲気の界隈も残っており、ここらをほろ酔い加減でそぞろ歩くのが別府の楽しみ方です(私だけ)

郷土料理から始まり、3軒ほどはしごして最後に入ったのは小さなバー。
マスターと奥さん、そして常連客と思われる夫婦が先客としており、いろいろとご当地事情を教えてもらいました。

地震の影響はやはり大きいらしく、マスターによると、人出は通常の連休時の2割ほどしかないとのこと。
確かに・・私も2年前の連休に別府に来ていますが、歓楽街の人出はその時とは比べ物にならず、また、お目当ての店も軒並み定休日(連休なのに・・)で、別府の夜を楽しむぞ! と意気込んでいた出鼻をすっかりくじかれることになったのでした。

地震の時のことを聞いてみると、やはりかなり揺れたらしく、このような怖い思いは生まれて初めてだったとのこと。
しかし、幸いにして大きな被害はなく、どこも通常通り営業をしているそうです。

ただ、観光客の激減は深刻で、その経済的損失を少しでも埋めるべく、市長の旗振りで別府市民が温泉に入り、別府で外食をしよう、、というキャンペーンが行われているそうです。

行く先々の温泉では、どこから来られたのですか?
別府に来てくれてありがとう・・という言葉をよくかけられました。

余震はまだ続いていますが、別府滞在中に体感できるような揺れはなく、ゆっくりとした連休を楽しむことができました。


でもね、、確かに人は少なくてゆっくりできたけど、、、でも、やはり別府は人でごった返している方が楽しいよなぁ
と、ちょっと寂しい思いがしたのもまた事実。

で、7月の連休あたりに、また訪ねてみようか?
と、今から構想を練っているのであります。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

河内貯水池

花散らしの雨が降ったあと、もうちょっと桜を楽しみたいなと思い、河内貯水池へ出かけました。
ここは、官営八幡製鐵所(現 新日鉄住金)の工業用水確保のために、100年ほど前に建設されたダムで、石造りの構造は100年の時を経て、すっかり風景に馴染み溶け込んでいます。

そして、その堰堤は桜の名所。
標高が高く、また、日当たりも限定されているため、平地よりも一週間ほど桜の開花が遅いのです。

ここなら、まだ桜も残っているのではないか?
と思ったのですが、、

まあ、見事に・・・・葉桜となってました。
まあ、それはそれで綺麗ではあったのですがね・・・

そういえば、去年もほとんど花はなく、平地との時間差は少しずつ縮まっているのかも?
これも、温暖化の影響かな?


桜が終われば、次は新緑の季節。
Kawachi


連休あたりに、また出かけてみましょうかね。。

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

地元発見の日

昨日は、地元酒造の蔵開きへ行きました。

家から10kmほどのところにある造り酒屋で、こんな近くに美味しい日本酒があるのは嬉しい限り。
新酒を二本買っていい気分。

その後、やはり地元の牡蠣小屋へ・・・
(運転はもちろん、酒が飲めないカミさんですよ、念のため)

この牡蠣小屋の存在はお客様より教えていただいたもので、このたび初めて知りました。
地元民は、意外と地元のことを知らないものです。

牡蠣は濃厚でおいしく、堪能しました。
目の前は豊前海(周防灘)で、沖合には牡蠣棚がいくつも浮いています。
こんなところで、養殖しているんだねぇ

その後、数年ぶりに友人の陶房へふらりと立ち寄りました。
備前で修行した陶芸家で、山間の旧道横に古民家を自分で移築した陶房を開いています。

山に囲まれた別世界のようなところで、しばし歓談。
焼酎用のカップを買いました。

そして、そのまま門司港へ。
ここであいにく雨がふりだしたたため、雨宿りを兼ねて古いジャズ喫茶へ。

昔ながらの喫茶店で、大きなJBLのスピーカーから流れるコルトレーンは最高じゃね。


という訳で、昨日は地元の良いところ回り、地元を再発見した休日でありました。
寒かったけど・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧