2020年9月28日 (月)

阿蘇へ

思い立って阿蘇に行ってきました。
Img_20200921_091950

火口も立ち入り制限が解除されており、20年ぶりに火口を覗いたところ、以前とはだいぶ形が変わってましたね。
あれから何度も噴火を繰り返しているので、火口の形もどんどん変わってるのでしょう。
Img_20200921_134447

が、、火山の石を売っているおじさんは変わらず居て、それなりに商売繁盛している不思議な光景は以前のまま。
昭和、平成、令和と・・火山の石は人気のようでした。
Img_20200921_131305
Img_20200921_150956

草千里の駐車場はほぼ満車で、観光客が戻ってきたようです。
数年前の熊本地震の後に来た時は、ほとんど車や人の姿もありませんでした。

さらに、入山規制があり、そしてコロナがあり・・・
様々なものを乗り越えて、以前の状況に近づきつつあるようです。

レストハウスも建て変わったりして、飲食店メニューも一新されていました。
値段もだいぶ上がったような・・・(@_@)

今から行楽のピークを迎えます。
賛否のあるGoToキャンペーンではありますが、密に気をつけながら楽しんでいきたいと個人的には思っています。

| | コメント (2)

2020年9月23日 (水)

ターニングポイント

連休中、ちょっと外出しましたがすごい人出。。
高速はまさかの渋滞・・・

ここしばらく、渋滞という言葉を聞いたことのない日が続いていましたので、道路が混むということを全く想定していませんでした。

もちろん観光地は密になりますので、それを避けてフラフラと・・
このようなとき、名もないところでも楽しめるマイナリストは有利ですな。

この連休は天気もよく、今までの自粛疲れの反動が出たための現象だと思いますが、この結果が分かるのは2週間後。。
その時に、この集団的行動が吉と出るか、凶と出るか?

コロナからアフターコロナの時代へ・・・
この連休は、そのターニングポイントになるのかもしれません。。

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

お茶処へ

とあるお茶処へ行ってきました。
峠を超えた向こうにあるところで、途中で道が寸断されていたりして難儀しましたが、、無事到着。

玉露を使ったしずく茶というものをいただきましたが、これが美味しい!!Img_20200830_151456

最初は低い温度のお湯で出し、次には少し温度を上げた湯を使って・・というように段階を追っていただく方式。
最初は旨味も甘味も強く、出汁か? と思うほど濃厚なものが、少しずつ味が爽やかになっていく変化が面白い。

Img_20200830_151827-1

そして、最後は残った茶葉にポン酢をかけてサラダのようにいただく。
美味!!

やはり、ちゃんとした茶葉をちゃんとした淹れ方でいただくと、別次元の味になるのだなぁと感心した次第。

Img_20200830_151510

茶畑が遠望できるロケーションも最高で、良い休日となりました。

さて、今週も暑そうで、、そして、今週半ばには台風が来そうな予報。
波乱の一週間となりそうですが、お茶のパワーで乗り切りたいと思います。

| | コメント (5)

2020年7月14日 (火)

中心街の今は

先日の休日、所要があって久しぶりに街中の中心街へ行きました。
人出は5割ほどは戻ってきているようで、ほぼ全員がマスク着用、、もう、このような風景が当たり前になるのでしょう。

商店街や、テナントビルの中を歩いてみると、閉店した店が各所に点在しており、コロナ禍を実感させられる風景です。
象徴的だったのは、市街の中心地である横断歩道の周辺に閉店が目立つこと・・
一等地だけに家賃も高額なのだろうと想像されますが、最も賑やかなところなのに・・・

中心部が閉店していると、やはり寂しい思いがしますね。

飲食店で働いている友人などに話を聞くと、徐々に人は戻りつつあるらしい。
新しい生活様式が今後どのように変遷していくのか?
経済活動に勢いは戻ってくるのか?

まだまだ先の見えない、重苦しい雰囲気を感じた休日でありました。

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

太宰府へ

少しずつ移動もできるようになりました。
昨日は梅雨の晴れ間・・本当に久しぶりに太宰府天満宮へ行ってきました。
Img_20200628_135951
いつもなら人で溢れかえって真っ直ぐ歩くことができない参道ですが、写真の通り人出はパラパラ・・
中国語と韓国語ばかりが飛び交うのが常でしたが、しっかりと日本語も聞こえ、昔の大宰府が戻ってきたようでした。
Img_20200628_140718Img_20200628_141117
手水は空。。
先週までは、紫陽花が一面に敷き詰められていたそうです。
Img_20200628_141148Img_20200628_141306

祈願もゆっくりとできました。
もちろん、コロナの完全終息です。

帰りの車でホークスの実況を聞いて怒り心頭。。
少しずつ、日常が帰ってきました。。

| | コメント (3)

2020年6月22日 (月)

市境を越える

移動制限が解除されたので、2ヶ月ぶりくらいに市境を越えました。
ずっと市内に幽閉された状態だったので、縄から解き放たれたような開放感を感じましたなぁ。
(たかが隣町に行くだけなのに・・)

行った先は宗像、赤間にある造り酒屋。
Img_20200621_124033

コロナの影響で3月の蔵開きが中止となり、その代替ということなのでしょうか?
蔵出し祭りと銘打ったイベントです。

Img_20200621_123128Img_20200621_122336

多くの人出があるのではないかと思われ、もし密になるようなら退散しようと思いながら行ったのですが、想像の正反対で閑散としていました。
蔵開きの時は周辺の旧街道筋にずらりと屋台が立ち並び、それは多くの酔客で賑わうのですが、そのようなイベントは一切なし。
誰も人はおらず、本当にやっているの? という感じでした。

中に入ると、チラホラと人が、、10名ほどでしょうか?
寂しいことではありますが、しかし試飲を始めるとそのようなことも気にならなくなります。

ちょっと甘めの原酒が染み渡って、コロナ抑圧のフラストレーションがゆっくりと溶けていくようでした。

Img_20200621_125835

試飲のあとは、隣のレストランでそば御膳。
昼間から日本酒と蕎麦で満足。

ここらあたりは寺社仏閣が大変多いところで、食後はほろよい気分でそれらを訪ね歩きました。
本当に、久しぶりに充実、解放された休日でした。

ここ数日は、北九州市も感染者ゼロとなっており、第二波も収まったか?
日常が少し戻ってきました。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

棚田を見に行く

宣言解除後、2回目の休日。。
でも、まだまだ密なところへの外出は気が引けます。。。

そこで、棚田の風景を見に行くことにしました。
北九州市から平尾台という山を超えた反対側に、等覚寺という集落があり、ここが棚田で有名なのです。

Img_20200524_152251-1Img_20200524_152419

いそいそと出かけたのですが、残念ながらまだ水張りはされておらず写真のような茶色の風景でありました。
また、よく見ると休耕田になっていたり、また、畑へと転作しているところもあったりして、以前のような全面棚田のような風景ではなくなりつつあるようです。

集落の外れに神社があったので寄ってみました。
Img_20200524_153524

参道は山道のようで、少々息が上がります。
が、山中の神社は巨木に囲まれて厳かな空気が漂い、清々しい気分になりました。
祈願は、、もちろんコロナ終息です。

宣言は開けましたが、、実は北九州市は3週間ほど感染者ゼロだったところ、直近の二日で6名の感染が発覚しており、ここにきて不意打ちを食らわされたような感があります。。
油断すると再流行となる・・・まだ当分日常は戻ってこないようです。

| | コメント (3)

2020年5月 7日 (木)

神社週間

連休が終わりましたが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
私は自粛週間で、史上稀に見る充実しない休みでした・・・(;´д`)トホホ…

基本はステイホームですが、それだけではあまりにもストレスが溜まります。
なので、人が居ないところを狙って外出・・・

となると、、やはり神社です。
神社は各地区に数多くありますが、しかし自分の地区外の神社へは滅多に行かないもの・・・
なので、どこも人が居なくて静かです。

そんなところを廻って、コロナ終息祈願をしました。

写真は、それぞれの神社で見つけたちょっとおもしろいものをご紹介。
Img_20200506_161133Img_20200505_161455Img_20200505_150237Img_20200505_150226Img_20200505_150701Img_20200505_161849

わが町北九州市はコロナ発生は落ち着いている状況ですが、福岡県としてはまだ緊急事態宣言の特別警戒県に含まれており、まだまだ自粛は続きそうです。

必ず出口があることを信じて・・・
仕事再開です。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

コロナ終息祈願

ずっと引きこもっているとやはり気が滅入ります。
外出したいけど、人に会わないところ・・・

そうだ、コロナ終息祈願を兼ねて、神社へ行こう。
地元の鎮守となっているようなローカル神社で、普段滅多に行かない土地。

94600282_3702043076536572_8433888740690193648967_3702043989869814_1893647138026493871737_3702042639869949_4385420518434593543612_3702042926536587_27789675441600

地図とナビを頼りに、半日かけて廻ってみました。

コロナの影響で社務所は閉鎖、手水もなく、鈴緒を取り外しているところも・・
このようなところまで影響が及んでいるのだなぁ。
いつも以上に熱心に、コロナ終息をお祈りしました。

地元の神社なので、人出はほとんど(全く)なく、時折すれ違う人との最接近距離も10メートル以上。
どこの神社も丹精されて整っており、それぞれに固有の趣があって興味深く、楽しい半日でした。

このような状況で、思わぬ楽しみを見つけてしまったかも?
次回はまた別の土地で神社探しをしてみよう。。
コロナが終息するまで、祈願を続けようと思うのでありました。

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

自粛疲れで山口へ

自粛にもだんだん疲れてきました・・・
専門家会議によると、人が密集しない野外であればOKだよね。。
という事で、久しぶりに山口まで・・
90709814_3608666392540908_51754392896468

秋吉台は野焼きが終わったばかり。
灰色のカルスト台地が印象的です。

90344487_3608666789207535_59420196855904

その後は萩へ・・
道の駅はコロナどこ吹く風の盛況ぶり。

ここは魚市場の敷地内に作られた店で、美味しくないはずはない。
堪能しました。

90545992_3608667059207508_61539624832634

反射炉を見て維新のエネルギーに思いを馳せ・・・

90047539_3608668185874062_44062182232555

偶然の発見。
玉木文之進の生家であり、松下村塾始まりの家。
松陰が教育を受けた部屋が当時のまま保存されており、なんと、その畳の上に立つこともできるのです。

まさに、近代日本が始まった部屋。。
感無量でありました。

90223323_3608668765874004_26926347887952

最後は毛利家の菩提寺である東光寺。
唐風の作りが印象的な巨刹で、本殿奥の廟所にならぶ五百基の石灯籠は圧巻です。
毛利家の力を感じさせるところでした。

という事で、自粛疲れのストレスを思う存分発散してきました。

どこまで続く? このコロナ騒動。
来週は花見でもと思ってますが・・さてどうなることやら?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧