2019年7月17日 (水)

宮崎の夜は長い

宮崎の夜は更けて。。。
67129431_2824712650936290_51274081635695

宮崎に行った時には必ず立ち寄るお店♪

66446147_2824712837602938_12373994053304

昔の懐かしいフォーク中心のライブハウスです。
お客さんはほぼ全員同世代。

宮崎の県民性なのでしょうか、、一見さんでも、観光客でも全く分け隔てすること無く、長年の友人のように接してくれます。
66672284_2824712760936279_90702621006343

この後、お店は満員に・・
地元のお客さんと観光客と入り乱れて盛り上がり。

深夜まで音楽三昧。
宮崎の夜は長くてディープです。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

宮崎へ

連休で宮崎へ行ってきました。
行きは雨模様で、別府あたりで豪雨に・・・ このまま高速が通行止めになるんじゃなか? とも思われるほどでしたが、なんとか無事に通り抜け、その後も雨の中を一路南下。

4時間半かかって到着。

宮崎は大好きな場所で、年に数度は出かけています。
着いたのは夜、、そして目的はここ。
66831481_2824662640941291_39116402364713

ここの鶏は本当に美味しく、宮崎まで行かないと食べられません。
いつもは行列ができているのですが、この日は運良くお客の入れ替わりのタイミングに当たったためすんなり入店できました。

メニューはなし。
ももの炭火焼きのみです。

飲み物はビール、そして焼酎。
どちらにも合うのは言うまでもありません。

至福のひととき・・で宮崎の夜は更けていくのでした。

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

日本酒蔵ライブ

梅雨入りまであと僅かのようです。
昨日は曇りで、気温もそれほど上がらず、湿度はあるけどまあまあ快適な休日でした。

そんな中、近隣の造り酒屋で開かれた音楽ライブに行ってきました。
日本酒を飲みながら、アマチュアミュージシャンたちのライブを楽しもうという楽しい企画。
バスに乗っていそいそと・・・

会場は収納蔵でしょうか?
テニスコートくらいの広さの蔵の中に、長椅子とテーブルが設えられていて、まずは大吟醸のウェルカムドリンク♪
それ以降は一杯200円よりの実費購入。

焼きそば、焼き鳥など、屋台もあっておつまみも豊富です。

ちょっと気温が低い日だったのですが、蔵の中は酒と音楽で熱気ムンムン。
最後は酔っ払いばかりになり、大盛り上がりのライブでした。

59765515_2494587877435525_59608740422641

初めて行きましたが、聞くとこれで10回目の開催だそうで、毎年の恒例行事になっているようです。
ここは3月に蔵開きで大いに賑わうのですが、それに次ぐお祭りで、梅雨入り前の楽しみができました。

最後の抽選会で日本酒が当たり、とっても満足して帰路についたのでした。

*写真は溝上酒造のフェイスブックより

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

快慶・定慶のみほとけ展

一旦復調していたかと思っていた風邪ですが、その後も抜けきらず、結局先週一週間はとりつかれたままでした。

熱は出ないのですが、体が重く感じられ、頭の中に靄がかかったような状況が続きます。
動けないことはないので仕事もできるのですが、少しやっては休憩の繰り返し・・
気持ちも乗ってきません。

そのうち、喉にも痛みが感じられるようになり、治ってきているのか? 症状が進んでいるのか?
栄養剤を飲むとその効果が実感できるのは、やはり体調が悪い証拠でもあります。

そんな中、九州国立博物館で開催されている 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展 へ行ってきました。

鎌倉時代、慶派スーパースターの名品揃い踏み、、と言われれば行かないわけにはいきませんぞ。
仏像なども時代や作者によって様々な造形がありますが、躍動感や技工面を主眼として眺めるとやはり鎌倉時代にその頂点があるように思います(あくまでも主観ですよ・・)

釈迦十大弟子や、秘仏の釈迦如来像、そして六観音菩薩像もすべて勢揃いしていて、それは見ごたえがありました。
(大報恩寺は空っぽになってるだろうなぁ)


実は・・・連休のときに京都の東寺に行って来たのですが、楽しみにしていた立体曼荼羅の仏像群は、その大半が東京で開催されている国宝東寺展へ出品されており、東寺の講堂内はそれは寂しい事になっておりました。
今回は、そのリベンジを兼ねてのことでもあり、十分に堪能することができました。

仏様に見つめられて、今度こそ風邪も全快したようであり、喉の痛みも殆ど感じられなくなりました。
今週は好天が続く予報で、心機一転、体調万全でのそみたいと思います。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

蔵開き

蔵開きに行ってきました。

近所にある造り酒屋で、毎年のこの日を楽しみにしています。
幸い天気もよく、大勢の人でごった返していました。

無料、有料の試飲もあるのですが、ちまちまと行列に並ぶのも面倒。
ということで、四合瓶を購入してその場で飲むのがいつものやり方。

揚げたてのメンチカツや唐揚げ、枝豆、焼き鳥、そしておでん。
ポカポカの陽だまりで味わう新酒のうまさは堪えられませんな。。

昼間っから酒を呑むのは正月以来で、一日中ほろ酔い気分でありました。

今も二日酔い気味で、今日は休肝日にしよう。

あっ 酔っ払って写真撮るのを忘れたぁ~

| | コメント (1)

2019年2月 4日 (月)

醍醐寺 真言密教の宇宙

九州国立博物館 醍醐寺(真言密教の宇宙)展に行ってきました。
ずっと前から楽しみにしていた展示会、、空海は私のヒーロー、、真言密教はワンダーランド。

現世利益を肯定し、そのための加持祈祷を行う密教は、他の宗派に比べると人間の欲望に結びつく部分が多く、そのために仏像や絵画、宝具などの造形は華麗絢爛で、それが見る者を惹きつけます。

展示物は国宝、重文のオンパレードで、体がとろけてしまいそう。。
人出もそれほど多くはなく、ゆっくりと、じっくりと鑑賞できました。

P06


快慶作 不動明王像 
*写真は九州国立博物館のHPより転載

展示は、醍醐寺が開山されてから現代に至る変遷を時系列的に展示しており、時代を経るに従って展示物の造形が変わっていくのが分かりやすく、興味深く見ることができました。

今年の超大型連休には高野山へ行く計画を進めており、この展示会はその前哨戦でもありました。
やはり、、密教はいいな!!


S_53title01


九州国立博物館 特別展  醍醐寺 真言密教の宇宙

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

秋月も・・

最後の紅葉を求めて秋月へ行きましたが・・・
ちょっと遅かったねぇ。。

しかし、ここも外国人旅行者に占領されつつあるようで、日本語比率は5割ほどでした。
主なところはごった返していましたが、ちょっと脇に入ると静かで、日本の原風景のような光景が見られました。

紅葉もちょっと残っていたし。

・・・・

さて、師走に突入。。
年末まで頑張ろう・・・

が、のっけから今日は雨

ぼちぼち、頑張ろう。

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

国東半島 晩秋

晩秋のこの時期恒例、国東半島へ行ってきました。
目的は、紅葉

国東半島は、数多くの寺社仏閣に加えて、小さな祠などの史跡も無数にあり、晩秋になるとこれらが紅葉に包まれて、それは見事なコントラストを見せてくれます。

46855691_2316324528441774_459512782


個人的定番コースはいつもの通り、天念寺、旧千燈寺跡、五辻不動尊、文殊仙寺、両子寺、富貴寺、という順番。

46679519_2316324748441752_574620419


46747922_2316324801775080_809811835


ただ、コース前半は紅葉には早く。。

46688958_2316324881775072_736226651


後半は、紅葉には遅かった。
46895043_2316325021775058_783010791


それでも、きれいに色づいていたところもありましたよ。
46759366_2316440151763545_614340950


47061438_2316440291763531_482953263


富貴寺はやっぱりいいな。
毎年ここに来ると心が落ち着きます。

ちなみに、富貴寺は今日から一週間、夜間ライトアップされます。
これが幽玄で、なかなか良いものですよぉ。

昨年の画像をアップ。
Cimg6259


また行きたいけど・・・う~ん。

| | コメント (7)

2018年11月 5日 (月)

思えば遠くへ来たもんだ

連休は次男の大学学園祭へ行ってきました。

すごい人出で、学生のみならず、近隣地域の自治体や民間業者なども露店を出しており、学祭というよりは地域のお祭と言った感じです。

45488860_2277599002314327_992980968


思わず自分の頃のことを思い出しました。
45418631_2277598922314335_454910974


露店は売るのも楽しいですが、店番を交代しながら皆で一杯やるのが醍醐味で、客より先に酔っ払ってしまうことも・・・

ただ、今の時代は学祭でのアルコールは全国的にご法度のようで、昔に比べると極めて品行方正で、上品な事になっているようです。

45517271_2277599082314319_843334319


広いキャンパスは、メイン会場を外れると静かな佇まいで、楓並木も美しく色づいていました。

場所は違えど、なんだかとても懐かしい。
あれから何十年経ったのでしょう?

思えば遠くへ来たもんだ。

| | コメント (2)

2018年9月18日 (火)

インスタの威力

ホークス三連敗で意気消沈している週明けでございます。
期待したんだけど、、肝心なところで失速したなぁ。。

・・・

連休はふらりと山口へ行ってきました。
目的も決めず、足の向くまま。。

山陰の海岸線を流していると、新しい道ができていたり、道の駅や海の駅などというものも新たに登場して、沢山の人で賑わっていたり、知らないうちにずいぶん様変わりしていました。

そこで、久しぶりに元乃隅稲成神社へ行ってみようと車を走らせていたところ・・・
なんと、大渋滞。

(@_@;)

どゆこと??

今までの私の経験則では、山陰で渋滞が発生することなど皆無であり、増してこのあたりは道も細く、所によっては離合も困難になるほどの田舎道で、何が起きているのかわからないまま渋滞の列に並ばざるを得なくなりました。

ノロノロと進むと、そこに現れたのは有料駐車場。
その駐車場に入るための渋滞だったのであります。

(@_@;)

駐車場だと??

その昔、10年ほど前に来た頃は小さな駐車スペースがポツリとあっただけで、しかもそこに車は一台も止まってなかったぞ。
それが、駐車場は拡充されて整備され、おまけに第二駐車場までできている。

で、肝心の神社は、、人出でいっぱい。

以前は人っ子一人いなかったのに。
ほんとにびっくりです。

・・・・

この人出の原因は、ここがちょっと前にCNNが選ぶ美しい日本の風景に選出されたことをきっかけに観光客が来るようになり、それがインスタグラムなどで拡散され、ガイドブックに取り上げられ・・・というスパイラルで現在に至る。。ということのようです。

こんなマニアックなところが、いつの間にか一大観光スポットに変貌する。
静かな山陰は、いつしか賑やかなところに姿を変えていきつつあるのでした。

どのようなところでも観光資源になるんだなぁ・・と感心した出来事でした。
いいのか悪いのか?

びっくりして写真を取り忘れたので、興味ある方は以下のサイトでご確認ください。
元乃隅稲成神社
・・・・

さて、今日は歯医者じゃ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧