2018年9月18日 (火)

インスタの威力

ホークス三連敗で意気消沈している週明けでございます。
期待したんだけど、、肝心なところで失速したなぁ。。

・・・

連休はふらりと山口へ行ってきました。
目的も決めず、足の向くまま。。

山陰の海岸線を流していると、新しい道ができていたり、道の駅や海の駅などというものも新たに登場して、沢山の人で賑わっていたり、知らないうちにずいぶん様変わりしていました。

そこで、久しぶりに元乃隅稲成神社へ行ってみようと車を走らせていたところ・・・
なんと、大渋滞。

(@_@;)

どゆこと??

今までの私の経験則では、山陰で渋滞が発生することなど皆無であり、増してこのあたりは道も細く、所によっては離合も困難になるほどの田舎道で、何が起きているのかわからないまま渋滞の列に並ばざるを得なくなりました。

ノロノロと進むと、そこに現れたのは有料駐車場。
その駐車場に入るための渋滞だったのであります。

(@_@;)

駐車場だと??

その昔、10年ほど前に来た頃は小さな駐車スペースがポツリとあっただけで、しかもそこに車は一台も止まってなかったぞ。
それが、駐車場は拡充されて整備され、おまけに第二駐車場までできている。

で、肝心の神社は、、人出でいっぱい。

以前は人っ子一人いなかったのに。
ほんとにびっくりです。

・・・・

この人出の原因は、ここがちょっと前にCNNが選ぶ美しい日本の風景に選出されたことをきっかけに観光客が来るようになり、それがインスタグラムなどで拡散され、ガイドブックに取り上げられ・・・というスパイラルで現在に至る。。ということのようです。

こんなマニアックなところが、いつの間にか一大観光スポットに変貌する。
静かな山陰は、いつしか賑やかなところに姿を変えていきつつあるのでした。

どのようなところでも観光資源になるんだなぁ・・と感心した出来事でした。
いいのか悪いのか?

びっくりして写真を取り忘れたので、興味ある方は以下のサイトでご確認ください。
元乃隅稲成神社
・・・・

さて、今日は歯医者じゃ。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

熊本城 はじめの一歩

連休は南九州を回って、最終日に熊本に入りました。
気温は39度で、気絶しそうになりながら熊本城へ・・

はじめてきたので勝手がわからず、一番遠い駐車場に止めてしまった (´;ω;`)
一キロほど歩いて二の丸広場へ。

熊本城は、その威容を見せてくれました。

39284491_2129591480448414_603093286


場内はあちこちが崩れ、それが地震の凄まじさを物語っていました。

39184508_2129591683781727_611838015


自然災害は受忍するしかない、、とは分かってはいるのですが、実際に目の当たりにすると何か理不尽に蹂躙されたような思いに囚われ、ちょっと目頭が熱くなりました。

39167134_2129591567115072_887699461


鉄骨に支えられた異形の姿に、最初は痛々しさを感じましたが、しかしよく見ると天守閣の瓦は新しく吹き替えられ、鯱もしっかりと据えられています。

39223186_2129591797115049_425430647


復興への槌音は確かに響いており、そう思うと、城を支える巨大な鉄骨はこれを必ず復興させるという力強い意志の現れのようにも思えてきて、次第に元気が出てくるのを感じました。

石垣も含めた完全復興には20年ほどもかかると言われているようで、工程はまだ緒についたばかり。
そのはじめの第一歩として、このブログにもその記録を残しておきたいと思います。

このブログがあと20年続く、、とは思えませんが、、、(@_@;)

| | コメント (7)

2018年5月 1日 (火)

脱走犯のおかげで

連休はカレンダー通りです。
5月3日~6日まではお休みです。

さて、連休前半は広島へ行ってました。
天気が良かったので、久しぶりにしまなみ海道へ・・・

どこを切り取っても絵になりますなぁ(写真はないけど)

「村上海賊の娘」を読んで以来、行ってみたかった因島水軍城にも立ち寄ることができ、満足でございます。

・・・

で、帰り道のこと・・・
因島から向島に渡り、さらに本土(尾道)に渡ろうかとしたところでおびただしい警官の数。

何やら長い棒を持って、10名ほどの徒党を組んで歩く集団があちこちに。

( ゚д゚)ハッ!

気づきました。
そう、、、あの、、、脱走犯。。

その潜伏場所と見られているのが、この向島だった。

ひゃ~

・・・

で、本土へ向かう橋の手前で大規模な検問が。。
問答無用で止めさせられて、車の後部座席、トランクなどをつぶさに点検されました。

恥ずかしいものを積んでなくてよかった(←恥ずかしいものって、、なに?)

・・・

で、翌日(昨日のこと)
この日は、息子の武道の試合を見るために広島市内へ・・・

見終わって帰途につこうとした時にニュースが・・
「脱走犯確保」

それも、この武道場から割とすぐのところで。。

今年の連休は、脱走犯のおかげで今後の話のネタになる連休になりました。

ありがとう脱走犯。

| | コメント (4)

2018年3月19日 (月)

桜なき別府

開花宣言が出たので、桜を見に別府まで行ってきました。

が、全く咲いてない。
まあ、開花宣言直後なのでポツポツくらいだろうとは思っていたのですが、ポツポツもなし。

あっ 大分県は開花宣言はまだだった。。

・・・

でも、梅は咲き誇っており、河津桜は満開。
それなりに楽しめました。

いつもの鉄輪散策、そして温泉。
今年四回目、、別府はいつ来ても良いところです。

・・・

満開は来週か? 
来週も行こうかなぁ

| | コメント (2)

2018年2月13日 (火)

人出と雪と

ホークスのキャンプに行ってきました。
宮崎へ・・・ car

連休で快晴sun
人出も多いだろうな・・と思ってはいたのですが、想像以上でした。

行ったのは日曜日ですが、3万2千人が押しかけたとのこと。
とにかく人ばかりで、どこに行くにも人波をかき分けなければならない。

もちろんスタジアム内もいっぱいで、立ち見もできかねるほどでありました。

・・・

それでも、内川、松田をはじめとする一軍選手も見ることができたし、ピッチャーでは摂津の投球練習をチラ見ながらも確認できました。

初めてのキャンプ見学で要領もわからないまま・・
来年への教訓は、、極力早い時間に行ってスタジアム内に席を確保し、双眼鏡を持っていくこと。

だな。。

・・・

で、問題は翌日。
起床後、ホテルのTVをつけると・・・

北部九州大雪、福岡県の高速道路は全線通行止め!

なんですと (✽ ゚д゚ ✽)

ここ宮崎は快晴なのに。。

・・・

家までの距離 330キロ。
そのうちの終盤120キロほどは大雪の影響を受けている。

しかも、連休最終日。

大渋滞は必至。

・・・

とにかく、早く動かなければならない。
と、その前に、チェーンを買わねば・・・

ということで、宮崎でチェーンを調達し、その後高速へ乗ってひたすら北上。
刻々と変わる道路情報を聞きながら、途中で高速を降りたりして走る。

ずっと快晴だった空も、別府に差し掛かる頃から雪雲となり、雪が舞い散るようになりました。

が、幸いなことに、国道は問題なし。
地道に国道を北上して福岡県に入ったところで幸運なことに高速の通行止めが解除されました。

・・・

大渋滞を覚悟していましたが、その後はスムース。
恐らくは、大雪のために外出した人も少なかったんだろうな・・

と言うわけで、人出と雪に疲れた連休でありました。

かなり・・疲れた (´Д`)ハァ…

| | コメント (2)

2017年11月27日 (月)

六郷満山 紅葉

先日、国東半島へ出かけました。
国東は大好きな場所で、春の新緑と秋の紅葉の季節に毎年訪れています。

宇佐八幡信仰と天台密教が習合した、六郷満山という独特の宗教様式が半島全てに及んでおり、古いものから新しいものまで寺社仏閣、旧跡の類は数知れず。。

それほどのスポットなのに、核となる有名な名所がないためなのか、、交通の便が悪いためなのか、それとも別府や湯布院といった全国的知名度の観光地が近所にあるためなのか、、、国東への人出はそれほど多くなく、渋滞もなく、ゆっくりと散策を楽しむことができます。

で、満を持して紅葉を見に行ったのですが、今年はどうもあまり良くない。
数年前に感動した鮮やかな紅葉ではなく、全体的にぼやっとした印象でありました。

それでも、、やはり綺麗。

Cimg6224


Cimg6227


旧千燈寺跡。
おなじみの仁王様がお出迎え

Cimg6228


本来ならば、銀杏の落葉が敷き詰められて、全体が鮮やかな黄色のカーペットに変わるのですが・・
ちょっと、早かったのか?

Cimg6239


文殊仙寺の鐘楼。
やはり紅葉は今ひとつでしたが、今年は六郷満山の開山1300周年記念で、12年に一度しか開帳されない秘仏が特別に公開されており、思いがけず拝観することができました(満足)

富貴寺はライトアップされており・・幽玄な感じ。
Cimg6256


Cimg6260


Cimg6264


日本画家の平山郁夫が惚れ込んだ富貴寺大堂。
国宝です。

Cimg6266


阿弥陀如来が静かに佇んでいました。
わずか3日間のライトアップ、、昼間に見るより断然良い!!

温泉にも入って、ゆっくりと休日を満喫したのでありました。
次は、春か それとも、雪の時期も良いかな?

美しい国東半島。
いつまでもその姿を留めていてほしいと思います。

| | コメント (2)

2017年11月20日 (月)

日本中で一番熱い場所

今、スポーツ・芸能分野を最も賑わしているもの。
その渦中にある舞台に・・行ってきました。

20171119_001


気のせいか?
テレビカメラの列も例年より多かったような気が?

真冬並みの寒波の中、襟を立てて寒さをしのぎながら会場に入ると、中はいつもどおりの熱気に包まれていました。

昼過ぎに入り、幕下の取り組みを観ながら、幕の内弁当をつまみに一杯やるのが至福のとき。
名前も知らない力士ばかりですので、とりあえず出身県が近い方を応援します。

疲れたらちょっとうたた寝したり、、ダラダラと観戦するのが相撲の醍醐味です。

・・・
そして、幕内力士の土俵入り。
20171119_012


このあたりからはテレビでおなじみの光景で、会場の入りも増えてきて声援も多くなり、俄然盛り上がってきます。

そしてそして、一番見たかったもの。
20171119_015


20171119_017


横綱 稀勢の里の土俵入り。
もちろん、九州場所初のお目見えで、これを見るためにやってきた・・と言っても過言ではありません。

ただ、残念ながら取り組みでは破れて四敗目。
今後の取組を考えると、かなり厳しい状況になってきましたなぁ。

(゜-゜)

・・・

日本中をお騒がせしている大相撲ですが、その逆風を微塵とも感じさせずに会場は大入り満員。
20171119_019


パンフレットの表紙に大きく日馬富士の写真が載せられていたのが皮肉なことではありましたが、最後は白鵬がきっちりと勝って中日の勝ち越しを決め、幕を閉じたのでありました。

九州場所が終わると、秋も終わり。
今日も・・寒いぞ。。

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

朝倉へ 災害の傷跡

日田を後にして、朝倉へ。
朝倉は以前よりよく訪れていたところですが、ご承知のように今年の豪雨に見舞われ、大変な人的被害があった土地であります。

あれから数ヶ月が経ち、道路などもだいぶ復旧されたということですので、この機会に・・ということで訪ねてみることにしました。

・・・

日田からは、筑後川沿いを下って20分ほど。
行くに従って、次第に風景が災害の傷跡を表すものに変わってきました。

一見、特に変わりはないように思えるのですが・・

進むに連れて、時々小さな川を渡るようになります。

川は本当に小さく、川というよりは用水路と呼んだほうが良いような規模で、車で走っていると橋を渡るという感覚もないほどのものなのですが、その川の両岸数十メートルの範囲は風景が一変。

そこにあったはずの家屋も、畑もなK、流域一面に土砂が広がっている。
そして、あちこちに点在する重機。

残っている家屋や倉庫も、よく見るとその一階は窓も扉もなく、壁が流出して柱だけになったようなものもありました。

・・・

今回の水害は、本流の筑後川は問題なく、氾濫を起こしたのは本流に流れ込むほんの小さな河川だったということは聞いていましたが、その通り、川を渡るごとに同様の風景が広がっていました。

中心部に行き、車を止めて歩いてみると、さらにその規模の大きさが偲ばれます。
流木などは重機で既に取り除かれていますが、公園だったところが土砂の捨て場所(一時保管場所?)になって小山のようになっていたり、土砂に埋もれて放置された車があったり、土石流で傾いた家屋があったり・・・

そして、無人となった家屋の横には小さな花束が置かれていました。

・・・

流木と土砂に見舞われた物産館はある程度復旧しており、そこで災害時の写真を見ましたが、破壊規模の大きさは写真を見てもちょっと想像するのが難しいほどで、これが数時間という短時間で起きたことの脅威が俄には信じがたいこととして感じられました。

物産館も、おそらくは冷蔵陳列棚などがやられてしまったのでしょうか、以前よりも縮小された規模での営業となっていましたが、夕方にも関わらずお客さんは一杯で、レジには行列ができるほど。

復興の一助として、物産品を購入しようという人ばかりなのでしょう。
かくいう私もその目的で訪れた次第で、ささやかながらご当地の物を幾つか購入して家路につきました。

・・・

あれから数ヶ月・・
復興にはまだまだ時間がかかるように思いますが、道路などはほぼ問題なく復旧され、スムーズにアクセスすることができます。

次回は温泉などにも立ち寄りながら、地元の美味しいものを食べに行こうかと思っているところです。
皆さんも、是非訪ねてみてくださいね。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

日田へ行く

日田へ行ってきました。
10年ぶりくらいかな?

今年の大雨被害に見舞われたところですが、市内の殆どには被害はありませんでした。
この土日で恒例の天領祭りが行われており、それを見に行った・・

と言うのは口実で、実はこれを買いに行ったのであります。

20171113_003


薫長 本醸造と純米。

ちょっと前に、とある居酒屋でこの銘柄に出会い、その美味しさに魅せられてクンチョウ酒造まで買いに行った次第であります。

(クンチョウ酒造は日田の観光地区、豆田町の一角に造り酒屋の堂々とした佇まいを誇っております)

・・・・

これを手に入れることができれば、祭りはどうでもよく・・・失礼。
と思っていたのですが、見ると、街全体の辻辻などに竹で作った灯籠がずらりと並び。
そして、街横を流れる川の岸には、それこそ何百という灯籠が置かれて壮観な雰囲気。。

そうか、、メインは、、夜だ。。

夜にこれらにろうそくが灯され、これが優雅で幽玄な雰囲気を醸し出すんだろうな。

そうか、そうだったのか。
夜に来なくちゃダメなんだ。

来年の課題じゃな。

ちなみに、こんな感じになるらしい。
H29tenryomatsuri


・・・・

日田をあとにして、もう一つの目的地へ・・・

それは、朝倉です。

つづく

| | コメント (3)

2017年11月 8日 (水)

九重へ

先の日曜日、天気が良かったので思い立って九重へ行ってきました。
行き先は飯田高原の長者原、、いつ来ても、どのような季節でも美しい姿を見せてくれます。

紅葉を・・と思っていたのですが、残念ながら既に遅く、葉もだいぶ落ちてしまっていました。

それでも、、十分美しい。
Cimg6046


タデ原湿原から、硫黄山を遠望したショット。

Cimg6076


すすきが季節を感じさせます。

その後はやまなみハイウェイを北上して、私のホームグラウンドとも言える奥別府の志高湖へ。
Cimg6091


ここでは若干の紅葉を楽しむことができました。
春から夏は、ここでキャンプをするのが30年来の我が家の恒例になってます。

別府へ下って温泉に入り、帰宅。
晴天に恵まれて、日帰りながらもちょっとした旅行気分を味わった休日でありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧