2017年3月27日 (月)

平成最後のヒーロー

痛みに耐えてよく頑張った、感動した 
という、小泉元首相の言葉を思い出したのは私だけではなかったでしょう。

稀勢の里、まさかの逆転優勝。

左肩負傷を押しての強行出場。
好調の照ノ富士を相手に、本割、優勝決定戦の二連勝は、恐らく日本中の誰も予想はしてなかったことでしょう。


めったに喜怒哀楽の表情を表さない稀勢の里が、日馬富士戦のあとに見せた苦悶の表情、、そして、土俵に上がり直すこともできなかった状況を考えると、左肩の痛みは常人の想像を上回るものであったと思われ、それを押しての出場は、やはり考えにくいことであったと思います。

実際、相撲協会の中からも出場を揶揄するような声が出ていました。


しかし、それを知っての強行出場は、新横綱としての責任感なのか、意地なのか、美学のようなものであるのか?
あの、貴乃花の時もそうでしたが、満身創痍で土俵に上る姿をハラハラしながら見守り、その後の勝利に感情が湧き上がるような熱い思いを抱いたこと、、それが長い時を経てまた目の前で再現されました。

君が代を聞きながら男泣きにないた姿は、新たな、そして恐らくは平成最後のヒーローを生んだ瞬間となるように思われ、今後長く語り継がれることでしょう。


それにしても、今場所の稀勢の里は今までとは明らかに違う。
あの、プレッシャーに弱く、ここ一番でころっと負けてしまう姿は片鱗もありませんでした。

立場が人を作る・・ということなのでしょうか。。


日本中を感動に巻き込んだ千秋楽。
ただ、その感動の中で、貴乃花の場合は強行出場が仇となり、傷が致命傷となって引退へ追い込まれることになりました。

稀勢の里も左肩も心配ではありますが、しっかりと養生し、また夏場所に元気な姿で戻ってきてほしいと願うばかりです。


D_08931303


おめでとう、稀勢の里。

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

稀勢の里 ついに

ついに稀勢の里の初優勝が決まりました。

まあ、優勝は一昨日に白鵬の敵失で決まってはいたのですが、やはり千秋楽の直接対決を制して有終の美を飾ったのは見事。
テレビの前で、思わずよ~し。。と叫んでしまいましたぁ

十分な力を持ちながら、いつもここ一番のプレッシャーに負け、優勝を逃してきたのはご承知の通り。
全国の相撲ファンをじりじりさせ続けたのは間違いなく、それがさらなる重圧となって力が発揮できない悪循環に囚われていたようです。

それが、、昨年初場所の琴奨菊の優勝を期にして、何かが変わったようです。
優勝には届かないものの、常に好成績を上げて優勝レースに絡み、昨年は年間最多勝をとり、先場所は三横綱を撃破するという見せ場も作ってくれました。

そして今場所。。
後半に相撲の安定感が乱れてくるといういつもの癖も垣間見られ、また崩れるかな? と思っていましたが、最終盤ではまた安定感を取り戻し、逸ノ城、白鵬を相手に見事な相撲を見せてくれました。

遅咲きの逸材。
来場所は横綱として土俵に立つことになりますが、19年ぶり、若乃花以来の日本人横綱として、角界に歴史を刻んでいってほしいと願います。

いつも仏頂面で、それが逆に魅力でもありますが、ニコッと笑う顔にもたまらない愛嬌があります。
今年は、この笑い顔がたくさん見られるように・・・期待しています。

優勝おめでとうございます。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

九州場所観戦記

それにしても・・・

プレッシャーのない稀勢の里は、なぜあんなに強く・・
プレッシャーのかかった稀勢の里は、なぜあんなに弱いのか?

九州場所も盛り上がってきました。


実は、先週の中日に九州場所観戦に行きました。
我が家、毎年の恒例行事であります。

その時は、まだ豪栄道も一敗しかしておらず、危なげな相撲ではありましたが、なんとか白星を拾って、会場中が安堵したのが印象的でした。

それ以外は番狂わせも起こらず、枡席でダラーっと見ていたのですが、、
とその時。。。観客席に綾瀬はるかを発見!!

うわっ プライベートで観戦に来ているのか?
綾瀬はるかが相撲好きだったとは知らなかった。

相撲好きといえば市川紗椰が有名で、去年は九州場所にも来ていたはず。
しかも、ポール・マッカートニーまで。

そう言えば、3年前にはオリンピックおじさんがいたっけ。
ならば、綾瀬はるかが来ていたとしても不思議はない・・・など、まったく論理的でなく混乱してしまったワタクシであります。

力士の手形色紙に、綾瀬はるかのサインを貰おうか???
( ̄ー ̄)ニヤリ


しかし、彼女は座るとちょうど見えなくなる位置にあり、手前の客の首が振れるとわずかに横顔が垣間見えるほど。

手前のおっさん・・ちょっと右に寄れよ・・ と、念を送ったりして、もはや相撲観戦なのか、有名人鑑賞なのか分からなくなってしまいましたわよ。

弓取り式が終わり、観客が立ちはじめてようやくはっきりと見ることができたのですが、綾瀬はるかではなく、全く別の人でありました。

_| ̄|○

そんなこんなで、どうにも締まらない相撲観戦ではありましたが、宇良も、石浦も、遠藤も勝ったので、それは良かった。

これからは、この三人に期待です!!


グダグダなブログだな・・こりゃ

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

内弁慶シリーズ・・再現か?

日本シリーズがすごいことになってますね。

(@_@。

初戦から広島二連勝となったときは、流れは広島で、敵地の札幌で緒方監督胴上げか? と思ったものですが、札幌に移ってガラリと変わりましたね。

しかし、どの試合も、さすが日本シリーズと言えるしびれるような劇的な内容で、見ごたえがあります。

ホークスが出ているのならば、感情が先に立ってイライラ、ハラハラしっ放しとなりますが、今回は客観的に、純粋に頂上決戦の醍醐味を味わうことができますので、それはそれで楽しい♪

それにしても、今年はいずれもホームで勝つという久々の内弁慶シリーズとなってます。

内弁慶・・・と言えば、10年以上前のホークス対タイガースを思い出しますな。
あの時も、福岡で二連勝後、甲子園で三連敗・・・そして、福岡に戻って二連勝してホークスが優勝を決めたんだっけ・・・

究極の内弁慶シリーズと呼ばれましたね。

さて、今年はその再現となるのか?
それとも、日ハムが敵地広島で優勝を決めるか?

決戦はこの土日。
もし最終戦までもつれ込むようだったら、広島まで見に行こうかなぁ?

スタジアムに入ることはもちろん無理でしょうけど、スタジアムの横で、球場内の熱気を感じることはできるかも?

日曜日の天気は??
と、天気予報が気になっているのでございます。

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

ホークスのシーズン終わる

ホークスの今シーズンが終わりました。

今年は出だしから首位を独走で、夏頃にはマジックも点灯するのではないかとの勢いでしたが、その後の大失速と、日ハムの怒涛の追い上げで土壇場に追い詰められ、ついには逆転負けという顛末。

最大11.5ゲーム差をひっくり返されるという、球史に残る、、そして、ホークスファンにとってはおそらく一生語り継がれることになるであろう、屈辱のシーズンでもありました。

CSで再逆転、リベンジを・・・と思ったファンも大勢居ましたが、結果はシーズン後半を象徴するような試合運びで、やはり日ハムとの実力差がそのまま反映されたエンディングとなったように思います。

でもね、これで良かった。。。 (負け惜しみではなく)

このブログでも繰り返し書いているように、CSの意義とは単にシリーズ終盤における間延びを解消するだけのものであり、それによって興行収入を稼ぐためのものでしかありません。
シーズン全体の結果が、単なる数試合によってひっくり返されるのはどう考えてもおかしなことであり、どのようにもっともらしい説明をされても納得できるものではありません。

シーズンが終わった時、下克上。。なんて言葉をよく聞きましたが、下克上が成った後に行われる日本シリーズは、一体どのような意義を持つのか?
下克上は、日本シリーズの権威をもひっくり返し、否定してしまうことになることになることを、野球関係者はもっとよく考えるべきであると思います。


結果として、今年の日本シリーズは、昨年に引き続き両リーグの覇者同士が対決するようになったので良かったのですが、今後、両リーグの3位同士が対決するようなシーズンがあるかもしれません。
その時の日本シリーズの勝者を、球界一位の球団と言うことができるのか?

繰り返しになりますが、そのような事態が起こる前に、今一度CSのあり方を考え直すべきです。


・・・とは言いつつも、CSが始まってしまうと、やはり期待してしまうのも正直なところ。
負けてがっかりしたのも事実ではありますが、でも、どこかでホッとしているのも本音であります。

もし、CSで勝ち抜けて日本シリーズに行くことになっても、喜びの中に数%ほどはどこか割り切れないモヤモヤとした気持ちがこびりついた状態での観戦になっていたことでしょう。

そう考えると、やはりこの結果でよかったのだ・・・と思ってます。


さて、次は日本シリーズ。

お隣さんの広島を応援すべきか? それとも、同じパ・リーグの覇者である日ハムを応援すべきか?
いずれにしても、今年は落ち着いてシリーズ観戦できそうです。

野球シーズンもいよいよクライマックス。
最期まで楽しみたいと思います。


| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

日本ハム 優勝おめでとう

日本ハム 優勝おめでとう。

ホークスファンとしては悔しい限りですが、ハムの後半の追い上げ、そして、何と言ってもホークスの失速が招いたこの前代未聞の事態は、新たなメイクドラマとして球史に刻まれることでしょう。

失速の中でも、特にハムとの直接対決に大きく負け越してしまったことが一番大きかった。
やはり、直接の敵との勝負に勝てなければ、ペナントレースを制することはできませんね。

ここ地元では、CSがあるのでそれでリベンジ! という空気となっていますが、、
確かに、それはそれで盛り上がるだろうし、期待もしたいとは思いますが、、、

私自身はCS否定派で、日本シリーズにはリーグ優勝したチームが行くべきと思ってます。
なので、仮にホークスがCSで勝ち上がったとしても、純粋に日本シリーズを楽しむことはできないだろうなぁ。


CSと言えば、CSがプレーオフと呼ばれていた時代を含めて、ホークスはリーグ優勝を果たしながらも日本シリーズに出場できないという煮え湯を、数度に渡って飲まされたことがありました(一昨年の巨人もそうだったよね)

確かに、CSはリーグ後半を盛り上げるために、興行的には良いシステムなのかもしれませんが、同時に、これが日本シリーズの権威を貶めることにもなっていることをよく理解する必要があると思います。

もし仮に・・・ことしの日本シリーズに広島も日ハムも出場できない事態となったら?
そんなシリーズにどのような価値があるのか?

しかし、でも、、
やっぱり、まだホークスの試合を見ていたい、、という思いもあるのは否定できないところで、そんなこんなで悶々としているのでありますな。

ともあれ、ファイターズ優勝おめでとうございます。
後半の追い上げは本当にすごかった。
はるか後方から、少しずつ追い上げられる不気味さと恐ろしさで、今年のシリーズはホークスファンにとって本当に忘れられないものとなりました。

好敵手あって、チームも強くなる。
これからも切磋琢磨して、パ・リーグを盛り上げていってほしいと思ってます。

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

意地を見せてくれ

ちょっと遅くなったけど、広島、優勝おめでとう!!!!

まだクライマックスシリーズが残っているけど、今の勢いだったら勝ち抜けは間違いないでしょうね。


となると、、夢の超ローカル日本シリーズ実現のためには、ホークスがどうなるか? なのですが、、
どうなるのでしょう??

昨年は全く危なげなく、安心して見ていられたのですが、今年は前半の余裕から、一気に後半の落ち込みに引きずられて、ファンの心理もジェットコースターのようですな。

そういえば、一昨年もオリックスとぎりぎりのデッドヒートを繰り広げたっけ・・・

今年は日ハム。
非常に手強い相手ではありますが、なんとか意地を見せてほしいものです。


意地といえば・・・

稀勢の里もね。

来る九州場所は、、横綱になっての土俵入りを見たいものですが・・・

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

超ローカル日本シリーズは実現するのか

昨日は、カープの優勝の瞬間を見届けるために、テレビやインターネットをずっと見ていましたが・・
優勝は持ち越しとなりました。

私はカープファンではないのですが、しかし、カープの優勝で以前から夢見ている西日本超ローカル日本シリーズが実現するのではないか・・と、多大なる期待を寄せているのであります。

もちろん、ホークス対カープです。

福岡と広島 両都市の距離は、新幹線で一時間ほど。
お隣さんと言っても良いくらいのもんです。

なので、この2球団が激突するとなると、九州~中国の西日本は、きっと前例のない異様な盛り上がりになるに違いない。
是非、それを見てみたいし、そして、その興奮の中に自分も浸りたい。

ずっと思い続けてきたところに、今年のカープの大躍進。
夢が実現する・・と思っていたのが、ホークスのまさかの大失速でございます。

昨日も負け・・・ ファイターズとのデッドヒートはおそらく最後まで続くことでしょう。


さて、期待の超ローカル西日本日本シリーズは実現するのか??
ジリジリする日がまだまだ続きそうですなぁ。

ペナントレースとしては面白いけどね・・

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

上がったり下がったり

忙しくなりました・・・・

早朝からオリンピック、
昼間は高校野球、
夜はプロ野球、
そして、深夜は再びオリンピック。

いや~大変じゃ。


昨日は、400メートル個人メドレーのダブルメダルに興奮したのですが・・・・
しかし、九国大付は破れ、ホークスも負け(ホントに、日ハムに弱いよね) 上がったり下がったりの一日でありましたな。


さて、今日は今からサッカー予選。
コロンビア戦。

テレビにかじりつく・・わけには行かないので、ラジオを聞きながら、ピンポイント観戦する予定です。

上がったり下がったり・・

きょうは上がりっぱなしの一日になってほしいものですな。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

ああ 稀勢の里

ああ、今場所もダメか・・・

と、ラジオを聞きながらため息を付いたのでした。

稀勢の里

今場所は・・いや、今場所こそは・・ と期待していたのですが・・・

プレッシャーに弱いと言われ続けていた大関の取り組みが変わったのは、琴奨菊が優勝した後のこと。
そうだよ、目の前で優勝を見せられて、発奮しないはずはない。

安定感のある相撲は、特に先場所の取り組みは、横綱の風格を漂わせるものでした。

それだけに、今場所は期待をしていたのですが・・


横綱は宿命。
運も呼び込まないと、、 と言っていたのは、白鵬でした。

その白鵬が一敗、二敗、三敗、と失速し、鶴竜が休場し、という、まさかの敵失によって訪れた好機。
千載一遇のチャンス、白鵬の言う運が転がり込んできた今場所。

宿命的な、ドラマチックな展開に全国の相撲ファンは固唾を呑んだことでしょう。

しかし、この運命の一戦で稀勢の里の悪癖がでてしまったのか?
プレッシャーに弱い・・・やはり、その根っこは変わっていなかったのか。

優勝の可能性は残っていますが、今場所での横綱昇進は絶望的。
う~ん、残念です。

願わくばあと二番、会心の相撲で来場所につなげて欲しいと願う次第です。


がんばれ、稀勢の里。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧