« 油断していたら | トップページ | 屋根の修理をします »

2021年3月 1日 (月)

夢を見ました

夢を見ました。

日が暮れた街。
その街に見覚えはありませんが、なんか懐かしい雰囲気の佇まいです。

夕食時なので、どこかお店に入ろうとするのですが・・・
お店の窓の中に灯りは点いているのですが、暖簾などは仕舞われていて、入り口にも鍵がかけられてるようです。

見渡すと、そのようなお店がちらほら・・・
窓からもれる明かりで通りはほんのり明るいのですが、人は全く歩いていません。

窓に耳を近づけると、中には人もいるらしく、小さな話し声もするのですが、しかし明らかにお店は開いていない。

どうしよう? と思ったところで目が覚めました。

ーーーーー
これって、、夢じゃなくて正に現実であります。
架空の街というところが違うだけで、その他のことは全てこのひと月半の間に起こっている光景です。

毎日のように閉店の情報が相次ぎ・・
あの店も、この店も、、という感じ。
街がどんどん寂しくなってます。

ここ福岡は、今日から緊急事態宣言が解除となります。
夢にまで刷り込まれたこの風景は果たして変わっていくのでしょうか?
分岐点の3月が始まりました。

|

« 油断していたら | トップページ | 屋根の修理をします »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油断していたら | トップページ | 屋根の修理をします »