« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月30日 (火)

修理に行きました

修理に行ってきました。

およそ19年ほど前、まだ駆け出しだった頃に製作した下駄箱。
扉が重くなったということで、調整用の鉋などを持って訪問。

どのような状態になっているのか? ちょっとドキドキしましたが、本体は特に問題は無し。
扉を引いてみると確かに重い。

外して調べてみると、扉の底部がわずかに凸に反っていて、これが溝に当たって重くなっている模様。
凸部分を鉋で削ってセットしてみると、スムースな動きに戻りました。

扉は2枚あり、もう1枚は・・・
これはまた症状が異なり、滑車を固定している部位が経年で2ミリほど伸びたようで、このために滑車の動きが妨げられて動きが重くなっている状態でした。

一般的に、木は経年で収縮するはずが、ここに関しては伸びに転じているという状態。
下駄箱を置く玄関先、その床に近い部分は湿度が高いためなのか? 
いずれにしろ、想定外の事態でありました。

ここは現場で調整することはできず、持ち帰って手直しをすることになりました。

19年前の処女作とも言えるようなもので、当時の思いや情景が戻ってくるようでした。
稚拙な部分も多々ありますが、それでも当時にあっては一生懸命作った思い出の品でしばし感慨に浸っております。

本日手直しをして、明日取り付けに行く予定。
あれから19年、、そして、これからも同じ年月しっかり働いてくれるように、、しっかり調整します。

| | コメント (2)

2021年3月26日 (金)

ぎっくり首再発

ぎっくり首再発(TдT)

前回は下が向けませんでしたが、今回は上と横が向けません。。
またまた湿布のお世話に・・・・

前回は二日ほどで戻りましたが、今回はどうかなぁ~?
寄る年波・・・最近はまともな日がありません。

(´Д`)ハァ…

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

年度末とマイナポイント

いつの間にか年度末・・・
まあ、個人事業のアタシにとってはあまり関係ないけどね。

さて、マイナンバーカードのことなのですが。
以前、オンライン申請をしたら写真不備との返信が来たので、写真を取り直して再申請した・・という顛末をブログに書きました。

再申請後は無事に受け付けられたのでしょうか、、不備だのという連絡はありません。
が、不備の連絡もありませんが、それ以外のな~んの連絡もありません。

最申請からひと月ほど、ナシのつぶて (-_-;)
どうなってんのかね~?

そもそも、マイナンバーカードを申請したのはマイナポイントが欲しいという小市民的欲求によるもの。。
もう年度末で、未だに何の連絡もないし、一体マイナポイントはどうなるのかね??

いつもはあまり関係ない年度末ですが、今年はちょっと気になる年度末。
さて、私のマイナンバーカード、そしてマイナポイントはどうなる??

つづく・・・

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

枝垂れ桜と大楠

築上町の枝垂れ桜が満開とのことで、見に行ってきました。
Img_20210319_150448Img_20210319_150531

ここは今まで知らず、初めて行きましたが見事なものでした。
枝垂れ桜は特有の雰囲気があって、しっとりとして優美な感じがしますね。

コロナの影響で人出は少なく、ゆっくりと鑑賞できました。
夜はライトアップされるようで証明も設えられており、地元のテレビ局も取材に来ていました。

Img_20210319_151934

近くには巨大な楠が・・・
これも知りませんでしたが、今まで見た大樹の中では紛れもなく最大で驚きました。

説明板によると、幹周りは20メートルを超え、全国4位の大きさだということです。
いやびっくりした。。

桜と大楠を見て体内にエネルギーがチャージされたような思いがします。
木を扱う者として、改めて木に対する畏怖の思いが新たになりました。

桜は今週いっぱいまでかな?
興味のある方・・是非訪ねてみてください。

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

朝イチ 材木 週初め

朝イチで材木が到着。
早~っ

まだ受け入れ場所の整理ができてなく、慌てて材をあっちへこっちへどけて置き場所を急拵え。。
運送屋さんと一緒にえっちらおっちら運び込みました。

おかげで、週初めの朝から筋肉が震えております。
まあ、連休の休みボケを解消するカンフル剤にはなったけど。。

さて、この材を扱うのは週の半ば頃。
良い家具に仕立ててやるからね~ と、積み終わった材を見て思ったことでありました。

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

鉋の口埋め

さて、久しぶりにちょっと手強い材を扱うこととなりました。
まだ駆け出しだった頃にかなり手こずって、また、良材が手に入りにくことも相まってその後はほとんど扱うことがなかった材です。

あのころよりも少しは技術も上がってるだろうから、まあなんとかなるじゃろ。

まずは道具のメンテナンスから、、、今日は一年ぶりに鉋の刃口埋めをして切れ味を上げておくこととしましょう。
道具のメンテナンスは、やっているうちに無心になってくるので精神安定上なかなか良いものです。
春の陽気の中、静々と進めていきましょう。

| | コメント (2)

2021年3月17日 (水)

春の天気は変わりやすい

春の天気は変わりやすく、昨日はまとまった雨が降りました。

我が家は屋根の修理中。
それに伴って雨といは全て取り外しています。

なので、雨が降ると屋根から雨水がそのまま落ちる。
その下には材木置場が・・・

材木置場の上にも簡易的な屋根があるのですが、母屋の屋根との取り合いが微妙で、雨樋がないと雨水が材木に落ちてくるのであります。
おまけに、半屋外にある研ぎ場にも雨滴が落ちて厄介。。。

昨日は雨とい業者が来て寸法を測ってましたが、早く取り付けてくれ~

今日は晴れ、明日も晴れのようですが、その後はまた雨になるとのこと。
材木の上に合板を乗せて、なんとか急場をしのがねば・・

春の天気は変わりやすい。
厄介じゃな~

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

分解式丸テーブル

新作のご紹介。
20210226-018

直径120センチの大きな丸テーブルです。
ローテーブルで、6人くらいまで一緒に使うことができます。

車座になれるのが丸テーブルの良いところで、お互いの距離が近くなり、すべての人が同じ話題で盛り上がることができますね♪

20210226-013

脚周りは面白いデザインで、ちゃぶ台のような形をしています。

実は、当初はちゃぶ台のような折りたたみ式の脚をご希望されていたのですが、ちゃぶ台方式で製作するには120センチの天板は大きすぎる。
脚の可動部の強度や耐久性なども含めて諸々を考えると、長期的に見てあまりお勧めはできません。

20210226-001

ということで、脚分離式の構造としました。
脚は六角レンチ一本で簡単に固定でき、可動部がないので長期的な耐久性、そして安定性も抜群です。

20210226-021

脚周りのデザインはちゃぶ台の意匠を踏襲して、ロの字型の幕板を天板裏に貼り、この内側に脚が立つ構造としました。
ちょっと懐かしい雰囲気がするでしょ^_^

20210226-009

そして、素材は家具用材の女王とも呼ぶべきブラックチェリーです。
桜の季節に、桜色の木肌はことさら美しく見えますね。

柔らかな印象の丸テーブル。
もちろん、ご指定のサイズで、そしてお好みのデザインで製作致します。
お問い合わせ、お待ちしております。

お届け先 埼玉県

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

菜の花咲き誇る

陽気に誘われて菜の花を見に行きました。
Img_20210314_142444_burst_01

島の先端にあるお花畑。
人出はまばらで、ソーシャルディスタンスはバッチリ。
Img_20210314_135518_burst_01Img_20210314_135430

花壇もよく手入れされていていろいろな花が咲き誇っていました。

桜の開花情報も届く時期。
昨日は花見の計画がことごとく中止になり寂しい思いをしましたが、今年はどうなるかなぁ?

密にならない桜はどこにある?
現在調査中であります。

| | コメント (2)

2021年3月12日 (金)

今日中に提出する

今日は一日雨らしい。。
よし、今日はデスクワークに徹して、今日中に確定申告を済ませてしまうことに決めた!

まだやってなかったの?
と、呆れられそうですが、今年は期限がひと月伸びております。
(期限が延びると、そのままズルズルと引き伸ばしてしまう性格はいかんね)

ともあれ、今日中の提出を目指して頑張る!!

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

あれから10年

10年前の今日は長男の中学校卒業式でした。
式は午前中に滞り無く終わり、記念撮影などをして帰宅。

その後、家族で外食をした帰り道、車のラジオで第一報を聞きました。

東北に大きな地震があった模様。
そして、津波警報が発令されているとのこと。

その津波高さの数値が続報が届くに従ってどんどん大きくなってくる。
これはただ事ではないのではないか? と思い、帰宅してすぐにテレビを点けました。

その後の状況は周知のとおりです。。

あの時、こんな惨事は私が生きている間はもう二度と起こらないだろうと思っていたのですが・・
その後も地震や水害、そして今回のコロナ。
厳しい環境は続いています。

あの日、中学校を卒業した長男は、今は中学校の教師として明日の卒業式に出席します。
子どもたちの時代は良い時代になることを願ってやみません。

| | コメント (3)

2021年3月10日 (水)

新酒の季節

新酒の季節です。
新酒を見ると、春が来たなぁ~ と思いますね。

例年なら週替りで蔵開きがあっており、これらに出かけるのが早春の楽しみであるのですが、昨年に引き続いて今年も軒並み中止。
Img_20210307_133605

イベントは無く、少しの試飲と販売のみで寂しい限り。
例年ならびっしりとなる人出もなく、新酒を求める客がぽつりぽつりと来るばかりです。

残念なことですが、しかし酒の出来は上々でありました。

春も近くになりましたが、コロナはどうなる?
来年は蔵開きができますように。。

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

密もいいとこ

先日の休日、、プチ外出。
白壁のきれいな街でした。
Img_20210228_162714

時節柄、お雛様の展示をあちこちでしており・・
Img_20210228_140158

さげもん、、があったりと、なかなか優美なことでありました。

我が家は息子二人だったのでお雛様には縁がなく、もっぱらこのような時に見るばかり。
華やかな雰囲気に春の到来を感じます。

ところが・・・・
Img_20210228_163034

入ってびっくり(*_*)
密もいいとこ。。。

もちろん、2年前までだったらただ圧巻の光景に圧倒され感心していただけの事でしょうが、その後の刷り込みで密になることの忌避感が出来上がってしまってるのでしょう。
ちょっとした衝撃と違和感を思わず感じてしまったことでした。

飾り雛も1メートルほどの距離を空け、マスクをしていたら洒落が効いていただろう。。なんて思ったりも・・・

ただ、雛は過密でも人出はさっぱりで、せっかくの白壁通りも閑散としていました。
宣言は空けましたが、日常が戻るのはまだまだ先になりそうです。

| | コメント (2)

2021年3月 6日 (土)

ぎっくり首?

突然の首痛で二日ほど動きが取れませんでした(T_T)

特段の前触れもなく、気がつくと首の右後ろに痛みが走る。
まっすぐしていたら問題はないのですが、ちょっと首を傾けるとピキッ・・

下を向くことができないし、シャツを着るのも困難。。

イメージとしては、ぎっくり腰が首に現れたような感じです。
ぎっくり首なんてあるのかしらん?

整形外科に行こうかと思いましたが、これじゃ運転もできず・・
で、お客さんからもらっていた湿布を貼って様子を見ることにしました。

すると、その湿布が効いたのかどうかは分かりませんが、症状は急速に改善し、2日ほどで実生活には支障がないほどまで回復しました。

今も痛みは残っていますが、この程度であれば作業にも支障はありません。
大事を取って土日は休息して、週明けからは先延ばしにした板接ぎなどやっていきたいと思ってます。

加齢のせいでしょうかね?
無理が効かない年齢になっているのは十分自覚していますので、静々と進めていくしかありませんね。

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

湿布をして

先ほど勘違いをして一週間後に書くはずだった記事を上げてしまいました。
ラジオで震災絡みのニュースが流れていたので完全に勘違いをしてしまった(;・∀・)

そのせいか、首筋に痛みが・・・
一昨日から首を動かすと右後ろの筋肉が痛みます。

半年以上続いた五十肩が治ったばかりなのに。。
一つ終わると、もう一つ何かが出てくる。
寄る年波には勝てません。

とりあえず、お客さんからもらった湿布をして・・・
(お客さんが気を使って湿布をくださる状況がすでに情けない・・)

それで様子を見よう。
大事になりませんように。

| | コメント (2)

2021年3月 2日 (火)

屋根の修理をします

三寒四温。
昨日は暖かかったのに、一転して今日は寒い雨が降ってます。

本日から母屋の屋根の修理が始まります。
築年数45年ほどの古家ですので、あちこち痛みがあります。

先日の強風で雨といが破損し、これを機に屋根と樋を合わせて修理することになりました。
今、家の周りに足場を組んでいるところで、寒い中での作業に頭が下がります。

さて、私の方は・・・今日は木取り。
寒いけど・・・頑張りましょう。。

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

夢を見ました

夢を見ました。

日が暮れた街。
その街に見覚えはありませんが、なんか懐かしい雰囲気の佇まいです。

夕食時なので、どこかお店に入ろうとするのですが・・・
お店の窓の中に灯りは点いているのですが、暖簾などは仕舞われていて、入り口にも鍵がかけられてるようです。

見渡すと、そのようなお店がちらほら・・・
窓からもれる明かりで通りはほんのり明るいのですが、人は全く歩いていません。

窓に耳を近づけると、中には人もいるらしく、小さな話し声もするのですが、しかし明らかにお店は開いていない。

どうしよう? と思ったところで目が覚めました。

ーーーーー
これって、、夢じゃなくて正に現実であります。
架空の街というところが違うだけで、その他のことは全てこのひと月半の間に起こっている光景です。

毎日のように閉店の情報が相次ぎ・・
あの店も、この店も、、という感じ。
街がどんどん寂しくなってます。

ここ福岡は、今日から緊急事態宣言が解除となります。
夢にまで刷り込まれたこの風景は果たして変わっていくのでしょうか?
分岐点の3月が始まりました。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »