« スーパークローン美術展 | トップページ | 材は一番下 »

2020年11月11日 (水)

うまくいきますように

着色中です。

家具作りの最終工程は塗装で、通常はクリア仕上げですが、時々は着色することもあります。
この着色、、とても気を使う作業です。

まず、木肌の素地をきちんと均一に仕上げていなければなりません。
どこかにムラがあると、着色によってそれが強調され、仕上がりの品位が大きく損なわれてしまいます。

また、着色工程そのものも繊細な配慮が必要で、油断をすると着色ムラができ、やはり良い仕上がりになりません。

しかも、着色工程はやり直しができず、失敗すると全てが水の泡。。
天板などの平滑なものであれば削り直しもできますが、キャビネットなどのように組み合わせたものはもうどうしようもありません。

今まで散々の失敗もしてきて、それなりの経験も積んできてはいますが、やはり刷毛を落とすときは今でも緊張しますね。

慎重に慎重に・・今回もうまくいきますように。。

|

« スーパークローン美術展 | トップページ | 材は一番下 »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパークローン美術展 | トップページ | 材は一番下 »