« 万全の体制で | トップページ | オンリーワンの書斎机 »

2020年10月16日 (金)

金具を買う場合

金物を買う場合、問屋へ行く、ホームセンターへ行く、ネットで買う、という3つの方法があります。
開業当初は、家具専用の金具は問屋にしか無かったので、わざわざ往復150キロ以上を走って大川市まで買いに行ったものです。
(今となっては懐かしい)

問屋購入の場合、バラ買いはまずできませんので箱買いとなります。
もちろん一個単位で考えれば安いですが、2娘必要なのに50個も買わされる事となったりします。
さらに、往復にかかる時間を賃金換算して、高速代や昼食代まで入れると相当高いものについていました。

次第にネット通販が充実し、家具専用の相当にマニアックなものまでバラ買いできるようになりました。
が、一個単価は相当に高い(@_@)
加えて送料がかかるので、例えば50円の金具に対して1,000円ほども送料がかかったりしますし、代引き手数料まで加えると単価の30倍以上を払うことになったりして釈然としない、、という時代がしばらく続きました。

今は、アマゾンの品揃えがかなり充実していて、極めて特殊なものでなければ大体手に入ります。
プライム会員だと送料が無料だったり、お急ぎ便で翌日には着荷するのもありがたい。

が、まとめ買いでないと購入できないものもあったり、同じものでも出品者によって価格、送料が違ったりと、それはそれでややこしい。

これらを考えながら、最も合理的な購入先を考えるのも大変で、昨日は半日ほどかけてネット検索をしてしまった次第。
時間を賃金換算するといくらになるのか? (;´Д`)

一生懸命検索してポチったものが、普通にホームセンターにあったりして、あら~っと思ったり。
次に、それを当てにしてホームセンターへ行くと、もう取り扱ってなかったり。。。

金具を買う場合・・・ それは毎度悩ましい葛藤がある、、という木工屋のボヤキでした。

|

« 万全の体制で | トップページ | オンリーワンの書斎机 »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万全の体制で | トップページ | オンリーワンの書斎机 »