« 新しい金具 | トップページ | ボーッとしながら »

2020年10月 5日 (月)

アレルギー反応との戦い

咳の季節がやってきました。
季節の変わり目、肌寒さが感じられる頃になると必ず咳がでるのが毎年の恒例となっています。

以前診察を受けたところ、なにかへのアレルギー反応で、花粉症のようなものです・・との診断でした。
ひどい時は咳が続いて呼吸も困難になるほどで、咳喘息と言われたこともありました。

対策としては、とにかく席が出ないように初期の段階で抑え込むこと・・
ちょっとでも予兆が出たら、市販の風邪薬を飲んで咳が出ないようにする。

咳が出なければ呼吸器官へのダメージも少なく、アレルギー反応を更に悪化させることもない。
このようにして、ここ十年ほどは悪化を防いで抑え込んできました。

さて、今年・・・
やはり数日前に予兆が出て、早速風邪薬を買いに行きました。

今年はコロナという事情もあり、人前での咳は特に憚られるところ。。
とにかく抑え込んで、この二週間ほどを乗り切ればおそらく大丈夫。。

アレルギーとの戦い・・決戦開始です。

|

« 新しい金具 | トップページ | ボーッとしながら »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

その症状出たことあります。
2年前くらいに海外で初めてでて、それで治らず呼吸困難で帰国したことあります。

日本で喘息の吸引薬をもらってなおりました。

いまだに原因がよくわからないんですが、お香の煙がきっかけだったとおもいます。
旅先の飛行機のエアコンなども原因になったりもします。

最近はマスクのおかげで、そのようなことは起きていません。
お大事になさってください。

私も血液検査を久しぶりにしたら、疾患がわかりました。一応、精密検査の結果待ちですが、なんで今まできづかなかったのかなと思っております。

そんなわけで、海外で生活出来る身体ではないなぁと新ためて感じております。
疲れやすく、虚弱体質なのはそれが原因だったとは。。。

投稿: | 2020年10月 5日 (月) 11:51

私はこの時期の咳込みが恒例で、10年ほど前は呼吸困難で命の危険を感じたほど悪化しました。

調べるとアレルギー反応とのこと・・
アレルゲンの特定はしませんでしたが、主なもので30種類くらいはあるのでは? とのことでした。

咳き込むと器官が傷つき、それがアレルギー反応を助長して更に悪化するマイナススパイラルになる、、
このため、初期段階でとにかく席が出ないようにすることが肝要・・とのこと。

なので、それ以来ちょっとでも予兆があるとすぐに風邪薬を飲むようにしてます。

それが功を奏して、以降はたいして悪化せずに過ごすことができるようになりました。

海外生活は気が付かないストレスも多いことと思います。
検査結果で大事がないことをお祈りしております。

どうぞ、ご自愛いただきますよう。

投稿: 栗原@simple | 2020年10月 6日 (火) 10:50

慢性上咽頭炎とか、後鼻漏かなとおもっていたんですが、アレルギーの可能性もあるのですか?

とにかく、これは早めに治さないと、呼吸困難に陥りますね。


今もたぶんその症状が出てきていますが、マスクして寝たらよくなりました。

年を取ると、なったことのない病気に襲われるようになってきて怖いです。


投稿: | 2020年10月 6日 (火) 12:39

私の場合はこの時期特有の現象であったので、アレルギーを疑い、検査したところビンゴでした。

おっしゃるように、早めに原因を特定して治療に務めるのがベストと思います。

どうぞ、お大事にされてくださいね。

投稿: 栗原@simple | 2020年10月 6日 (火) 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい金具 | トップページ | ボーッとしながら »