« ターニングポイント | トップページ | 突然集金 »

2020年9月24日 (木)

蜂の巣 その後

軒の下にアシナガバチが巣を作った話、、の続き。

駆除しようかと思いつつもしばらく様子を見ていました。
台風10号の時に巣が落ちるかな? とちょっと期待していたのですが、無事にやり過ごして今に至ります。
(たいしたもんだ)

巣が大きくなるのでは? と危惧していましたが、そのようなこともなく現状維持。
働き蜂が飛んでも攻撃をしてくるわけではなく、まあ、実害はありません。

ずっと見ているうちに次第に情が映ってきた感じもあり、懸命に飛ぶ働き蜂が可愛くも思えてきました。

それが、、
一週間ほど前でしょうか? 突然蜂が居なくなったのです。

以前いただいたコメントによると、秋を過ぎると巣は空になるとのことでしたので、その時期が来たのでしょうか?
数日間観察を続けて、やはり蜂がいる気配はなし。。

ならば、巣を取り外そうか、、と思って先ほど改めて巣を見たところ、、
あれ? 蜂が戻ってる。。
二匹ほどですが・・・

さてどうしたものか?
巣の観察・・もうしばらく続きそうです。

|

« ターニングポイント | トップページ | 突然集金 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

蜂が数匹戻ってきたというので…。
・巣の中に幼虫が見えますか?
・蛹室の白または黄色のフタが食い千切られていませんか?
・巣の下の地面にアシナガバチの死骸が落ちていませんか?
このような状況ならコガタスズメバチかオオスズメバチに襲われて滅び、スズメバチの子育てに使われました。

蛹が健全に羽化した時は、フタはきれいに除かれ、繊維くずがありません。
羽化し巣立った時は沢山の蜂が暫く近くを飛び回っています。(掴んだり、払ったりしなければ刺しません。)
その後、働き蜂は段々に数が減り、「そして誰もいなくなった」となります。

投稿: 油注し | 2020年9月24日 (木) 21:28

いつもコメントありがとうございます。

改めて確認してみたところ・・幼虫は見えませんが、フタが破れたような痕があります。

また、下に蜂の死骸が一匹落ちていました。

巣の上にも二匹確認できますが、動かず、これもどうやら死んでいるようです。

スズメバチに襲われたのでしょうか??


いずれにしろ、巣は静かであたりを蜂が飛び回るような状況にはありませんので、空になった・・・ような感じでもあります。

もう少し様子を見て、状況が変わらないようなら巣の取り除きにかかりたいと思っています。

またアドバイスいただければ幸いです。

投稿: 栗原@simple | 2020年9月26日 (土) 11:01

アシナガの女王は集合フェロモンを出して巣を維持しています。
スズメバチはアシナガバチの女王を狙います。
女王がいなくなると、働き蜂は行き場を失って「一家は離散し、その行方は定かでない」となります。
巣を落とすと、落ちた巣から離れ、巣のついていて場所に集まります。女王がいると攻撃的になりますが、今回は離散すると思います。

投稿: 油注し | 2020年9月26日 (土) 18:09

ありがとうございます。

アドバイスをもとに、巣の処理に向けて対策をねっていきたいと思います。

経過はまたブログでご報告しますので、引き続きご笑覧いただければ幸いです^_^

投稿: 栗原@simple | 2020年9月28日 (月) 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターニングポイント | トップページ | 突然集金 »