« 梅雨明けず | トップページ | 憂鬱な夏 »

2020年7月22日 (水)

ほとんど雨

Go To キャンペーンが始まりましたね。
さて、どうなることでしょうか?

私も連休中の過ごし方を考えているところですが、あいにく、期間中の殆どは雨の模様。
屋内や蜜を避けるならキャンプなどが良いのかな、、と思ってたのですが、雨ではそれも無理。

まあ、家でおとなしくしておけ・・ということなのでしょうな。。

皆さんは、どのように過ごされますか?

|

« 梅雨明けず | トップページ | 憂鬱な夏 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

政府はキャンペーンを撤回したりしてキャンセル料を税金で賄うようですが、民間企業ならこんな失策は許されないわけで、なぜか官僚や政治家が失策しても許されて国民の税金で賄われてしまうのが不思議に思えます。

コロナ拡散されてる時期に旅行はありえないと思うし、自宅で大人しくしてるのが最善だとおもいます。

うちの母にも旅行を誘う老人仲間がいたようですが、私が大反対いたしました。

GO TO HELLキャンペーンになるぞと。
みんな油断し始めてるので本当にやばいとおもいますね。

投稿: 円高到来しますよ | 2020年7月22日 (水) 14:38

第二波の拡大が想定を超えたレベルで、世論の声も強くなってきたことに対しての妥協的判断であったのでしょうね。

苦渋の決断・・というコメントは、割と正直なところのように思います。

この4連休は、幸い(?)なことに天気が悪いため、あまり人は移動しないだろうと思われますので、コロナ拡散防止という観点からすると良い気象状況と言えるかもしれません。

それにしても、、
今年は祭りもないし、梅雨は明けないしで、全く盛り上がらない夏となりそうです。

この静けさにも徐々に慣れてきた感もありますが・・・

投稿: 栗原@simple | 2020年7月25日 (土) 08:58

日本はPCR検査が身近にできないですからね。
症状がある人しかうけれないので誰でも気安くうけれないので、感染状況の実態は闇につつまれてるとおもいます。
瀕死の旅行業界を助けたかったんでしょうが、それが世論を二分させることになってしまった感じですね。

こちらも自費でPCR検査できるようですが、高額1万円程度かかるので誰も自費で検査をやりたがりません。外国人は自費で自国民は政府補助があったのかもしれませんが。。。
帰国前には、母から検査して帰れといわれています。

アベノマスクが第二段あるようですね。
9000万枚政府が再度用意したようです。
またネット民を騒がせそうな案件です。

まったく世論のニーズと政府のアイデアが合致しないのは不思議な光景であります
糞高い株価を支えるために、日銀が株式ETFを追加購入してるのを見てるので、驚きはないです。
マスク配布も株ETF買いも間違った予算配分なのに止められない、政府の闇を感じます。

そういえば、こちらも花火らしきものを見ていません。集団で集まるものは規制の対象になってるようです。

投稿: 日本は実質日銀がオーナーの国有企業だらけぇー | 2020年7月28日 (火) 05:35

PCR検査も、ドライブするー方式などが普及してきて、以前に比べるとだいぶ受けやすくなったようです。

それが感染者数の増加を招いているところもありそうですね。

アベノマスク第二弾には驚きましたが、その真意がどこにあるのか、続報を待っているところです。

政府の対応がちぐはぐになっている感は否めませんね。
これについては野党が論理的な対案などを出すのが健全な姿だと思いますが、いずれも即物的対応と批判に終止しておりため息が出る思いです。

ただ、政府の求心力低下に伴って自民党内から政府への提言が出てくることが予想され、それに期待しているところです。

つくづく思うのが、国難の時は中国などのように独裁国家のほうが対応が早く、うまく機能するなあ、、ということです。

止めたほうが良いのに止められない。
ある意味、民主主義の宿命と言えるのかもしれません。


投稿: 栗原@simple | 2020年7月28日 (火) 09:03

コロナに便乗して国家が国民支配を強めて独裁国家みたいにならないことを願います。
国民にチップを埋め込んで、国民を管理するっていう方向性になると怖いです。

民主国家の弱点が露呈されてしまいましたが、その弱点をうまく克服してもらいたいものです。
民主国家が独裁国家より素晴らしいと思っていましたが、まさかコロナで独裁国家がここまでうまく機能するとは驚きでしたね。

作ってバラまいた当人だから管理できたのか?独裁国家だからできたのかは知りませんが。中国がコロナ下で、国民統制がうまくできていることを世界に示したことは私は恐怖に思いました。中国はこの15年で大幅に変わってしまったようですね。

投稿: | 2020年7月28日 (火) 16:13

個人的見解ですが・・・
国家統治のシステムとして民主主義が完璧だとは思っておらず、他に比べれば幾分マシかな?程度に考えてます。

中国は国家というよりは、大陸に居る様々な民族の集合体で、これが分解しないように共産党下の人民解放軍が武力で押さえつけているという形でしょうね。

独裁でなければ国がまとまらない・・
中東やアフリカなどにも見られますが、それぞれの国情において適切な統治システムが存在しているのが実態で、それなりに機能したりしなかったりの繰り返しです。

ともあれ、今回のコロナ騒動で日本の行政システムの遅れが露呈したのはひとつの収穫だったように思います。

民主主義でも、実働が早ければ良い。
その方向に動いてくれれば良いのですが・・

投稿: 栗原@simple | 2020年7月29日 (水) 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けず | トップページ | 憂鬱な夏 »