« トンネルの先に、またトンネル | トップページ | 晴れ »

2020年6月 1日 (月)

コロナ対策の先鞭をつける

コロナの話題ばかりになってますが、仕方ありません(T_T)
北九州市は第二波ですっかり全国区になり、連日さまざまなことが報道されています。

北九州には行くな・・
北九州から出るな・・
なんてことも散々言われていて、それが繰り返しマスコミから流されています。

ネット、SNSに至ってはひどいもので、もはや犯罪者・加害者扱い。
北九州ナンバーの車は肩身も狭く、市境を越えることも憚られ、幽閉状態であります。

でも、面白いもので、虐げられると郷土愛のようなものが芽生えてきます。
地元限定のネット空間では、正しい理解でこの苦境を乗り切ろう・・ということが共通認識となっていて、結束は強まり、わが町に対する愛も増しているように感じます。

感染状況についてですが、、
医療機関、介護施設、そして学校でのクラスターが7割程度で、この感染ルートを追いかけているのが現状です。

今までと大きく異なる点は、全く症状がない人にまでPCR検査の幅を拡大させて網を広げ、潜在的感染者を顕在化させているところにあります。
これは、散々言われているPCR検査拡大方針について、その先鞭をつけていることになり、今後のコロナ対策の方向を考える上でのパイロットケースになると思います。

2つ目のトンネルに入った気分ですが、出口のないトンネルはない・・
そう信じてこの苦境を乗り切り、その知見を全国へと広めて行けることを願って、あと数週間じっとしておきます。

|

« トンネルの先に、またトンネル | トップページ | 晴れ »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

SNS上で北九州は発生源の病院や学校は全員PCR検査をするべきでは?本当に根本からコロナ対策する気あるの?


とぼそっと呟いたところ、北九州の人に早速返事をいただきました。

1人目は、無症状感染者が増えることは非常に良いことである。理由は無症状感染者は他人に移すことはないとのこと。

2人目からはマスクをするということは周囲に影響を与え、失業を希望しますといってるのと同じですよ。だからマスクも自粛もしないのが一番です。

私は、はぁ?何言ってんだ?池沼とおもいました。

おそらく来客商売をされている方で、自粛休業でお客さんが来ず、商売が二進も三進も行かなくなってる方なようです。自粛やマスクにうんざりっていうのが本音なようです。

北九州だけPCR検査を増やしたことにより、コロナ患者が急増して、本当に腹が張っていて、どうも私の意見に彼らが噛みついてきたというわけです。

海外にいるとPCR検査を事業体事、発生源はすべて検査するのが当たり前になっていますが、ここまで地元で抵抗に感じている人が多いのは驚きです。

意外な民意を知って、私は一晩中カルチャーショックを受けています。

投稿: コロナ難民 | 2020年6月 2日 (火) 04:49

今、この話題でSNSに意見することは、火中にダイナマイトを投じるようなものです(汗)

北九州の場合、ずっとゼロ続きで長いトンネルを抜けたと思った矢先に、また出口の見えないトンネルに入ったような感があり、鬱屈感は他地域とは比べ物にならないものがあります。

特に、複数の小学校でクラスターが発生したことがショッキングで、これが何を意味するのか? そして、これがどのように波及していくのか? という不安が解明されずにいることが拍車をかけています。

ただ、生データを見ると分かりますが、症状が顕在化している人はあまりおらず、今回の事態もたまたまの検査で発見され、PCR検査を拡大することで潜在的感染が顕になったということが実態です。

なので、北九州の例は氷山の一角で、他県でもPCR検査を拡大すればおそらく同じような状況になるのではないかと推察します。

あちこちで第二波が顕在化した時にパニックにならないように、北九州が先鞭をつけているのだと思っており、通常の経済活動をしながら成り行きを見守る覚悟です。

投稿: 栗原@simple | 2020年6月 2日 (火) 09:37

了解です。
早速投稿削除しました。

本当に同意します。
北九州が先陣切ってくれてよかったと思うようにしています。
他の都市も大体似たようなもんだと思います。

結局東京も同じようになってきましたし。

ちなみに、重慶は全市民にPCR検査したとやら?ほんまかいな。
PCR検査自体精度の問題もあるだろうし。


投稿: 雨季の蚊に悩まされている毎日 | 2020年6月 3日 (水) 18:24

重慶じゃなくて武漢の間違いです。

すみません。

https://mainichi.jp/articles/20200517/k00/00m/030/130000c

本当にあの国は胡散臭いのだ。

投稿: 雨季の蚊に悩まされている毎日 | 2020年6月 3日 (水) 18:26

少し数値は落ち着いてきましたが、まだまだ分かりません。

今回の事態も、病院内クラスターによって数値が押し上げられており、通り過ぎると減少に転じるという行程で、第一波とよく似た動きをしています。

なので、第二波などと言うよりは、所々でクラスターが散発的に発生していると捉えるほうが妥当ではないかと個人的には思ってます。

とすると、今後もどこかでクラスターが起こると同じ状況になるということで、こんなことを繰り返していくのが常態化する時代になるのかもしれません。

大半は無症状とのことですので、いちいち怖がってもいられない、、と言うのが正直な気持ちです。

無論感染対策はきちんと行いますが、過度な自粛はいかがなものか?

一律自粛ではなく、各自が情報を正確に捉えて、正しい行動をするのが新しい生活様式であるのではないかと思います。

武漢は・・・
極めて怪しいですね。
話の十分の一ほどで考えておくのが懸命と思います。

投稿: 栗原@simple | 2020年6月 4日 (木) 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンネルの先に、またトンネル | トップページ | 晴れ »