« 大雨になる | トップページ | ありがたい施し »

2020年5月18日 (月)

違和感に対する違和感

緊急事態宣言が解除されてから初めての休日。
ちょいと外出しましたが、公園などはそこそこの人出・・
皆マスクを付けており、いわゆる3密を避けるという行動様式は自然と行われている感じでした。

喫茶店も開いていたので久しぶりに入店。
お客さんは以前の三分の一程度で、自粛の余波はまだまだ引いてはいないようです。

マスクを付けて入店しましたが、店長も店員さんもマスクは着用なし。
接客は、そう、従来どおり。

その従来どおりにちょっと違和感を感じたのですが、違和感を感じる自分自身にも驚いた次第・・
以前なら、店員さんがマスクをしていることに違和感を感じたものですが、いつの間にかそれが逆転している。

新しい生活様式・・
それは分かるのですが、それは人間本来の暮らしの様式に照らして果たしてどうなのか?
今後、表情が見えないマスク着用の方が、より人間らしいコミュニケーションとなっていくのか?

いつの間にか、新様式に馴染んでしまっている自分に驚いた最初の休日。
今後はどうなるのか? 
いずれにしろ、令和二年は生涯忘れられない年になることでしょう。

|

« 大雨になる | トップページ | ありがたい施し »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

そのお店が特殊で店長の意識が店員に反映されてるだけなんじゃないでしょうか?

欧米は、口と鼻を隠すのに抵抗感かんじているようですが、日本は目を隠すのに抵抗感感じるようです。

飲食を提供する店が、この時期にマスクをしていないのは非常識だと思うし、お客さんを尊重していないとおもいますね。

私も飲食店いくと、マスクしていない店員は多数いますが、本音をいうとそういう店は行きたくないです。衛生概念が欠落してると判断してしまいます。

そういう店に限ってお金触った手でそのまま食品触ってるんですよね。

欧米を見て思うんですが、彼らがマスク、手洗い、土足厳禁すればコロナはかなり防げたのでは?と思ってしまいます。

投稿: コロナ難民 | 2020年5月18日 (月) 10:33

おっしゃるように、当該店は店長の以降でマスクレスで接客する方針なのだと思います。

もちろん、コロナ前であれば至極当然の態度ですし、むしろマスクしていたら失礼じゃないかとの思いを抱いていたものですが、この自粛期間で自分の意識が180度変わってしまったことに自分で驚いている状況です。

これからは、各店舗が独自の方針で営業をして、それを客が選別する時期に移行していくのだと思われます。

しばらく経ったとき、やはりマスクが常態化するのか? それとも以前の状態に戻っていくのか? 
それが目下の関心事です。

個人的には、顔を隠したコミュニケーションには抵抗がありますので、徐々に元に戻ってくれることを願ってますが・・

いずれにしろ、特効薬、ワクチンの早期開発が望まれますね。

投稿: 栗原@simple | 2020年5月19日 (火) 10:20

昨夜、米ワクチン モデルナの臨床結果が良好あったと報道ありました。

ワクチンできるといいですね。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200519/k10012435531000.html

投稿: コロナ難民 | 2020年5月19日 (火) 10:29

それを願うばかりです。
(´Д`)ハァ…

投稿: 栗原@simple | 2020年5月20日 (水) 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨になる | トップページ | ありがたい施し »