« 棚田を見に行く | トップページ | 急げ »

2020年5月27日 (水)

第二波の入り口?

緊急事態宣言が全国的に解除され、明るい光が見えてきたところですが・・・

わが町北九州市では、直近の4日間で14名の感染者が発生。
それ以前は、3週間以上もずっとゼロが続いていたのに、突然に出てきたこの数字。。

開館された公共施設が、一転して閉館になったりしています。

いわゆる第二波の入り口に立っているのではないかという不穏な空気が漂っていますが、意外と住民は冷静で、割と淡々とこの事実と受け止めているようです。

ワクチンができてない以上、感染は避けられない。
なので、いつどこで感染が起こっても不思議ではない・・という認識が浸透しているのでしょう、、
昨日の打ち合わせ時も、お客さんとそのような話題になりました。

今後どのように推移するかわかりませんが、とにかく注意して淡々と過ごしていくしかありません。
これが新しい生活様式、、そう、受け入れて慣れるしかありませんね。

|

« 棚田を見に行く | トップページ | 急げ »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

日本は検査しないですからね。
0がずっと続いてたとぬか喜びできない感じです。

企業や学校単位で検査し、
スマホアプリなどで追跡調査しないと
人海戦術で厚生省のクラスター班の追跡班などを送ってもなぁ。。。今となっては手遅れかなとはおもいます。

国が一番IT化が遅れてるのが露呈されてしまいましたし、そういう問題点が徐々に改善されることを願いますが、期待はあまりしていませ。。

日本の役所などは縦割り組織なので、責任のたらいまわしがおきてるのかなとおもったりします。

地方には帰国難民がいるのを大使館に事情を把握していますか?ときいたら、厚生省の問題なので
私たちは関与しませんとの回答。

あ。。。これがこの国の現状かと悟りました。

各自が自己責任にて行動して、自分を守るしか術がないのだとおもいました。

コロナも自己防衛するしかないようです。
早くコロナが収束とおもいますが、ワクチンがない限りは無理なんでしょうな。

とほほ。。。

投稿: 帰国難民 | 2020年5月28日 (木) 11:01

今回のコロナ騒動で、行政組織の機動力が極めて低いという事実が露呈したように思います。

アベノマスクの遅延にしても、各種申請の渋滞にしても、基本的な情報処理などに対する行政の備えが極めて脆弱で、これでは政治がどのように決断してもタイムリーな対応ができないということになります。

これが政治批判に結びついて賑やかなことになっていますが、政治決断の妥当性と、行政の機動力についてはきちんとその両者を区別して、個別に切り込んでいかないと改善はしないように思います。

スマホでの追跡調査については、まあ、日本では難しいでしょうね。
マイナンバー制導入の際の、あの大騒ぎを考えると、火中にダイナマイトを投下するような大騒ぎになるのは目に見えています。

PCRや抗体検査の拡充は必要だと思いますが、しかし、それはその瞬間の状況を把握するのみであり、時間とともに大勢は変化していくでしょうから、対策にはなり得ません。

結局は、、特効薬とワクチンの登場を待つしかない・・というのが現実のようです。

北九州市は、第2波で全国ニュースのトップになってます。
こんなことで名が知られても・・と思いますが、しかし、2波を抑え込むことに先鞭をつける意識で乗り越えていかねばならんと思っております。

トンネルの先に、またトンネル・・という気分です。

投稿: 栗原@simple | 2020年5月29日 (金) 08:58

全くの同意であります。
マイナンバーの普及率の低さは、プライバシー云しかり、税務署を毛嫌いしてることのあらわれかと思ったりもします。

スマホの追跡も日本は高齢化社会でガラケー世代がまだ多いのでこれも不可能に近いですね。


実はこちらのスマホ追跡アプリあるようなのですが、誰も入れてないようです。事実上機能していていません。

韓国はおそらく携帯電話会社に位置情報を提供させて強制的に割り出してるんでしょうね。
警察が犯罪捜査使うやり方かなと思ったりしています。アプリ入れてくれで従うようには到底思えませんし。

投稿: コロナ疲れ | 2020年5月29日 (金) 13:59

韓国は、以前SARSが流行したときの教訓で、法整備と体制整備を行ったことが今回に生きた、、との分析があるようです。

日本でも、10年以上前から専門家が体制整備の必要性を説いていたらしいのですが、遅々として進まなかったとのこと・・

政治の無作為が今回の事態を招いた・・ということでしょう。

投稿: 栗原@simple | 2020年5月30日 (土) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 棚田を見に行く | トップページ | 急げ »