« タブレットその後 | トップページ | プチ五十肩 »

2019年10月 8日 (火)

平成3年 台風19号のトラウマ

今回の台風19号は危険です。
最大風速が50メートルを超える強さのものは、最近では記憶がありません。

同程度の強さのもので、未だに鮮明に覚えているのは平成3年(1991年)の台風19号です。
この2週間前には、やはり強い台風17号が北部九州を直撃し、その猛威に怯えたものですが、それからわずかの時をおいて19号に直撃されました。

この時はすごかった・・
当時は会社員だったのですが、工場の物置小屋がそのまま吹き飛ばされたり、屋根は剥がれるし、会社横にあるゴルフ練習場の鉄塔が倒れたりしました。
本事務所のガラスが割れて従業員が負傷、、私も車で帰宅中に渋滞に巻き込まれ・・その渋滞の列へ剥がれた民家の瓦が艦砲射撃のように降り注ぐという事態。

目の前にいるトラックが風で煽られて転倒寸前。
私の車も一瞬持ち上げられたような感があり、ヒヤッとしてるところへ瓦がガラスにバチバチと当たる。。
生きた心地がしないとはまさにこのことで、真剣に身の危険を感じた出来事でした。

すると、にわかに風がやんだと思ったら・・・上空には渦を巻く雲の中に青空が・・
台風の目に入った瞬間で、それは鮮やかな青空が印象的で、今でも鮮明にその情景を思い出すことができます。

台風19号は九州から日本海沿いに北上し、東北~北海道まで大きな被害をもたらしました。

今でも、時折台風19号による被害を伝える碑文などをそここで見ることがあり、そのたびにあの恐怖が蘇る思いがします。
私にとってトラウマとなっている台風です。

今回の台風も、強さとしては同程度、、いや、今のところそれを凌ぐ勢いがあるようです。
奇しくも、平成3年のものとおなじ、19号!
因縁のような、いやな予感がします。

現在の予想では関西付近へ至る経路のようですので、付近にお住まいの方はくれぐれもご注意ください。
とにかく大きな被害が出ないよう、祈るのみです。

|

« タブレットその後 | トップページ | プチ五十肩 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タブレットその後 | トップページ | プチ五十肩 »