« 気象は乱高下 | トップページ | 終活と木工と »

2019年9月10日 (火)

工房機器一式の譲渡

お知らせ

別府在住の木工家Y氏が、高齢のために工房を閉鎖することになりました。
それに際し、工房内の機械、道具類一式を譲渡したいと希望されています。

詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。

T’s工房   
https://ameblo.jp/toshimt/entry-12522547590.html

のほほん木工房  
http://noho91.web.fc2.com/page252.html#9/

アマチュア木工家の方ですが、本格的な装備を備えており、プロの使用にも十分耐えうる布陣だと思います。
工房内の装備一式をまとめての譲渡とうことで、これだけのものを新たに揃えるためには新車一台分ほどの費用がかかると思います。

もし、木工で独立を考えておられる方がいらっしゃったら、願ってもない朗報であると思いますよ。
(スペースに余裕があれば、私が引き取りたいくらい・・・)

引取先が見つからない場合は、リサイクル業者、あるいは処分ということになるそうで、それはあまりにももったいない。

いかがでしょう。
ご希望の方がいらっしゃったら、コメント欄、もしくはメールにてご連絡ください。

|

« 気象は乱高下 | トップページ | 終活と木工と »

道具について」カテゴリの記事

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして要らん世話大きなお世話になったら困るので、匿名で非公開でお願いいたします。
ご存知かもしれませんが、小倉南区の平尾台の山頂に北九州こどもの村小中学校と言うのが在ります。
こちらの学校チョット変わっていて生徒の80パーセントは寮生活で授業内容の方も変わっていて課外授業をかなり実施していまして内容の方も授業で学校の寮に大きなウッドデッキを作ったり倉庫を建築したりとええっこれが授業ですか?と言うようなことをしている学校です。そこの教師の中に元技術科教師の先生がいて学校の隣りで(平尾台じゆう工房)と言うのをやっております。その工房もその先生が自力で建築されたのです。子供たちに電動工具を使わせるのは危険ですが、授業で木工をする以上下準備等が必要かと思いこちらに譲渡申し込んでみてはいかがでしょうか?

投稿: | 2019年9月10日 (火) 17:02

はじめまして、コメントありがとうございます。

平尾台の小中学校のことは、以前新聞などの記事でその存在を知っていましたが、工房も併設されているのですね。

ご紹介、ありがとうございます。
早速先方に伝えたいと思います。

良いご縁になることを期待しています。

投稿: 栗原@simple | 2019年9月11日 (水) 08:55

はじめまして、9月の中旬位には記事を読ませていただいていて、ずっと気になっていたのですがなかなか言い出せず遅くなりました
私は長野県の駒ヶ根市に住んでいます、10年程前から現場作業から出た木を使ってスプーンやお皿を作って遊んでいたのですが、そろそろ作業小屋を作ろうと思い現在小屋ができあがり木工旋盤を主に使った木工を始めようとしています
実際のところ九州に道具を取りに来れるのかと言われると正月休み等連休を利用してユニックを借りて向かう位しかイメージできませんが、もし思い出の詰まった道具を処分しなければならないとしたら悲しいことですので、ご連絡をいただけたらと思います
小屋の大きさは11畳程度ですので全部引き受けることは不可能かと思いますが折り合いがつくものがあればと思いますので処分を検討されているようであればよろしくお願いします。

投稿: 青木 広司 | 2019年10月 8日 (火) 16:27

青木様

はじめまして、コメントありがとうございます。
先方のその後の状況を確認し、改めてご連絡を差し上げますので、恐れ入りますが少し時間をいただきますようお願いします。

詳細が分かりましたら、メールにてご連絡を差し上げます。

良いお話になればと思っております。

投稿: 栗原@simple | 2019年10月 9日 (水) 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気象は乱高下 | トップページ | 終活と木工と »