« 復活 | トップページ | ウォールナットの絵本棚 »

2019年5月20日 (月)

快慶・定慶のみほとけ展

一旦復調していたかと思っていた風邪ですが、その後も抜けきらず、結局先週一週間はとりつかれたままでした。

熱は出ないのですが、体が重く感じられ、頭の中に靄がかかったような状況が続きます。
動けないことはないので仕事もできるのですが、少しやっては休憩の繰り返し・・
気持ちも乗ってきません。

そのうち、喉にも痛みが感じられるようになり、治ってきているのか? 症状が進んでいるのか?
栄養剤を飲むとその効果が実感できるのは、やはり体調が悪い証拠でもあります。

そんな中、九州国立博物館で開催されている 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展 へ行ってきました。

鎌倉時代、慶派スーパースターの名品揃い踏み、、と言われれば行かないわけにはいきませんぞ。
仏像なども時代や作者によって様々な造形がありますが、躍動感や技工面を主眼として眺めるとやはり鎌倉時代にその頂点があるように思います(あくまでも主観ですよ・・)

釈迦十大弟子や、秘仏の釈迦如来像、そして六観音菩薩像もすべて勢揃いしていて、それは見ごたえがありました。
(大報恩寺は空っぽになってるだろうなぁ)


実は・・・連休のときに京都の東寺に行って来たのですが、楽しみにしていた立体曼荼羅の仏像群は、その大半が東京で開催されている国宝東寺展へ出品されており、東寺の講堂内はそれは寂しい事になっておりました。
今回は、そのリベンジを兼ねてのことでもあり、十分に堪能することができました。

仏様に見つめられて、今度こそ風邪も全快したようであり、喉の痛みも殆ど感じられなくなりました。
今週は好天が続く予報で、心機一転、体調万全でのそみたいと思います。

|

« 復活 | トップページ | ウォールナットの絵本棚 »

休日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活 | トップページ | ウォールナットの絵本棚 »