« 雑草で春を感じる | トップページ | ウォールナットのテレビボード »

2019年4月16日 (火)

ジョイントカッター不調

ジョイントカッターが不調。

動作はするのですが、どうやらスイッチの固定部分が甘くなっているらしく、ほんのちょっとの刺激でスイッチが解除され、カッターが止まる。
ゆっくり動かしていれば良かったのが、最近ではそれでもダメになってきており、甚だしく作業性が悪い。

もう18年以上も使っているので、不調も仕方ない。
修理に出すか?
それとも、買い換えるか?

M社製のものなのですが、実は設計があまり良くありません。
特に、フェンスの微調整や水平セットの甘さ、そして、カッター出口の垂直性を妨げているすべりどめシート。
同じ製品をお使いの方ならおそらく同意してもらえるはず。

木工をやったことのない者が設計しているんじゃないかと思わせる代物ですが、それでもだましだまし18年以上も使ってきました。
致命的な故障ならば買い替えもするのですが、おそらくスイッチ部だけの交換で済むはずなのでどうしたものか??

やはりこのさいラメロ社のものを手に入れるか?
それとも、M社の最新型にするか?(さすがに今では改良されてるだろう)

悩み中(小市民でございます)

|

« 雑草で春を感じる | トップページ | ウォールナットのテレビボード »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑草で春を感じる | トップページ | ウォールナットのテレビボード »