« さて、どうしよう? | トップページ | 食紅に染まる »

2018年11月12日 (月)

外国人ばかり

ちょっと所用があって街中に行ったら、街路樹がそこそこ紅葉してました。

で、小倉城に行ってみたところ、ちょうど桜の紅葉が盛り・・・
小倉城は桜の名所で、花見のシーズンはそれは賑わいます。
その桜が一斉に紅葉していて、このオフシーズンでもそこそこ楽しめるなと感じた次第。

桜の紅葉はそれほど鮮やかではなく、ちょっとボーッとしていてチコちゃんに叱られそうな感じですが、これだけまとまると遠景には楽しめますね。

人出も多く、観光バスも止まっていてちょっとびっくりしたのですが、聞こえてくるのは外国語ばかり。
なるほど・・そういうことか。

周囲にあるショッピング施設も外国人ばかりで、このような地方都市にも観光化の波が押し寄せているんだなぁ。

・・・

そう言えば昨年だったか、、地元の山に登ったらやはり半分は外国人で、先週は広島県の三段峡という渓谷に紅葉を見に行ったら、ここも外国人ばかりでした。

まあ、政治がらみではいろいろありますが・・
山ですれ違う時、にこやかに挨拶してくれるのは外国人のほうがむしろ多いよ。

面倒くさいことは横に置いておいて、民間レベルではどんどん交流を深めていきたいものです。

|

« さて、どうしよう? | トップページ | 食紅に染まる »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

小倉祇園とかもハッピきて参加してるのは
外国人か、在日の方が多かったです。
日本人の私からすると日本の祭り、風景、食事は
なんの変哲もなく当たり前のものとして捉えていますが
外国人は捉え方が違うのかもしれません。

日本人の私が、外国や異文化に興味を持つのと
同じかもしれません。

マンネリ化は怖いです。

投稿: | 2018年11月12日 (月) 18:26

えっ そうなんですか?

戸畑祇園の場合は外国人はほとんど見かけることはないように思いますが、祭りによっても事情が違うのでしょうね。

三段峡では、遊歩道の最深部を歩いているのはほぼ外国人ばかりで、本当にコアな部分を楽しむことにかけては日本人よりも遥かに積極的なようです。

我々の日常も、彼らにとっては非日常で刺激的なんでしょう。
地元の良いところは外国人に聞くのが一番かも?

投稿: 栗原@simple | 2018年11月14日 (水) 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて、どうしよう? | トップページ | 食紅に染まる »