« 慣れたのか? | トップページ | カラフルなこどもセット »

2018年8月 7日 (火)

どうなる北米材事情

昨日お客さんと話していて材木の話になり・・

ウォールナットが手に入りやすくなるんじゃないですか? とのこと。

(・・?

( ゚д゚)ハッ!  

そうか、、米中貿易戦争。

ウォールナットを筆頭とした北米材の高騰は言うまでもなく中国需要に拠るもの。
中国国内の建築バブルと、それに伴う内装材への用途としてウォールナットを始めとする北米材が買い占められている。

その勢いは凄まじく、材木屋さんから聞くところに拠ると、中国資本は北米現地の製材所をすっ飛ばして直接山林経営者にコンタクトし、山ひとつ分まるごと買い付けるのだとか。。

めぼしい資源は直接中国へと運ばれ、そこで仕分けされる。
日本商社も北米材を中国で買い付ける始末で、最近のロットでは上海経由のタグ付けがされているものを頻繁に見るようになりました。

・・・

そこに今回の米中貿易戦争、、関税の引き上げ です。

中国側の報復関税に材木が含まれているか? 詳細はわかりませんが、今後の状況如何で北米材の流通環境は激変する可能性は十分考えられますなぁ。

すでにそれを見越した動きもあるとかないとかで、少しでも良い方向へ進んでくれればと願う次第。
中国の住宅事情も実態は空洞化しているとの見立てもあり、加えて関税が発動されれば一気に値崩れを引き起こすのは必至。

いや、値崩れではなく、正常な状態に戻る、、という方が正確か?
とにかく、ウォールナットの価格は私が開業しした17年前に比べて倍ほどになってるんですからね。

・・・・

さてさてどうなるか? 予断を許さない状況となってきました。

本当は、このようなときに国内の森林行政、材木業界などの奮起や長期的視野に立った戦略を期待したいのですが、ごく一部の例外を除けば、これらについてはず~っと無策のまま。

言いたいことは山ほどもありますが、ごまめのはぎしり・・でございます。

さて、今日も暑くなりそう(すでに暑いけど)

|

« 慣れたのか? | トップページ | カラフルなこどもセット »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慣れたのか? | トップページ | カラフルなこどもセット »