« 請求書のない世界 | トップページ | ダミダコリャ »

2018年6月29日 (金)

一世一代の賭け

昨晩のポーランド戦。。 奇妙な戦いになりましたね。

パス回しに徹した終盤の展開は、ダラダラした試合であるにもかかわらず残り時間が気になるという緊迫感があり、そのギャップで奇妙な感覚に襲われました。

日本戦とコロンビア戦とをザッピングしながらの観戦は忙しかったぞ。。

・・・

案の定、賛否両論が渦巻いているようですが、しかしあの状況でパス回しの決断をした西野監督の心情を思うと、私としては評価したいなと思います。

ある意味一世一代の大博打に近く、もしセネガルが1点でも取っていたなら日本は敗退し、国民世論はバッシングの一色に染まったことでしょう。

想像するだに恐ろしい・・

そのようなリスクを十分承知しつつ賭けに打って出た、、その決断は相当の重圧があったことでしょう。
会場はブーイングの嵐だったようですが、しかし、リーグ戦においてはこのようなことは特段珍しいことでもなく、結果が求められる国際試合を勝ち上がるための戦法としては、決して否定されるものではないと思います。

もちろん強気に攻めまくるという方法もあったでしょうし、全力を尽くしたなら、もし敗退したとしても世論は肯定的な味方をしてくれたことでしょう。
そう考えるなら、積極的戦術を取るほうが心情的には楽だったはず。。

しかし、それを置いても、あえて決勝トーナメントへの進出にこだわった。。
難しい選択だったことと思います。。。

・・・・

まあ、皆さん言いたいことはいっぱいあるでしょうが、、
とりあえず、まだまだ日本代表を応援することはできるのですから、、いいじゃぁないですか。。 ね。

|

« 請求書のない世界 | トップページ | ダミダコリャ »

スポーツ」カテゴリの記事

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

私が監督なら度胸が無いからあの采配は出来ないなぁ〜
栗原さんは「半端無い作品」の製作に専念して下さいませ〜‼️

投稿: クマ | 2018年6月29日 (金) 12:39

ホントにそう思います。

賛否はあれども、大バッシングに晒されるリスクを考えてなおあの決断をした西野監督の胆力には脱帽の思いがします。

いずれにしろ、次のベルギー戦には死ぬ気で向かっていくしかないわけですから、今回のモヤモヤをすべて次試合で燃焼してほしいと思います。

半端ない作品・・
大迫選手に負けないようにがんばります。。

投稿: 栗原@simple | 2018年6月29日 (金) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 請求書のない世界 | トップページ | ダミダコリャ »