« 雨の日と月曜日は | トップページ | 麦茶第一弾 »

2018年6月12日 (火)

美味しい麦茶を目指して

麦茶の季節になりました。

毎年、麦茶には頭を悩ましています。
昔の麦茶が飲みたい、、コクと甘みと、そしてちょっと香ばしい、、あの、昭和の麦茶が飲みたい。

で、ここのところ毎年色々と工夫をしているのですが、どれも今一つ、、なんですよね~

お手軽なティーバッグではやはり限界があるのか?
と思い、昔ながらのローストした麦を買ってみました。

とりあえず、まずは説明書きの通りの達人レシピで現在抽出中。
さて、果たしてどうなるのか?

今年もおいしい麦茶を目指しての、長い試行錯誤が繰り広げられそうです。

|

« 雨の日と月曜日は | トップページ | 麦茶第一弾 »

食べる」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。昔は母がパックではないローストした麦を入れてやかんで沸かしていたなあ~。そのころなんてお茶を買うなんてもったいない!と思われていた時代ですよね。いまなんてためらいもなくペットボトルのお茶を買ってますよね。
否定をするようなことを言って申し訳ないですが、もうあの昭和の麦茶なんて味わえないと思いますよ。なぜなら、あのころのボクたちは(笑)、ジュースなんてもってのほか麦茶しかなかったんですから!(ウチだけ?)。喉が渇いて麦茶を飲もうとしたとき、沸かしたての麦茶しかなく冷えた麦茶がなくてがっかりしたあの頃・・・。喉がカラカラにかわいた時に飲む小学校の水道水でさえむちゃくちゃおいしかったじゃないですか!。いまなんて学校は貯水タンクを経由した水道は飲んではいけない、って言われるんですよ。水筒をもっていかなくてはいけないんですよ。ちょっと~オレたちはなんの疑いもなくタンクの水飲んでいたんですけど・・・((+_+))。満たされれば失ってしまうものもある。なんか複雑でさみしいですね・・・。年取った証拠かな・・・

投稿: sato@下関 | 2018年6月12日 (火) 11:18

といいながら、おいしくできたら教えてください(笑)

投稿: sato@下関 | 2018年6月12日 (火) 11:27

これはコーヒー並みに奥が深くて難しい問題、
昔の麦茶は二条大麦が主流だったのですが、最近は六条麦だったり、ハトムギだったりします。
つまり麦の品種が増えていてまずはそこから攻略しないといけないですね?
水との相性もありますから、いろんな水で試してみないといけないですね?
あと、浅煎りなのか中入りなのか深煎りなのか?
ローストのやり方でもかなり味が変わります。
煮出し時間と蒸らし時間の関係でも味と濃さが変わります。
究極は麦から自分で育てる!でしょうね?

投稿: 酔仙 | 2018年6月12日 (火) 17:32

皆さん、コメントありがとうございます。

当時の記憶を思い起こしてみると、母親が大きなやかんで麦を煮出していたのを覚えています。
水は普通の水道水、浄水器なんかももちろんありません。

それでも、暑い夏の日に遊びから帰って、冷蔵庫の中から取り出して飲む麦茶は殊の外美味しく、あれが最上の一杯でしたね。

ただ、味については思い出と共に美化され、理想化されているような気もします。
タイムマシンであの頃に戻って飲んでみたら、意外と普通の味だったりして・・・

ともあれ、美味しい麦茶を求めるのはここ数年の夏の恒例になっており、今年も楽しみながらいろいろ検討してみたいと思ってます。

投稿: 栗原@simple | 2018年6月13日 (水) 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日と月曜日は | トップページ | 麦茶第一弾 »