« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

日馬富士と白鵬と

そして、白鵬の言動にも批判が集まっています。
確かに、最近の白鵬には傲慢とも思えるような振る舞いが垣間見え、彼の勝利を素直に喜べなくなっています。

かつて、双葉山の連勝記録を追いかけていた頃の白鵬は、本当に心技体が備わった尊敬すべき横綱でありました。

その前に朝青龍の暴行事件などがあって横綱の品格ということがやかましく言われていた時、その孤塁を守ったのが白鵬で、一人横綱としてひたすら自身を磨いていく姿は本当に感動的で、頭が下がる思いがしたものです。

まさに横綱の品格を体現した人物でありました。

・・・・

それが、一体いつから変わっていったのでしょう?

後の先という取り組みの極意や、我未だ木鶏たり得ずといった平常心を表す双葉山の言葉。
これを引き合いに出して、これを目指して日々精進していると言っていた白鵬。

しかし、今彼がとっている相撲は、この言葉とはおよそかけ離れた対極にあるものと言わざるを得ません。

立会時にカチアゲや張り手をしたりするのは後の先とは180度違うものなのじゃないか?
我未だ木鶏たり得ずを目指している人物が、行事の判定に不服の仁王立ちをしたりするのか?

それ以外にも、懸賞金を受け取る時のガッツポーズなどは見ていて気持ちのよいものではなく、複雑な思いがします。

かつての白鵬が国籍という垣根を超えて、品格を備えた尊敬すべき大横綱であっただけに、その白鵬の熱烈なファンであっただけに、その変わりように困惑しているのは私だけではないと思います。

・・・

相撲人気が盛り上がっている時に水を指したこの事件。
前代未聞の横綱による暴力事件、そして、横綱の品格の問題。

これらを抱えながら、大相撲はどこへ進んでいくのか?
どうも後味の悪い千秋楽となってしまいました。

| | コメント (2)

2017年11月29日 (水)

日馬富士と白鵬と

日馬富士が引退とのこと・・・残念です。
ただ、事が大きくなりすぎて日本中を巻き込んだ論争になってしまいましたので、これがどのように収まったとしても平常心で土俵に上がるのは難しいこととなったでしょうね。

この事件について、事の本質は何か?
巷ではいろいろなことが言われていますが、このような暴力事件は、、いや、暴力とまでにはいかなくても、かわいがりの延長線上にある鉄拳制裁のようなことは、相撲界の体質としては未だにあるということなのでしょう。
(貴ノ岩も同様のことをしていたという報道もあり・・)

また、事が起きると身内で収め、隠蔽してしまうという相撲協会の体質。
このような体質は、相撲協会に限らず一般の企業などにもあって、組織の生理現象のようなものであるのは、最近次々に明らかになっている偽装事件で明らかな通りであり、一度でも組織に身をおいたことのある人なら、胸に手を当てて考えてみると、大なり小なり同様のことには見覚えがあるのではないかと思います。

・・・

そのような体質に一石を投じたのが貴乃花親方で、警察に被害届を出すということで強制的に第三者からのメスを入れようとした。
本人は頑なに沈黙を守っていますが、警察の捜査が終わるまで予断を与えないという戦略なのかもしれませんね。

・・・

どのように着地するのか、推移を見守りたいと思います。

これに絡んで・・白鵬にも批判が集まっていますが、また明日書きます。

| | コメント (2)

2017年11月28日 (火)

新たな一脚

弊工房のロングセラー、そしてベストセラーの丸いこども椅子。
作り続けて10年以上、、今も毎月作っております。

ご兄弟用に複数台ご注文いただくことも多く、新たなご家族の誕生ごとに数年に渡って、、ということも珍しくありません。

Img_9748


お客様からいただいた写真。
やはり数年に渡ってお引き合いをいただき、この度新たな一脚をお納めしました。

四脚の椅子は、お子様の人数を表します。

今は白い椅子も、やがて年月が経つとともに濃い色へと変わっていくことでしょう。
お子様とともにある椅子、ご成長をお尻の下で見守っています。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

六郷満山 紅葉

先日、国東半島へ出かけました。
国東は大好きな場所で、春の新緑と秋の紅葉の季節に毎年訪れています。

宇佐八幡信仰と天台密教が習合した、六郷満山という独特の宗教様式が半島全てに及んでおり、古いものから新しいものまで寺社仏閣、旧跡の類は数知れず。。

それほどのスポットなのに、核となる有名な名所がないためなのか、、交通の便が悪いためなのか、それとも別府や湯布院といった全国的知名度の観光地が近所にあるためなのか、、、国東への人出はそれほど多くなく、渋滞もなく、ゆっくりと散策を楽しむことができます。

で、満を持して紅葉を見に行ったのですが、今年はどうもあまり良くない。
数年前に感動した鮮やかな紅葉ではなく、全体的にぼやっとした印象でありました。

それでも、、やはり綺麗。

Cimg6224


Cimg6227


旧千燈寺跡。
おなじみの仁王様がお出迎え

Cimg6228


本来ならば、銀杏の落葉が敷き詰められて、全体が鮮やかな黄色のカーペットに変わるのですが・・
ちょっと、早かったのか?

Cimg6239


文殊仙寺の鐘楼。
やはり紅葉は今ひとつでしたが、今年は六郷満山の開山1300周年記念で、12年に一度しか開帳されない秘仏が特別に公開されており、思いがけず拝観することができました(満足)

富貴寺はライトアップされており・・幽玄な感じ。
Cimg6256


Cimg6260


Cimg6264


日本画家の平山郁夫が惚れ込んだ富貴寺大堂。
国宝です。

Cimg6266


阿弥陀如来が静かに佇んでいました。
わずか3日間のライトアップ、、昼間に見るより断然良い!!

温泉にも入って、ゆっくりと休日を満喫したのでありました。
次は、春か それとも、雪の時期も良いかな?

美しい国東半島。
いつまでもその姿を留めていてほしいと思います。

| | コメント (2)

2017年11月24日 (金)

う~ん

気温が下がって、塗料が乾かないぞ・・・

う~ん。

| | コメント (2)

2017年11月22日 (水)

量子コンピューターに思う

量子コンピューターが実用化されつつあるようです。

量子の不確定性という不思議な振る舞いを演算の原理として応用しようというアイデアで、これを最初に知ったのは学生の頃、科学雑誌を読んでいたときでした。

よくこんなこと考えつくなぁ・・と、当時驚いたことを記憶してます。
改めて、その原理を学び直そうと調べてみたのですが、、

わ、分からんsign03

当時はそれなりに理解していたつもりだったのですが、今考えても分からんねぇ。。
もはや私の理科系頭脳は機能不全に陥っているようでございます。

・・・

ともあれ、、
当時はスーパーコンピューターであっても、今のパソコン以下の演算速度しかなかったような状況で、今考えると牧歌的な時代でありました。

演算速度のアップに世界中が躍起になっていた時代に、次世代の量子コンピューターの原理が発表されたわけですが、その考えに驚きつつも、実用化は無理じゃないか? 少なくとも、ワタクシが生きているうちは・・なんて思っていたのですが・・・

それから30年と少々で、実用化に漕ぎ着けるとは・・
テクノロジーの進歩は本当に凄まじいものだ。。 としみじみ思っているところであります。

・・・・

が、その反面・・
自分の頭がどんどん退化して、新しいものや複雑なものが理解できなくなっていることも思い知らされ、年をとったのを実感しているところでもあります(寂)
(もちろん、科学の先端で仕事している人は違うんでしょうけどね)

いや、嘆いている場合ではない。
少なくとも、木工については常に新しい情報や技法を調べて製作に活かしていかねば、、と改めて考え直している次第。

伝統技法を踏まえた上で、さらに最新の技法も加えつつ、その両者をミックスしながら適材適所で用いていく。
これが弊工房の基本的スタンス。

理科系頭脳は落ちていますが、木工頭脳にはさらに磨きをかけて? 参ります。

| | コメント (2)

2017年11月21日 (火)

湯たんぽの季節

いや~ 寒くなりました。

今季、はじめて湯たんぽを出しました。
どれほど寒くても、足元が温かければ快適に眠れるものです。

何年か前に購入して以来、湯たんぽは私の冬には欠かせない必需品となっております。
電気アンカなんてものもありますが、湯たんぽならではのじんわりとした温かみが心地よい。

温度が少しずつ下がっていって、朝、目覚めた時にほのかな温かみが若干感じられる・・・
という瞬間もたまらないものがありますよ(湯たんぽフェチ)

素材は今時の耐熱プラスチック製。
実勢価格 1,000円弱。

またこれから数ヶ月・・お世話になります。

・・・・

稀勢の里休場。
残念だけど、仕方ないね。 

| | コメント (2)

2017年11月20日 (月)

日本中で一番熱い場所

今、スポーツ・芸能分野を最も賑わしているもの。
その渦中にある舞台に・・行ってきました。

20171119_001


気のせいか?
テレビカメラの列も例年より多かったような気が?

真冬並みの寒波の中、襟を立てて寒さをしのぎながら会場に入ると、中はいつもどおりの熱気に包まれていました。

昼過ぎに入り、幕下の取り組みを観ながら、幕の内弁当をつまみに一杯やるのが至福のとき。
名前も知らない力士ばかりですので、とりあえず出身県が近い方を応援します。

疲れたらちょっとうたた寝したり、、ダラダラと観戦するのが相撲の醍醐味です。

・・・
そして、幕内力士の土俵入り。
20171119_012


このあたりからはテレビでおなじみの光景で、会場の入りも増えてきて声援も多くなり、俄然盛り上がってきます。

そしてそして、一番見たかったもの。
20171119_015


20171119_017


横綱 稀勢の里の土俵入り。
もちろん、九州場所初のお目見えで、これを見るためにやってきた・・と言っても過言ではありません。

ただ、残念ながら取り組みでは破れて四敗目。
今後の取組を考えると、かなり厳しい状況になってきましたなぁ。

(゜-゜)

・・・

日本中をお騒がせしている大相撲ですが、その逆風を微塵とも感じさせずに会場は大入り満員。
20171119_019


パンフレットの表紙に大きく日馬富士の写真が載せられていたのが皮肉なことではありましたが、最後は白鵬がきっちりと勝って中日の勝ち越しを決め、幕を閉じたのでありました。

九州場所が終わると、秋も終わり。
今日も・・寒いぞ。。

| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

暴行事件 不可解さ増す

なんだか、不可解なことになってきましたね。

何かしらのトラブルがあったことは間違いないのでしょうが、暴行がどれほどのものであったのか?
ビール瓶で殴ったとか、30発以上殴ったとか・・でも、白鵬はそれを否定しているし、暴行直後に貴ノ岩は地方巡業の土俵に上がってるし・・

日馬富士と貴ノ岩がお互いに謝罪の手打ちをした・・という話も出ているようだし。

・・・

ビール瓶のことは、関係者からの話で発覚したということのようですが、そもそも現場は四畳半ほどの個室・密室であったようで、中にいたのは数名程度の力士のみ。

じゃあ、その証言をした関係者は誰なのか? 

・・・

被害届を出した貴乃花は、なぜ協会に言わなかったのか?
そして、その後に協会から尋ねられた時に、なぜ知らない・・と答えたのか?

・・・

休場届を出した時に、なぜ一緒に診断書を添えなかったのか?

・・・

さらに、警察へ届けた際の診断書の内容が、協会へ提出したそれの内容と異なっている点など・・・

・・・

どういうこと??

報道を聞けば聞くほど不可解なことばかりで、誰かこれを合理的に説明できる人 いますかぁ??

単純な暴行事件というよりは、なんだかもっと根の深い、相撲協会を含めた大相撲に関わる闇のような部分を感じさせる非常に奇妙な話に発展しそうな気がしてきましたよ。

・・・

どうなるんじゃろうね。

| | コメント (3)

2017年11月16日 (木)

松茸ご飯

この時期の我が家の恒例は・・

松茸ご飯 !!!

・・・・

いや

・・・・

松茸風ご飯 ・・

・・・・

なんちゃって松茸ご飯 とも言う。

・・・・

材料は、エリンギと松茸お吸い物のもと。

はい、もうお分かりですね。
この二つを放り込んで、炊飯器で炊くだけ。

手っ取り早く、松茸の香り高い炊き込みご飯が出来上がるという按配でございます。

・・・・

それは本当の松茸の香りではない・・と訝しがるむきもありましょうが、そもそも、本物の松茸なんで・・それも、国産の松茸なんで、もうここ数十年ほど食べてないぞ。

だから、本当の松茸の香りや味なんて分からないのだ。

このナンチャッテ松茸ご飯は毎年この時期に炊いているので、もはや私にとって、松茸の香りはこの人工的な香りが本物になってしまっているのだ。

・・・・

香り高い炊き込みご飯と、先日購入した日本酒があれば幸せ。

我が家の秋は、こうやって低予算で過ぎていくのであります。

| | コメント (2)

2017年11月15日 (水)

日馬富士 暴行事件

日馬富士の暴行事件にはびっくりしました。

報道によると、かなり酒癖が悪く、暴れだすと手がつけられなくなるそう・・
横綱が暴れる姿など、想像するだけで恐ろしい。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

・・・

日曜日に九州場所観戦に行く予定で、四横綱揃っての土俵入りを期待していたのですが、鶴竜が休場し、そして日馬富士までも・・・

相撲人気に水を指すような出来事で、本当に残念です。
厳しい処分をとの答申があっているようですが、どうなるのじゃろう?

・・・

宇良も休場だし。。

一番の楽しみは、初めて見る横綱稀勢の里の土俵入りかな。

(´Д`)ハァ…

| | コメント (2)

2017年11月14日 (火)

朝倉へ 災害の傷跡

日田を後にして、朝倉へ。
朝倉は以前よりよく訪れていたところですが、ご承知のように今年の豪雨に見舞われ、大変な人的被害があった土地であります。

あれから数ヶ月が経ち、道路などもだいぶ復旧されたということですので、この機会に・・ということで訪ねてみることにしました。

・・・

日田からは、筑後川沿いを下って20分ほど。
行くに従って、次第に風景が災害の傷跡を表すものに変わってきました。

一見、特に変わりはないように思えるのですが・・

進むに連れて、時々小さな川を渡るようになります。

川は本当に小さく、川というよりは用水路と呼んだほうが良いような規模で、車で走っていると橋を渡るという感覚もないほどのものなのですが、その川の両岸数十メートルの範囲は風景が一変。

そこにあったはずの家屋も、畑もなK、流域一面に土砂が広がっている。
そして、あちこちに点在する重機。

残っている家屋や倉庫も、よく見るとその一階は窓も扉もなく、壁が流出して柱だけになったようなものもありました。

・・・

今回の水害は、本流の筑後川は問題なく、氾濫を起こしたのは本流に流れ込むほんの小さな河川だったということは聞いていましたが、その通り、川を渡るごとに同様の風景が広がっていました。

中心部に行き、車を止めて歩いてみると、さらにその規模の大きさが偲ばれます。
流木などは重機で既に取り除かれていますが、公園だったところが土砂の捨て場所(一時保管場所?)になって小山のようになっていたり、土砂に埋もれて放置された車があったり、土石流で傾いた家屋があったり・・・

そして、無人となった家屋の横には小さな花束が置かれていました。

・・・

流木と土砂に見舞われた物産館はある程度復旧しており、そこで災害時の写真を見ましたが、破壊規模の大きさは写真を見てもちょっと想像するのが難しいほどで、これが数時間という短時間で起きたことの脅威が俄には信じがたいこととして感じられました。

物産館も、おそらくは冷蔵陳列棚などがやられてしまったのでしょうか、以前よりも縮小された規模での営業となっていましたが、夕方にも関わらずお客さんは一杯で、レジには行列ができるほど。

復興の一助として、物産品を購入しようという人ばかりなのでしょう。
かくいう私もその目的で訪れた次第で、ささやかながらご当地の物を幾つか購入して家路につきました。

・・・

あれから数ヶ月・・
復興にはまだまだ時間がかかるように思いますが、道路などはほぼ問題なく復旧され、スムーズにアクセスすることができます。

次回は温泉などにも立ち寄りながら、地元の美味しいものを食べに行こうかと思っているところです。
皆さんも、是非訪ねてみてくださいね。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

日田へ行く

日田へ行ってきました。
10年ぶりくらいかな?

今年の大雨被害に見舞われたところですが、市内の殆どには被害はありませんでした。
この土日で恒例の天領祭りが行われており、それを見に行った・・

と言うのは口実で、実はこれを買いに行ったのであります。

20171113_003


薫長 本醸造と純米。

ちょっと前に、とある居酒屋でこの銘柄に出会い、その美味しさに魅せられてクンチョウ酒造まで買いに行った次第であります。

(クンチョウ酒造は日田の観光地区、豆田町の一角に造り酒屋の堂々とした佇まいを誇っております)

・・・・

これを手に入れることができれば、祭りはどうでもよく・・・失礼。
と思っていたのですが、見ると、街全体の辻辻などに竹で作った灯籠がずらりと並び。
そして、街横を流れる川の岸には、それこそ何百という灯籠が置かれて壮観な雰囲気。。

そうか、、メインは、、夜だ。。

夜にこれらにろうそくが灯され、これが優雅で幽玄な雰囲気を醸し出すんだろうな。

そうか、そうだったのか。
夜に来なくちゃダメなんだ。

来年の課題じゃな。

ちなみに、こんな感じになるらしい。
H29tenryomatsuri


・・・・

日田をあとにして、もう一つの目的地へ・・・

それは、朝倉です。

つづく

| | コメント (3)

2017年11月10日 (金)

板接ぎ大会

晴れたので、今日は板接ぎ大会になりそう (-_-;)

板接ぎは重労働から繊細な作業まで、、また、板の組み合わせによる美的感覚も問われるので、ひじょ~に大変な工程なのであります。

気持ちを盛り上げていかないと、乗り切れないぞ。。

どうやって盛り上げよう??

まずはコーヒーから。。?
逆に落ち着きそう。

・・・

ともかく、頑張りましょう。

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

気がつくと・・

あれ、もう11月の中盤に差し掛かってるじゃないか。

という事は、今年も残り一月半あまり。。

どうする? (超汗)

まず・・ブログ書いてる場合じゃない。
という事で、今日はこのへんで。。

| | コメント (2)

2017年11月 8日 (水)

九重へ

先の日曜日、天気が良かったので思い立って九重へ行ってきました。
行き先は飯田高原の長者原、、いつ来ても、どのような季節でも美しい姿を見せてくれます。

紅葉を・・と思っていたのですが、残念ながら既に遅く、葉もだいぶ落ちてしまっていました。

それでも、、十分美しい。
Cimg6046


タデ原湿原から、硫黄山を遠望したショット。

Cimg6076


すすきが季節を感じさせます。

その後はやまなみハイウェイを北上して、私のホームグラウンドとも言える奥別府の志高湖へ。
Cimg6091


ここでは若干の紅葉を楽しむことができました。
春から夏は、ここでキャンプをするのが30年来の我が家の恒例になってます。

別府へ下って温泉に入り、帰宅。
晴天に恵まれて、日帰りながらもちょっとした旅行気分を味わった休日でありました。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

ウォールナットのダイニングセット

心穏やかな一週間が始まりました。

心穏やかに、、新作のご紹介。

20171025_004


ダイニングセットです。
ご新居へのお引っ越しに合わせて、ご注文をいただきました。

ご家族四人が座れるサイズで、少し小ぶりのもの。。
一般的には、4人がけサイズであれば1400ミリほどで作ることが多いのですが、多少小ぶりということで100ミリ減の1300ミリ。

どんな寸法でも作りますよ。。 手作り家具ですから。

20171025_008


四本脚のオーソドックスなデザインですが、天板、脚などに面取りを施し、手触りも、そして見た目も柔らかな印象になるように仕上げました。

20171025_013


まる~く、面取り。

20171025_017


脚には若干のテーパーを。。
脚先をほんの少し細くすると脚が長く見えるようになるのは、スリムジーンズと同じ原理。。

20171025_010


椅子は弊工房の定番。
チェアー2 というモデルです。 

2 と言うのは、2作目のモデルという意味でひねりも何にもないネーミングなのでありますが、弊工房のモデルで不動の人気ナンバーワンを誇っております。

20171025_014


そして材種は、これまた人気ナンバーワンのブラックウォールナット。
美しさは折り紙つきでございます。

20171102_003


20171102_004


納品時の風景。
新築マンションの上層階で、明るい陽が差し込むリビングです。

白い床に、ウォールナットが殊の外よく映えますね。

このダイニングセットが、新しい生活の良きパートナーとなりますよう。。


お届先  福岡県

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

ホークス優勝!!!

ホークス  勝った。

・・・

しかし、苦しい戦いでした。
ベイスターズに傾いた流れは福岡でも続いており、終盤を迎えた時には、正直な話、もうダメかと思っていました。

9回裏。
デスパイネが倒れたあとの内川。

あの劇的な同点ソロホームラン。
雰囲気と流れが完全に逆転した瞬間でしたね。

しかし、これで一気に逆転とはならず、延長へ。

サファテ志願の3イニング連投。
そして、川島のヒットが出て、ボールが返球される。
タイミングは完全にアウトでしたが、その返球がまさかのイレギュラーとなり、中村がホームインしてゲームセット。

これ以上ないほどの、劇的な終演でした。

・・・・

思わず叫び声が出て、涙も。。

そう、本当に苦しい戦いでした。
横浜は・・強かった。

昨日の試合も土壇場まで追い詰められ、祈るような思いで観ていました。
あの内川の起死回生のホームランがなければ、おそらくはベイスターズの勝利に終わっていたでしょう。

そうなると、勢いは止まらず、さらに加速して・・・ということになったかもしれません。

勝負は紙一重。
それをまざまざと見せつけられた、名勝負でありました。

・・・

以前、CSについて色々と不満を書きましたが、、それは今でも変わりはありませんが、しかし、日本シリーズだけを切り取って評価を加えるならば、まさに日本シリーズにふさわしい白熱した、手に汗握る勝負でありました。

このような試合を見られたことに感謝。
そして、最後まで紳士的であった横浜ベイスターズの選手、そしてラミレス監督に最大限の賛辞を贈りたいと思います。

野球シーズンが。終わった。

・・・

これで来年の3月までは心穏やかに過ごせるな・・
(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (2)

2017年11月 4日 (土)

無理っぽい

映画を見に行きたいけど、事務仕事が。。

無理っぽいなぁ

(¯―¯٥)

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

二連敗は必然・・・と、思いたい

ダルビッシュが打たれてドジャースが負け、
ホークスも負けてしまいました。。

_| ̄|○

横浜が尻上がりに良くなってきていて、昨日は手に汗握るような名勝負でしたね。
やはり、日本シリーズは野球のシーズンを締めくくるにふさわしい、良い勝負をしてほしいと思います。

セ・リーグのことは、そして横浜のこともあまり良く知らないのですが、ベイスターズは監督から選手まで、とても紳士的なチームのように感じられます。
監督も、今までラミちゃんと呼んでいましたが、これからは尊敬を込めてラミレス監督と呼ぶようにします。

・・・

さて、明日からは舞台は福岡。
昨日の二連敗も、福岡で胴上げするための必然だった。。と、思う。 いや、思いたい(切実)

今、流れはベイスターズの方に行っているように思いますが、パ・リーグの覇者として、是非2年ぶりの日本一を目指してくれ。。

野球シーズン最終盤。
目が離せませんぞ。

| | コメント (2)

2017年11月 1日 (水)

筋肉痛です

数日ほど前、とっても重いものを運ばなければならないハメになりました。

家具も重いですが、それ以上に重い
(何かは秘密、、でも、変なもんじゃないよ)

重い上に、持ちにくい。
息を止めて、気合を入れて、おりゃーと持ち上げて、数歩歩くのがやっとという感じ。

注意しなければならないのは、、腰。
木工という仕事柄、腰を痛めるのは致命傷になります。

数年前にぎっくり腰をやり、その辛さは身に沁みて分かってます。

・・・

ぎっくり腰などを避けるためには、とにかく不用意に筋肉を使うことを避けなければなりません。
持ち上げる前に、使うであろう筋肉を考えて、あらかじめその筋肉に司令を出しておきます。

今から力を入れるぞ・・・

そんなこんなで、四苦八苦しながらも運搬完了。
あまりの重さに、息が上がるほど。
重いものを持って息切れしたのは初めての経験です。

腰も、その他も、異常なし。

・・・

が、昨日。。
足が痛い・・

ふくらはぎと、その上のハムストリングと呼ばれる筋肉。

そして、背筋や、僧帽筋の下側。

・・・

で、今日。。
その他の様々な部分に痛みが。

そう、年をとると、筋肉痛は数日後にやってくるのですな。

そういう訳で、全身筋肉痛みたいになっているのでありますが、腰は大丈夫。
事前に十分注意した成果がありました。

腰を守るために、その他の筋肉が頑張ってくれたのでしょうね。
人間の体って、よく出来てるなぁ。 と、感心した出来事なのであります。

・・・

足 痛~

| | コメント (2)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »