« ノーベル文学賞 | トップページ | 柔らかな印象の絵本棚 »

2017年10月10日 (火)

西条酒まつり 酩酊の一日

連休中は、西条酒まつりに行ってきました。

酒まつり・・なんと魅惑的な響きなのか(うっとり)

東広島市の西条は人ぞ知る酒の都で、西条駅前に造り酒屋がずらりと並んでます。
賀茂鶴、賀茂泉をはじめとして複数の酒蔵が立ち並ぶ白壁通りは、左党であればその風景、佇まいだけで思わず顔がにやけてしまうほどでありますな。

それがそれが・・
年に一度、街を挙げての酒まつりをやるという。。

不覚にも・・・この歳になるまで知らなかった _| ̄|○

・・・

で、今年は満を持していそいそと出かけたのであります。

駅前や酒蔵通りを中心として、複数の町内全体がお祭りとなるのですが、その中でもメインは、何と言っても酒ひろば。

前売り1,600円を払って入場すると、なんと日本中から集めた日本酒ばかり1000種類の銘柄が飲み放題という太っ腹。

1000種の銘柄。
飲み放題。

日本酒党にはたまらない、夢のような祭り。
朝10時から夕方5時まで、、、酔っては覚まし、覚めたら呑んで・・・ 一日中常にほろ酔い加減で本当に夢の仲にいるよう感じでありました。

ただ、早めに酔ってしまったため、各地の味を十分に味わえなかったのが心残り。
これを教訓に、来年の酒まつり作戦を今から練っていこうと心に誓ったのでありました。

酒まつり・・なんと魅惑的な響きなのか。
(人´∀`).☆.。.:*・゚


参考リンク → 酒まつり

|

« ノーベル文学賞 | トップページ | 柔らかな印象の絵本棚 »

お勧めあれこれ」カテゴリの記事

休日」カテゴリの記事

食べる」カテゴリの記事

コメント

はい、私もアルコールが大好きです。
特に好き嫌いなジャンルはありません。
何でも飲みます。
しかも底なしと言われるほどに・・・・・・

投稿: 酔仙 | 2017年10月10日 (火) 18:10

そんな貴殿のためにあるような祭りです。

二日間の来場者は24万人。
どれほどの日本酒が消費されたのでしょうか。

投稿: 栗原@simple | 2017年10月11日 (水) 09:09

広島の西条と言えば
日本有数の柿の産地であり黒柿などの工芸品が有名ですね。その手のマニアにはたまらないでしょう。

1-2年前は獺祭はなかなか地元酒店で買えなかったんですが、今はアマゾンでプレミアム価格なしで売られていて驚きました。
どこでも買えるようになったんですね。

投稿: | 2017年10月11日 (水) 18:56

西条が柿の産地とは・・不覚にも知りませんでした。

街中でも、黒柿などの工芸品は見かけないのですが・・・

獺祭も、一時期の狂乱は落ち着いてきたみたいですね。
ちなみに、同じ山口県の銘柄では、個人的には東洋美人が好みです♪

よろしければ、お試しください。。

投稿: 栗原@simple | 2017年10月12日 (木) 09:02

黒柿工芸品はあまりに高く、希少ですので
普通は店頭においていません。店に出回る前に大概売約になるようです。
あの手の木材(屋久杉、黒柿)は一部マニアには喉から手が出るようなものですが、興味ないと全く理解不能です。 偽物も多いようです。

柿の産地として島根の平田の柿も有名です。
いまから美味しいシーズンになるのではないでしょうか。

日本酒銘柄ご紹介ありがとうございます

投稿: | 2017年10月12日 (木) 12:13

まあ、確かに巷には出回らないでしょうね。

おっしゃるように、黒柿には偽物も多く・・と言うより、大多数が偽物とも言われていますが、日本人の銘木信仰(偏重)が続く限り、一定の命脈は保たれることでしょう。

柿が美味しい季節です。
このあたりでは、やはり吉井でしょうかね。

柿食べたい。。
日本酒も。。

ついでに焼酎も。。♪

投稿: 栗原@simple | 2017年10月13日 (金) 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノーベル文学賞 | トップページ | 柔らかな印象の絵本棚 »