« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

今日は

ハロウィンだそうです。

06_ill_hall19


・・・

ハロウィンって なに?

| | コメント (2)

2017年10月30日 (月)

健さん特集始まる

日本シリーズが始まりました。
ホークスは幸先よく2連勝しましたが、本番は敵地横浜に乗り込んでからですね。。

・・・

さて、始まったと言えば、この時期小倉昭和館の恒例。
高倉健特集。

命日であるこの時期に合わせて、毎年数週間に渡り健さんの映画が上映されます。

まずは任侠モノ、2本立て。
昭和残侠伝 日本侠客伝

任侠モノというと切った張ったで、バタバタと人殺しやバクチばかりしている暴力的なイメージがありますが、、
実際、私も過去にはそのようなイメージを抱いており、任侠映画はずっと避けていたのですが、見てみるとさにあらず。

もちろん人斬りのシーンは映画のクライマックスなのでたくさん出てはきますが、決してそれだけの映画ではない。

任侠とは・・
本来は、、仁義を重んじ、困っていたり苦しんでいたりする人を見ると放っておけず、彼らを助けるために体を張る自己犠牲的精神や人の性質を指す語(ウィキペディアより)

これが映画の主軸にきちんと据えられており、健さんは義理を重んじつつも、人情にも厚い渡世人として描かれているのであります。
この哲学に貫かれているからこそ、健さんの任侠映画は単なるヤクザ映画ではなく、ストイックな主人公が義理の人情の間で悩み、どのように振る舞うか・・という男の美学を見せつけられる、日本式ハードボイルドとでも呼べるような娯楽作品に仕上がっているのでありますな。。

が、それも今は昔。
昭和残侠伝というタイトルの通り、この映画が作られた昭和中期には、おそらくはもう任侠という言葉は古臭いものとして考えられていたのかもしれません。

まして、平成の今では・・・ね。

・・・

筋と言えば・・・

今の政界を見渡すと、右も左も・・筋の通らないことばかり。
自己保身ばかりで、筋を通さぬ政治家さんたちよ。。。

A072892


死んでもらうぜ。。。

| | コメント (4)

2017年10月27日 (金)

どうする?

洗剤と間違えて、漂白剤を入れてしまった。

(´-﹏-`;)

とりあず・・・どうする???

| | コメント (5)

2017年10月26日 (木)

クライマックスシリーズの呪い2 がんばれ広島

つづき

雌伏の数年が過ぎ、2010年にリーグ制覇。
しかし、もはやこの段階で、リーグ優勝ではしゃぐ気持ちはなくなっていました。

魔のクライマックスシリーズ。
ホークスにかけられた呪い、、これがある限り、日本シリーズへ行くことはできない。

相手は鬼門のロッテ。
しかし、順調に勝ち進み3勝1敗で大手!!!!

これで気が緩んだのか? はたまた、あと一勝ということで逆に固くなったのか?
その後にまさかの三連敗を喫し、三度日本シリーズを目前に敗退することとなりました。

この時ばかりは怒りというよりも諦め、、ある意味達観の境地に入ってきましたなぁ。
あまりに理不尽なことが続くと、それとまともに対峙することを避け、まあいいじゃん。 リーグチャンピオンだし、、日本シリーズなんてありゃ別の世界のお祭りよ。。 と、悟りの異世界へ逃避するような心持ちになりますな。

痛みも屈辱も、繰り返されると感じなくなるのであります。
いや、この痛みがむしろ快感に変わったりして(M性癖)

巷では、CS敗退を秋の風物詩なんて呼ぶようになりました。。。。

・・・

で、翌年の2011年。
リーグ二連覇。

でももう、はっきり言ってあまり嬉しくない。
はいはい、また秋の風物詩でしょ。 デジャブでしょ。

また悔しい思いをするくらいなら、いっそ優勝しないほうが良いのに・・など、かなり倒錯した危ない心持ちになったものです(遠い目)

しか~し。。。
この年は違った。

なぜかCSになると繰り返される打線の不振もなく、悲壮なまでの固さも感じられず、、
ついに、ついに、ついに、、、CSを突破して日本シリーズに行くことができたのであります。

CSが始まってから、苦節8年。
8年目にして迎える歓喜、カタルシスは、、他のチームファンにゃあ到底わかるメェってんだ、ちくしょうめ。。

あまり喜びすぎて、日本シリーズはもはやどうでもいいような感じになりましたなぁ。
ちなみに、日本シリーズも制して8年ぶりに日本一になりました(最良の年)

で、なぜこの年に呪いが解けたのかは、今もってホークスにまつわる謎となっております。
個人見解としては、内川の加入が大きかったのではないかと思っておりますが・・真相は分からん。

・・・
一旦呪いが解けると、その後は順調で。
2014年 2015年と 日本一二連覇。

そして、三連覇がかかった昨年が、後半の大失速で日ハムに歴史的逆転を許してしまう。
(CS敗退に並び称される、最大の屈辱となります)

で、今年、2017年 二年ぶりの日本一をかけて横浜と対決する運びとなるのでありました。

・・・

何を言っていたんだっけ  ( ゚д゚)アレ?
そうそう、広島ファンの気持ちを一番理解できるのは、ホークスファンであるということ。

ホークスは、CS(プレーオフ)元年に敗退を喫してから、8年にわたって三度苦渋を舐め続けてきました。
リーグ優勝したにもかかわらず、そのご褒美としての最大の果実である日本シリーズ出場を味わうことができず、この間に福岡の上空に漂ったため息の数は全空を覆い尽くすほどのものでありました。

この理不尽極まりない悪制度については言いたいことは百ほどもありますが、しかし、それによってプロ野球が活性化したのは事実でありますし、悲喜こもごものいろいろなドラマも生まれました。

悪法もまた法なり。
おそらく、今後もCS制度は続いていくことでしょう。

ならば、それを承知の上、前提とした上で、ファンとしての気構えを作り上げていくしか無いと思うのです。
球団を愛すほど愛憎が交錯するのが常で、恐らくは球団や選手などに対する批判も多いことでしょう。

しかし、その混乱、混沌とした状況を乗り越えると、きっとまた新たな地平が見えてくると思います。
何もすることはできませんが、しかし唯一、そのやるせなさを理解することだけはできます。

膝を屈したら、次は立ち上がるのみ。

来年こそお互いにCSを突破して、福岡対広島の超ローカル日本シリースを実現させましょう。

頑張れ!! 広島!!

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

クライマックスシリーズの呪い

広島が負けてしました。
私の長年の夢・・・西日本限定超ローカル日本シリーズは、またしても目前にして泡と消えてしまいました。

今、広島では数多くのため息が渦巻いていることでしょう。
やるせない気持ち・・よく分かります。

そう、ホークスファンならば誰でも、人一倍その気持が理解できるのです。

・・・

クライマックスシリーズ、、この馬鹿げた制度が始まったのは10年以上前のこと。
パ・リーグが、当時プレーオフという名前で導入しました。

レギュラーシリースの終盤に、優勝チームが決まってからのダラダラとした消化試合を改善するため。
観客を飽きさせず球場に通わせ、興行収入を上げるため。

その効果は確かにあり、とりあえず3位以内に入っていれば日本シリーズ出場のチャンスも有り、日本一にもなれる(それを日本一と呼ぶのかは異論もありますが)

そんなこんなで、レギュラーシーズンは最後の最後まで緊迫した戦いが続くことになりました。
今年のセ・リーグ、横浜DeNAと巨人の3位争いは面白かった。

・・・

この制度が導入された年(2004年)にパ・リーグ優勝を果たしたのはホークス。
しかし、プレーオフで西武に負け日本シリーズへは行けず。

翌年、、やはりパ・リーグ優勝はホークス。
今年こそ、、と思っていたのに、ロッテに敗退してまたも日本シリーズに行けず。
(この年はロッテが日本シリーズも制して、この時に下克上という言葉が生まれ定着しましたね)

想像してみてください。
2年連続リーグ制覇しながらも、2年連続で日本シリーズに行けなかった、、このやるせない気持ち。。

気持ちの持って行き場がない。
あのレギュラーシーズンの、長い戦いは一体何だったんだ?
こんな理不尽がまかり通っていいのか?

しかし、ルールはルール。
負けたからには潔く引き下がり、相手チームをたたえて応援したい、と思いつつも、素直にそうなれない自分がいて、その自分の器の小ささに自己嫌悪に陥ったりする負のスパイラル。

福岡では、ホークスファンの間では、この原体験が強烈なトラウマとなり、ホークスにかけられたクライマックスシリーズの呪いとも呼ばれるようになりました。

・・・

それ以降の数年間は、優勝は逃すもCSには出場して捲土重来を目指しましたがことごとく敗退。

・・・

思いがけず、、いや、予想通り長くなりましたので、、続く。

興味ない方、スンマセン。。

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

フェイスブックの疑問

フェイスブックの疑問。

数年前にアカウントを取ったのですが、それ以来ずっと開店休業状態。
SNSはよく分からないんだよね。

が、最近、とある事情により再開することになりました。

何人かと友だちになり・・・
すると、全く動かなかったタイムラインが、目まぐるしく変わるようになりました。

それに比例して、新たな友達候補などが現われては消え、消えては現われ・・
その中には見知った人も含まれていたりして、なるほど、こうやって輪が広がっていくのか、、と感心しきり。

・・・

初めての経験で、それを楽しんでいるのでありますが、、

先日のこと。。
友達リクエストが届きました。

確認すると、知らない人です。
プロフィールを見ても、写真を見ても、やはり知らない。
世代も違うし。

しかし、共通の友達が二人いて、ひょっとすると最近どこかで会った人で、こちらが記憶していないだけじゃないのか? と思ったり。

しばし考えて、結局リクエストを承認しました。
すると、すぐにメッセージが届き、、承認ありがとうございました、これからもよろしくお願いします とのこと。

丁寧な人だなぁ。 とちょっと感心。
で、返信メッセージ  ○○でお会いした方でしょうか? と返すと・・・

いえ、そこには殆ど行ったことないので、違うと思います。 だそうです。

?????

はて?
という事は、相手も私のことを知らないまま友達リクエストを出したということ? 

どーゆーこと?

・・・・

さらに話は続いて、、
それから立て続けに、やはり知らない人数人からのリクエストが・・・

住所も東京なので、確実に知らん人だわ。
よく確認すると、どうやら最初に承認した人からつながっているらしい。。

これって・・?

・・・

ここで質問なのですが。
フェイスブックの友達リクエストって、ツイッターのフォローと同じような感覚のものなのでしょうか?

気軽にリクエストを出し、それを承認して知らない不特定多数とつながるのがフェイスブックの妙味なの・・かな?

私としては、そのような興味はなく、ごく近しい人たちとの間でつながりを持ちたいと思っているのでありますが。

どなたか、、フェイスブックの流儀をご教示くださいませ m(_ _)m
SNSは・・よく分からんね。

・・・

最後に
カープ  頑張れ!!!

| | コメント (6)

2017年10月23日 (月)

モヤモヤ晴れる

_| ̄|○ _| ̄|○ \(^o^)/ \(^o^)/ヽ(=´▽`=)ノ

と言うわけで(JKか??)、ホークスの日本シリーズ出場が決まりました。

これで心の中のモヤモヤがようやく晴れました。
もちろん、日本シリーズも制して日本一になって欲しいですけど、日本シリーズはお祭りなので最後まで一喜一憂して、結果がどうであろうと心地よいカタルシスを感じることができます。

願わくば、、是非広島カープが勝ち上がって欲しい。
昨年と同じように、リーグの覇者同士が雌雄を決するのが日本シリーズのあるべき姿。

昨年、ホークスの大失速で実現しなかった、西日本限定超ローカル日本シリーズが、今年こそ現実となることを願うばかりです。

・・・

とりあえず、日本シリーズが始まるまでは落ち着いて仕事に専念できそうです。

選挙も終わったし・・ね

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

とりあえず

とりあえず一勝

_| ̄|○ _| ̄|○ \(^o^)/

和田の調子がいまいちだったけど、打線の組み換えで打がつながるようになったね。
これで上がり調子に・・なってもらいたいけど。。

これからが正念場。

・・・

なんだかんだ言って、CSで盛り上がっているワタクシです。
(釈然とせんね)

| | コメント (2)

2017年10月20日 (金)

まさかの

東浜、千賀で、まさかの二連敗。

_| ̄|○ _| ̄|○

ますますブログが荒れそうです・・・・

ギャオー

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

馬鹿げたシリーズ

ホークス

第一戦を落としてしまった _| ̄|○

もちろん、まだまだ始まったばかりで、勝負はこれからなんですが・・
なんだろう、このモヤモヤした気分。

毎年書いていますが、クライマックスシリーズって何なんだ!
これが始まると必ず下克上というキーワードが出てきますが、これを聞くたびに本当に腹立たしい気分になるぞ。

何度も言うぞ!
要するに、少しでも収入を上げたいという球団側の思惑が作り上げたのがクライマックスシリーズ。
こんなバカげた制度のために、一年間かけて勝ち取った優勝の価値が、たった数試合という短期決戦で覆されてしまうかもしれないという理不尽。

下克上という言葉は、ペナントレースの価値、日本シリーズの権威を貶めていることになるのだぞ。
今年はセもパも、三位のチームが勝ち上がってきていますが、もし三位同士が日本シリーズに行ったらどうすんだ?

それを頂上決戦と呼ぶのか?
その勝者を日本一と呼ぶのか?
そしてそして、ファンは心から喜ぶことができるのか?

いやいや・・まだまだ始まったばかり。
何を縁起の悪いことを言っているのだ(あたふた)

気を取り直して、ともかく・・
そのようなことにならないよう、今年はホークス対広島という、西日本限定超ローカル日本シリーズが実現すると信じてますぞ(私の長年の夢)

あああ、なんだろう このモヤモヤした気分。
クライマックスシリーズという、この馬鹿げたシリーズが終わるまで、ちょっとブログが荒れるかもしれません。

スマヌ

| | コメント (2)

2017年10月18日 (水)

年の功

突然寒くなり、冬が近づいてきたような感じです。

最近は、秋と冬が極端に短くなったような気がしませんか?
これも地球温暖化の影響でしょうかね。

一昨日は、寝ているときに寒くなって、急遽冬用の布団を引っ張り出しました。
が、間に合わず、朝にはくしゃみが・・・

こんな時は。。
そう、早めのパブロン。

パブロンは私の常備薬で、常に在庫を欠かしたことがありません。
ちょっとでも変だ、と思ったら、すぐ飲む。

もちろん昨日も飲んで、今日は平気。

歯もそうですが、風邪も早めの対処、予防が肝心ですね。
この歳になって、ようやくそのようなことに気が回るようになりました。

年の功?

| | コメント (3)

2017年10月17日 (火)

歯は大事

2ヶ月に一度、歯医者に行ってます。
悪いところがあるのではなく、定期メンテナンスですね。

何年か前に、歯の詰め物が取れて歯医者に行ったら、あちこち悪いところを指摘されて、、
この際なので、全て治してもらったのですが、数カ月の時間と数万円の出費となって泣きそうな思いをしました。

それに懲りて、じゃあ定期メンテナンスで予防をしていこう、、ということにしたのであります。

メンテナンスの重要性は、以前NHKのプロフェッショナル(歯医者が主人公の回)で指摘されていたことでもあり、この年になったら健康もタダでは手に入らない。。と思っていたところでもありました。

・・・

5年前に母を亡くしましたが、そのきっかけは・・・歯でした。
歯が痛い、、ということで歯医者に行き、想像以上に状態が悪いことが発覚。

口腔外科送りとなり、結局全身麻酔で手術。

それがきっかけとなって体力が落ち、足腰が弱り・・・
となると、もともと高齢で糖尿病の持病があったのが災いして合併症などが起き・・・
別の病も発覚し・・

このような負のスパイラルが続いて、あれよあれよという間に一年を待たずに、、最期はやはり歯が最終的な引き金となって、、亡くなってしまいました。

・・・

きっかけは歯
そして、最期もやはり、、歯

歯を大切にする重要性を、母は文字通り身をもって示してくれたのかもしれません。

・・・

が、、忘れてしまったぁ~
先週行くはずだったのに・・前日がオフ会で、ちょっと二日酔い気味だったためでしょうか??

以前の私だったら、面倒くさいからもういいや!
別に悪いところもないし・・と、やめていたことでしょう。

が、今の私は違いますよ(エヘン)
予約を取り直し、今週は忘れずに・・・また行ってきま~す。


皆さんも、歯を大切に! smile

| | コメント (3)

2017年10月16日 (月)

秋雨前線

梅雨に入ったような天気でございます。

雨 雨 雨 今日で何日目だろう?

まあ、ホントの梅雨に比べると、木工作業の制約もそれほど多くはないのですが、それでも出来上がり品質を考えるとためらわれる工程もあり、悩ましいことであります。

この天気、少なくともまだ一週間ほどは続くとのこと。
勘弁してほしいなぁ~

秋雨前線のバカヤロー

| | コメント (2)

2017年10月13日 (金)

絵本棚 設置後の写真

先日ご紹介した絵本棚について、お客様から設置後の写真をいただきましたのでご紹介します。

20171012_002


お子様が早速いろいろなものを収納したとのこと・・・
やはり、本棚は空の状態より、本や物を置いたほうがサマになります。

20171012_001


全体像です。
黒いウォールナットがきれいに映えていますね。

そのうち、落書きやシールを貼られたりするでしょうが・・とのこと。
でも、それらもお子様の成長の証ですよね♪

三人のお子様の成長を、しっかりとこの本棚に刻んでいただければと思います。
健やかなご成長をお祈りしております。

・・・・

そう言えば・・・ハロウィンじゃね。

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

休肝日

昨日は木工オフ会で、ちょっと二日酔い気味かも?

酒まつり以降、アルコール量が多めになってるなぁ(反省)

今日は休肝日にしようっと。

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

柔らかな印象の絵本棚

新作のご紹介。

20170928_036


絵本棚です。
お子様用、絵本を収納する本棚としてご相談をいただきました。

20170928_024

絵本は小さなお子様にとってはとても楽しいもので、知らず知らずのうちにどんどん数が増え、気がつくとけっこう大変な量になってしまいますね。

それに加えて、絵本は小さなものから大きなものまでサイズが様々ありますので、いざ収納するとなると、なかなか厄介なアイデムでもあります。

我が家もかなり悩んだものでした(遠い目)

20170928_033


と言うわけで、絵本棚としては様々なサイズに対応しなければなりません。

まず上段には通常サイズ(小~中)くらいの本が入る高さとし、下段は大型絵本までゆっくり収納できるサイズとしました。

20170928_029


上段の仕切りは手前側を半円形に切り取ることで、本の出し入れを容易にしました。
また、仕切りの奥行きは浅めとしていますので、手前側に大きな玩具などを置くこともできます。

使い方はアイデア次第♪

そして、中央部は引き出し付き。
こまごましたものもスッキリと収まります。

20170928_038


柔らかな雰囲気で・・とのご要望にお応えし、天板・棚板・側板などの手前側にはかまぼこ状の面取りを施しました。
見た目も優しい印象で、もちろん触っても柔らかで気持ちいいですよ~

20170928_039


素材はウォールナット。
お部屋の他の家具もウォールナットで統一されているとのことです。

正面三分割は、三人のお子様に合わたものです。
仲良く使ってね♪


お届先 大阪府

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

西条酒まつり 酩酊の一日

連休中は、西条酒まつりに行ってきました。

酒まつり・・なんと魅惑的な響きなのか(うっとり)

東広島市の西条は人ぞ知る酒の都で、西条駅前に造り酒屋がずらりと並んでます。
賀茂鶴、賀茂泉をはじめとして複数の酒蔵が立ち並ぶ白壁通りは、左党であればその風景、佇まいだけで思わず顔がにやけてしまうほどでありますな。

それがそれが・・
年に一度、街を挙げての酒まつりをやるという。。

不覚にも・・・この歳になるまで知らなかった _| ̄|○

・・・

で、今年は満を持していそいそと出かけたのであります。

駅前や酒蔵通りを中心として、複数の町内全体がお祭りとなるのですが、その中でもメインは、何と言っても酒ひろば。

前売り1,600円を払って入場すると、なんと日本中から集めた日本酒ばかり1000種類の銘柄が飲み放題という太っ腹。

1000種の銘柄。
飲み放題。

日本酒党にはたまらない、夢のような祭り。
朝10時から夕方5時まで、、、酔っては覚まし、覚めたら呑んで・・・ 一日中常にほろ酔い加減で本当に夢の仲にいるよう感じでありました。

ただ、早めに酔ってしまったため、各地の味を十分に味わえなかったのが心残り。
これを教訓に、来年の酒まつり作戦を今から練っていこうと心に誓ったのでありました。

酒まつり・・なんと魅惑的な響きなのか。
(人´∀`).☆.。.:*・゚


参考リンク → 酒まつり

| | コメント (6)

2017年10月 6日 (金)

ノーベル文学賞

ノーベル文学賞が、日本出身の英国人、カズオ・イシグロ氏に決まったとのこと。
昨日はなかなか賑やかでしたね。

・・・

私は、本屋に行くときには必ず海外書籍のコーナーに立ち寄るのですが、海外文庫ではハヤカワが大手で、ハヤカワepi文庫のシリーズにカズオ・イシグロ氏は多く登録されており、読んだことはないけど、名前だけは知ってました。

明らかに日本人の名前なのに、なぜ海外文庫なのだろう?
と思って手に取ったこともあるのですが今ひとつ食指が動かず、買うのは別の作家のものばかり・・・ で、今に至ります。

これを機に、ちょっと一冊、、と思っているのですが、、もう多分、売り切れだろうなぁ。

・・・

英国人なので、大袈裟に喜ぶのはどうか? という意見もあるようですが、イシグロ氏本人も川端康成、大江健三郎に続く受賞で嬉しい、と言っているように、日本人としてのアイデンティティーを濃厚にお持ちの人物のようです。

そのような心情の作家がどのような小説を書くのか?
俄然興味が出てきましたよ♪

これを機に、ちょっと一冊。
でも、売り切れだろうなぁ 多分。

| | コメント (2)

2017年10月 5日 (木)

フラップ式キャビネット

新作をご紹介します。

20170928_003


フラップ式扉のキャビネットです。
当初はオーディをなどを収納するキャビネットとしてご相談をいただきました。

20170928_005


お客様より図面をいただいたのですが、とても合理的な構造で、ほとんど手直しをすることなく設計図に落とし込むことができました。

20170928_015


ポイントは1メートルに及ぶ広い幅で、長い扉をストレスなく、スムースに出し入れするための構造です。
寸法がきつすぎてもゆるすぎてもダメで、経年的に寸法が安定し、さらに極力軽い扉にすることが求められます。

20170928_016


出来上がってしまえば何気なく見えますが、気まぐれな天然木を使っての製作はなかなか苦労いたしました。

20170928_011


素材はウォールナット。
ここのところ、ウォールナットの人気は絶大で、ウォールナットばかり使っている気がするなぁ。
(高いのが悩みのタネ)

20170928_012


オーディオ用だった用途は途中で変更。
リビングの様々なものを収納することとなりました。

中はがらんどうですので、容量いっぱいに収納することができますね。
そして、閉めてしまえば極めてシンプル。

扉にCDなどのディスプレイもできますよ。

お客様設計のフラップ式キャビネット、、機能性も抜群です♪


お届先 福岡県

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

節が出た

やはり天然木は厄介だ・・という話。

木取りをして、木作りをして、さて、、というときに。
節が出てきましたぁ(泣)

節が出てくるのはままあることで、小さなものであれば対処の方法もいくつかあるのですが、、
今回節が現われたのはほぞになる部分。

あぁぁああぁ _| ̄|○

言うまでもなく、ほぞは家具の強度を担保する最も大事な部分。
組み上げてしまうと見えなくなるところですが、ここが肝心要の部分で、ここに節がかかることはあってはなりません。

・・・

廃棄。

・・・

高価なウォールナットなので、断腸の思い。
何かに転用できないかしら?

天然木は厄介じゃ。

| | コメント (3)

2017年10月 2日 (月)

木の不可思議さ

キャビネット、納品前のチェック中。

キャビネット類は、組み上げた後に一旦バラバラにして塗装し、再度組み立て直すというのが標準工程です。
で、組み立てなおしてみると、、あれ?

扉の動きがおかしい。
見ると、扉の框が外枠に微妙に干渉しており、これで動きがおかしくなっているようです。

(。・_・。)

・・・

微妙な構造であるというのは机上検討で分かっており、このために寸法変動が極力少なくなるよう材を選び、板幅も極力細くしたりと、慎重に進めてきたのですが、ほんの僅か動いているよう・・

このようなことは初めてで、木という天然素材の不可思議さを改めて実感しているところです。

・・・・

もうちょっと状況を精査して・・
おそらくは鉋をひと掛け、もしくは二掛けで具合も良くなることでしょう。

木工というのは、奥が深いなぁ~

| | コメント (4)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »