« 別府好き | トップページ | 厄介な棘差し »

2017年9月26日 (火)

仏壇

新作のご紹介。

20170830_026


仏壇です。
お客様から原案をいただき、それを元に各部のデザイン、詳細を決めていきました。

20170830_028


仏壇は今までにも製作してきましたが、その多くはデザイン的には一般的なキャビネットで、宗教色を殆ど感じさせない物。
故人の思い出の物を飾ったりという、メモリアルボックスとでも言うべきものでした。

20170830_020


対して、今回はお客様のご要望をお受けして、仏壇然としたデザインで臨みました。

20170830_015


特長はやはり、、この折扉。
通常は開きっぱなしになるために、省スペースの折扉とするのが仏壇の大きな特徴で、これが仏壇としての一番大きな意匠と言えるのかもしれません。

20170830_027


取っ手の月の輪下りは、お客様のご指定。
黒い取っ手がピリリとスパイスのように効いています。

20170830_024


内部はひな壇状に。
上段の中央、太鼓状の部分には御本尊が置かれるのでしょうか。

そして、底部には引き出し式の棚を仕込んでいます。

20170830_013


裏板まで総天然木。
材種はホワイトオークで、これに膿色の着色を施して仕上げました。

20170830_022


華美な装飾を排しつつも、仏壇としての佇まいを感じさせる雰囲気。
ご先祖様が身近に感じられるように、そのような思いを込めて製作しました。

合掌


お届け先  千葉県

|

« 別府好き | トップページ | 厄介な棘差し »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

お世話になっています。
仏壇の製作始められたんですね。

小型仏壇、厨子はたぶんこれから需要あると思いますよ。
私は信仰心はまったくないのですが、さすがに仏壇はやはりつくらないとヤバいかと思ったくらいです。

核家族が進んでますので、小型の仏壇や厨子など
を木工職人や指物屋の方がつくられているのをよく目にします。

本格的な昔ながらの仏壇の需要が今の核家族の家には合わないんですね。

仏壇は扉を広げて使うので、扉を広げた状態を通常の形とし、丁番の取り付け方が普通の家具とは違うということを聞いたことがあります。真偽のほどはよくわかりません。

投稿: いつもの名無しさん | 2017年9月26日 (火) 18:39

ご依頼があれば仏壇も作りますよ♪
透かし彫りのような彫刻はできませんけど・・

おっしゃるように、仏壇や厨子については毎年いくつかのお問い合わせを頂きます。
それぞれによってご要望も様々で、これらが現代日本人の信仰心や、また、今の住宅事情などを象徴しているように感じられますね。

昔ながらの本格的?な仏壇は、現代家屋にはミスマッチでしょうし、なによりも置く場所がありませんよね。

丁番について・・・
う~ん、さすがに鋭いところを突きますね。。

言われる通りで、通常は開けっ放しにすることが基本ですので、丁番の選定や取り付け方にも何かしらの流儀、ルールがあるのか?
と思い、かなりの数の仏壇を見比べてみたのですが、、

それぞれ様々なバリエーションがあり、これと言った法則性は無いように思われます。

まあ、仮にあったとしても、必ずしもその流儀に囚われることもないかな・・とも思っており、私流に考えるベストな取り付けを施したつもりであります。

丁番以外にも、須弥壇の作り方などについても様々ありそうですが・・
今後需要が増えていけば、もうちょっと突っ込んで調べてみたいところですね。

なかなか奥が深いアイテムです。

投稿: 栗原@simple | 2017年9月27日 (水) 09:05

はじめまして.
母が亡くなり仏壇の自作を考えています.
もしよければスライド棚について教えてほしいのですが…
このスライド棚は上下の板で挟み込んでいるだけですか?それともスライドレールなど使われていますか?
突然のぶしつけな質問で申し訳ございません.

投稿: kk | 2021年2月12日 (金) 08:53

kkさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

スライド棚は上下の棚で挟み込んでいるだけで、スライドレールは使っていません。

スムースな動きのためには正確な寸法管理が必要で、最も気を使う部位です。

良いお仏壇ができるよう、、
また、ご母堂様のご冥福をお祈りしております。

投稿: 栗原@simple | 2021年2月12日 (金) 09:05

早速お答えいただきありがとうございます。
今いろいろ考えながら図面を引いてるところです.四十九日には間に合わないかもしれませんが,何とか自作したいと思います.

投稿: kk | 2021年2月12日 (金) 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別府好き | トップページ | 厄介な棘差し »