« 台風接近中 | トップページ | 大雨 »

2017年7月 5日 (水)

台風の日には冶具を作ろう

昨日は雨の一日となりました。
幸いにして、ここ北部九州は台風の影響はさほどでもなく、午後過ぎには晴れ間も出るほどでした。

しかし、木取りなどはできないため、昨日はかねてより構想していた冶具を製作することにしました。

・・・

冶具、、ジグと呼びます。
加工補助具のことで、木工に限らず、製作現場には欠かせないものです。

昨日作ったのは留め切り冶具、、板の端面を45度で切り取るための冶具です。
これを横切り盤にセットして、板を乗せて一気に切り取るのであります。

今までは、横切り盤の鋸を傾斜させて切っていたのですが、これ、結構面倒なんです。
留め切りのキモは、とにかく正確に45度で切ることに尽きるのですが、傾斜を正確に合わせるのが滅法大変。

機械の角度ゲージは目安に過ぎず、デジタル式スラントゲージを使ったこともありますが、、企画倒れ。
結局は試し切りを繰り返しながら少しずつ追い込んでいくしかありません。

そして、切り終わったあとは、今度は正確な90度に戻さなくてはならなく、これまた大変。

なので、軸傾斜をすることは心理的にものすご~く抵抗があるのです。
(同業者の方なら、共感していただけると思います)

・・・

と言うわけで、冶具作り。
冶具作りはある意味作品作りよりも大変で、試作をしながら一日がかりでした。

で、さっそくこれを使って作品作り。

うまく行きました。 (・∀・)

・・・・

冶具づくりも面倒なので、構想しつつ後回しにしてきたのですが、台風は良いきっかけとなりました。

今日は組み立て・・・順調に仕上がりますように。。

|

« 台風接近中 | トップページ | 大雨 »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風接近中 | トップページ | 大雨 »