« 山を越える | トップページ | 若者のバイク離れ »

2017年6月17日 (土)

間違い電話増える

最近、間違い電話が多いんです。

どうやら、どこかの事務所と間違われているらしい。

「小林さんいますか?」

いませんけど。
どちらへおかけでしょうか?

「あれ、あら、そうですか・・」 ガチャン

年配の女性が多いのが特徴。

・・・

以前も間違われていたことがあり、この時はどこかの書道教室と勘違いされていたようで・・・

「○○先生でしょうか?」

違いますけど

「えっ じゃあ、△△さんはいますか?」

こちら、家具屋なんですが、、

「あら、おかしいわ、、だってそちら 871-5826 でしょう?」

そうですけど、○○さんも、△△さんもいません。
私一人で、しかも、ずっと家具屋です。

「ホント、変ねぇ」 ガチャン

おそらく、書道教室のパンフレットなどに電話の誤植があったのでしょう。
この時は、しばらくこのようなことが続きました。

間違われているのに、相手にちょっと逆ギレされたりして、なんか納得行かないことが続きましたなぁ。


その後、携帯が主流となり、電話番号も登録が殆どになったおかげか、間違いはなくなっていたのですが、、
最近また増えてきました。

機械を回している時に電話がかかってくると、急いで機械を止めて、防音ヘッドホンと防じんマスクを外し、あたふたと受話器を取ります。
そんな時に間違い電話だと萎えるのですね。。

昨日もそんな感じで、また間違いかな? と思いながら受話器を取ると・・・
売り込みの電話でした。

_| ̄|○


萎える。

|

« 山を越える | トップページ | 若者のバイク離れ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山を越える | トップページ | 若者のバイク離れ »