« 除草の日 | トップページ | 見込みと違う »

2017年6月 5日 (月)

新しい技法

長年家具作りをやっていると、良くも悪くも自分の流儀というものができてきます。
デザインはもちろんのこと、構造や設計なども幾つかのパターンがあり、それらを組み合わせTて進めていくのが一般的です。

皆そうですよね。。。

が、時々、在来技術ではできないことに当たったりして、その際にそれを極力回避する方向に行くのか、新たな技法を考えてそれに挑むのか?  悩ましい選択を迫られることもあります。

このようなこ時、NHKのプロフェッショナルならば、新たなものに敢然と挑むというドラマチックな展開になることでしょうが、リアルな製作現場においては事はもうちょっと複雑であり、様々な制約や、思惑や、打算や、いろいろなものが絡み合って悩んだりするもんでございます。

能書きが長くなりましたが・・・・

今、新しい技法に挑んでおります。

と言っても、まだ机上段階ですが、どのようにやればよいのか・・ということを検討中。
果たして、うまく行くのか?

先はまだ長いぞ。。


出来上がってしまうと、その構造は全く見えなくなるんですけどね~

|

« 除草の日 | トップページ | 見込みと違う »

木工 日常の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 除草の日 | トップページ | 見込みと違う »