« 見つからず | トップページ | 月末恒例 »

2017年6月28日 (水)

藤井聡太四段の快進撃

将棋が盛り上がってますね。
藤井聡太四段、、すごい人が出てきたものです。

私もその昔、小学生の頃に将棋を覚えましたが、これがからっきしダメで、ちっとも強くなりませんでしたなぁ。
その頃は、中原誠名人の全盛期でしたが、米長邦雄棋聖や、今人気の加藤一二三九段なども現役バリバリで、皆個性があって面白い時代でした。

私自身はヘボ将棋のままでしたが、それでも休日などにはNHKの将棋中継などを見ていたものでした。

その後、谷川浩司がさっそうと現われ、次に羽生善治、渡辺明と、スター棋士が登場して再び将棋人気となりましたが、ここ最近は一般の間では将棋に対してそれほどの盛り上がりがなかったように感じます。

話題になるのは電王戦などの人間対AI対決で、それもAIが徐々に人間を越えつつある現実を前に、知的ゲームとしての将棋の魅力が色あせてしまうような複雑な思いを抱いていました。

・・・

そこに彗星のように登場したのが藤井四段です。
中学生棋士として話題になったのは少し前のことで、それがあれよあれよという間に連勝記録を積み上げ、ついには30年ぶりに連勝記録を塗り替える29連勝を成し遂げてしまいました。

中学生ですよ(驚)

正に事実は小説よりも奇なりで・・・漫画でもこのようなストーリーは描けないでしょう。

・・・

Kekka20170327_02


中学三年生。。

インタービューなどで、顔を見るとたしかに中学生なのですが、その口から語られる言葉はおよそその世代の文言とは思えず、極めて落ち着きがあり、ある意味達観したような老練さも感じさせるほどのもので、毎度ニュースを見ながら感じ入る次第です。

・・・・

プロ将棋界は、最近ではスマホカンニング疑惑でちょっと話題になったくらい。
さらに、人工知能に凌駕されつつもあって行き詰まり感が漂っていた中に、将棋の神様が突然この若者を投げ入れたような絶妙さを感じます。

藤井四段の快進撃が続く背後で、敗れた若手騎士たちの心中はいかなるものか?
悔しさを隠せない対戦相手の表情などを見ると、やはり将棋というのは盤上の対決で、格闘技なのだなと再認識させられます。

人間対人間の勝負。
悲喜が交錯するからこそ面白く、それが見るものをひきつけ、熱狂させるのでありますな。

・・・

どれほど連勝記録を伸ばすのか。

そして、タイトル戦(特に竜王戦)でどこまで勝ち上がるのか?
羽生3冠や、そして、ひょっとすると渡辺竜王との対戦もあるのか?

プロ将棋界は、神様から選ばれたほんの一握りの天才集団がしのぎを削る舞台。
その舞台で繰り広げられる真剣勝負こそ、将棋の醍醐味だと再認識しています。

いや~ 将棋って本当に面白いものですね。


|

« 見つからず | トップページ | 月末恒例 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見つからず | トップページ | 月末恒例 »