« 山も賑やかになりました | トップページ | ホワイトオークの学習机 »

2017年5月30日 (火)

山も賑やかになりました の続き

山で驚いたことの続き。。

山頂は昼食時で賑わってました。
福智山の山頂は、岩峰と草原の台地状になっており、360度展望の絶景が楽しめます。

好天だったので視界もバッチリ。
昼食を取り、まったりしていると、、何やらひときわ賑やかな集団が。。

聞こえてくる言葉は、、うん? 日本語じゃないぞ。

(・・?

ちょっと近寄ってみると、ひときわ派手な(・・失礼、、華やかな)服装の集団。
そして、韓国語。

えええ~ (@_@。


確かに、最近では町中や観光スポットで韓国人や中国人を見かけることは珍しくはなくなりました。
また、リサイクルショップなどでは、東南アジア系の人たちが常時いたりして、外国人がいる風景はもはや一般的日常と言えるかもしれません。

しかし、山の上にまでその現象が広がっているのは驚きです。
それも、富士山や日本アルプス、また、百名山などといった有名山ならばいざしらず、地方の里山とも言える無名山に外国人が押しかけるのはどういう現象なのか?

不思議に思いながら下山を始めると、たまたまタイミングが合ったのか、すれ違いで登ってくる人はみな韓国人。
「こんにちは」と挨拶すると、「コンニチハ」と片言の日本語で、、もしくは「アンニョンハセヨ~」と返してくれます。

紳士淑女です。
(山好きに悪い人はいないのは、恐らく世界共通)

展望が開けたところで歓声を上げる彼ら(彼女ら)を見ると、こちらも嬉しくなりますね。

びっくりした出来事でしたが、ひょっとすると日本の里山に登ろう・・なんてツアーが組まれているのかな?
最近では、ショッピングよりは体験重視のツアー客が増えてきているようなので、その一環として日本の自然を楽しむ、、なんてテーマで来日しているのかもしれませんね。

どなたか、、情報通の方がいらっしゃいましたら、コメントなどで教えて下さいませ。

m(__)m

山も賑やかになりました。

|

« 山も賑やかになりました | トップページ | ホワイトオークの学習机 »

休日」カテゴリの記事

コメント

昔はよく親に連れられて福知山に行きました。これまで一度も福知山登山中に外国人に一度も会ったことはありませんでしたが、外国人ほんと多いんですね。

河内藤園とかはネットですごい有名になったのは知っていますが、福知山は特別なものはなさそうだけど。

英彦山とか久住とかとは違い、登山好きの人が練習に行くイメージの福知山ですけど、北九州で登山ツアー組むとしたら、福知山ぐらいなんですかねえ。

久々に読ませていただきましたが、お子さんも入学されたようで、おめでとうございます。少し肩の荷がおりるものですか!?

投稿: もんち | 2017年6月 3日 (土) 10:11

もんちさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね、、福智山って地元民にとってはとっても魅力的な山ですが、全国的には無名山と思われ、、そんなところに外国人が団体で押しかけるなんで、とても不思議な事です。

ネットの影響か、それとも、地元の山に特化したツアーが組まれているのか?
おそらく、その両方ではないかと思っていますが、以前には見られない現象でちょっと戸惑ってます。

福智山を好きになってくれるのは嬉しいんですけど、これで大量に外国人が押しかけてきて大宰府のような混雑になってしまうのもいかがなものか?

静かな山歩きをしたいと思う身にとっては、ちょいと複雑な思いがします。

ようやく次男も進学し、受験が終わったということでは落ち着きましたが、学費の支払いということでは肩の荷は重くなりました。

(^^ゞ

あと4年の辛抱です・・・

投稿: 栗原@simple | 2017年6月 3日 (土) 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山も賑やかになりました | トップページ | ホワイトオークの学習机 »