« 散財の季節 | トップページ | お金がありません »

2017年3月 8日 (水)

宅配の危機

ヤマト運輸が、配達時間や料金体系を見直すというニュースが話題になってます。
ネット通販の急激な拡大がその元凶とのこと。

さもありなん。。

考えてみると、私自身もプライベートはもちろん、仕事でもネット通販を利用することが頻繁で、10年前と比べてみて、その比率は10倍ほどにはなっているかも??


手作り家具屋にとって、特に金物系の通販が充実したのはとてもありがたく、それまでわざわざ問屋へ出かけて箱買いしかできなかったものが、多少割高ながらも一個から発注でき、しかも自宅まで届けてくれる。

こんなありがたいことはありません。

今も、家具に使う大型のコルクボードとアクリル板を発注しており、ここ数日中には着荷するでしょう。
これらのアイテム、10年前だったら入手する術はなかったかもしれません。


このような状態が、おそらくは他業種でも起こっているのではないかと思われ、仕事でもプライベートでもネット通販は恐るべき量に拡大しているのでしょう。

だから、宅配業者は儲かって儲かって、ウハウハなのでは? と思っていたのですが、実態は正反対のようです。

思うに、今の宅配サービスはちょっと過剰で、親切すぎるような気もします。
再配達の比率も高いようですし、大手通販会社との多量契約値引きなどもあって、人手も足りず、利益率は下がっているのが実態とのこと。

(。・_・。)

サービスの見直しと、料金アップの検討もやむなしかなと思います。


入荷も、そして出荷にも各種宅配サービスを使っている身としてはちょっとつらいところもありますが、社会インフラの一つとも言える宅配業界が危機に瀕しているのは大きな社会問題とも言えるように思いますし、これを機に健全な状態へと近づいていくことを願っております。

今日も金具を発注しようと思っているのですが、、ホームセンターで探してみるかなぁ??

|

« 散財の季節 | トップページ | お金がありません »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散財の季節 | トップページ | お金がありません »