« 名義変更 | トップページ | 忘れた »

2017年3月27日 (月)

平成最後のヒーロー

痛みに耐えてよく頑張った、感動した 
という、小泉元首相の言葉を思い出したのは私だけではなかったでしょう。

稀勢の里、まさかの逆転優勝。

左肩負傷を押しての強行出場。
好調の照ノ富士を相手に、本割、優勝決定戦の二連勝は、恐らく日本中の誰も予想はしてなかったことでしょう。


めったに喜怒哀楽の表情を表さない稀勢の里が、日馬富士戦のあとに見せた苦悶の表情、、そして、土俵に上がり直すこともできなかった状況を考えると、左肩の痛みは常人の想像を上回るものであったと思われ、それを押しての出場は、やはり考えにくいことであったと思います。

実際、相撲協会の中からも出場を揶揄するような声が出ていました。


しかし、それを知っての強行出場は、新横綱としての責任感なのか、意地なのか、美学のようなものであるのか?
あの、貴乃花の時もそうでしたが、満身創痍で土俵に上る姿をハラハラしながら見守り、その後の勝利に感情が湧き上がるような熱い思いを抱いたこと、、それが長い時を経てまた目の前で再現されました。

君が代を聞きながら男泣きにないた姿は、新たな、そして恐らくは平成最後のヒーローを生んだ瞬間となるように思われ、今後長く語り継がれることでしょう。


それにしても、今場所の稀勢の里は今までとは明らかに違う。
あの、プレッシャーに弱く、ここ一番でころっと負けてしまう姿は片鱗もありませんでした。

立場が人を作る・・ということなのでしょうか。。


日本中を感動に巻き込んだ千秋楽。
ただ、その感動の中で、貴乃花の場合は強行出場が仇となり、傷が致命傷となって引退へ追い込まれることになりました。

稀勢の里も左肩も心配ではありますが、しっかりと養生し、また夏場所に元気な姿で戻ってきてほしいと願うばかりです。


D_08931303


おめでとう、稀勢の里。

|

« 名義変更 | トップページ | 忘れた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名義変更 | トップページ | 忘れた »