« 必需品はストーブとポット | トップページ | 突然の訃報に »

2017年1月18日 (水)

当世受験事情

次男のセンター試験も終わり、ちょっと一息ついているところですが、来月には私立大の入試、そしてひと月後には国立の二次試験が控えており、雌伏の日々はもう少し続きそうです。

それにしても、昔に比べて今の入試はかなりシステムが複雑化していますなぁ。
俄には理解できないことも多々あります。

まずは、私立大学がセンター試験を利用することになったこと。
以前は、大学入試センターが課す共通一次は国立大学のみが対象でした。

それに対して、現在のセンター試験は私立大学も対象となっているため、選択範囲が倍以上に広がります。

加えて、私立大の場合はセンター試験結果のみで合否判定を行う場合と、二次試験の結果を合算する場合の二つがあります。
また、センター試験とは無関係に、大学独自の一般入試で判定されるパターンもあり、さらにはその一般入試も全学部日程と学部個別日程の二つに大別され、併願ができる場合やできない場合など・・・

これ・・理解できますか???

これらを組み合わせていくと、私立大学の場合は入試のパターンが幾通りもあって、同じ学部に何度も挑戦できるチャンスがあるのです。

穿った見方をすると・・少子化の今にあって、いかに学生を集めるか、、さらには、入試パターンをたくさん作ることによって入学検定料で稼ぐ入試ビジネスのようにも感じられますな(これ、恐らく大学側の本音じゃないかな?)


私立が終わると、次は国立大学。
国立大学も前期日程と後期日程があり、同じ大学でも、別々の大学でも二度受験するチャンスがありますが、前期日程で合格した場合は後期日程を受けることはできません。

なので、第一志望大学を前期日程で、、第二志望・・というか、滑り止め的なところを後期日程にするというのが一般的で、このため、同じ大学の同じ学部でも、後期日程のほうが遥かにボーダーラインが高くなります。

さあ、ここまで書いてきて、ますます訳が分からなくなったことと思います。。。

二年前の長男の時は、ついにはこれらシステムの全貌が理解できずじまいでしたが、今年の次男の時になって、ようやくおぼろげながら全体像が見えてきたところです。

全国の受験生は、この超複雑なシステムの海をいかに泳いで希望の大学に入るかという戦略が求められるわけで、それを考えるだけでもなかなか大変なことですな。

そして、何度もある受験チャンスに、親は多額の出費を覚悟しなければならないのも当世受験事情と言えるのかもしれません。 

(´Д`)ハァ…


全国の受験生諸君・・・頑張ってね♪

|

« 必需品はストーブとポット | トップページ | 突然の訃報に »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 必需品はストーブとポット | トップページ | 突然の訃報に »