« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

良いお年をお迎えください

いよいよ今年も大詰めです。

今日は家の風呂掃除などをして、工房も大掃除ではなく、中掃除、でもなく、小掃除、いや、掃除、いやいやプチ掃除をしてお茶を濁したりしております。

今年を振り返って、私としては比較的落ち着いた一年でした。
特に大きな波乱もなく、怪我もせず、また、お客様からお叱りをいただくこともなく、まずまずは満足な年を過ごせたかなと思っています。

さて来年はどうなるのやら?
特に野望をいただいているわけでもなく、この平穏無事な生活がまた一年続けば良いなぁ。。などと考えている次第です。

ともあれ、一年間ブログをご愛読いただき、ありがとうございました。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

木工房シンプル 栗原

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

悪魔の電話

いつものごとく、年末までジタバタと製作しているのであります。

昨日は、錠の仕込み。
開き扉につける錠前で、掘ったり削ったりとなかなか面倒。

さらに、差込口にエスカッション(キーホールカバー)を象嵌しなければならないのですが、これ、工業製品のようにピッチリとした寸法/形状ではなく、良くも悪くも手作り感がふんだんに感じられるラフな形で、この不定形に合わせて穴を掘らねばなりません。
Cr0082_2


このために、友人より彫刻刀やらヤスリやらを借りて、まずは試作で腕試し。
満を持しての本番で、まあ、なんとかうまいこと埋め込むことができました。

ここまで占めて、4時間ほども掛かる工程で、とかく錠前の取り付けとは厄介ですが、しかし、一度やり始めるとプラモデルを組み立てるときのように夢中になる作業でもあり、それはそれで楽しい時間でもありました。
(しょっちゅうしたくはないけど・・・)


ひと心地ついていると、、電話。
出ると、材木屋さん。


うっ 来た  悪魔の電話じゃ。

そう、材木屋さんから電話がある時は、間違いなくおすすめの良材が入った時。

果たして、、受話器を取ると、年末のご挨拶を・・とのこと。
若干の肩透かしを感じながら、しばし世間話などを・・・

どうですか?
いやいや、ボチボチですかなぁ・・
儲かってますか?
儲かるわけありませんよ(これホント)

で・・ウォールナットをお探しでしたよね・・
(ほら来た ビンゴ)

FASのね、幅広長尺材があるんですけどね、フフフ♪
どうです一山?

悪魔の囁き。

ウォールナット、、高級材。
一山となると、、中古の軽自動車が買える価格。

う~ん。

頭のなかではいろいろな算段が目まぐるしく回ります。
ホント、数ある木工作業の中で、材木の価格を巡る話ほど頭を使う作業もないかもしれませんなぁ。

以下、頭の中の言葉。。

どうしよう?
欲しいのはホント、喉から手が出るほど。
ちょうど、ウォールナットの在庫も残り少なくなってるし・・
しかし、一山使うほどの注残ははいなぁ・・
いや、でも、材木は腐るもんでもないし(腐るだろ)
以前もウォールナット一山買って、それはそれは重宝な思いをしたし・・
そう、材木は一期一会・・
何を差し置いても、まずは材木を押さえるのが木工屋だ・・
そうだそうだ・・
買っちゃおうか?
いや、でも、この一時的出費は痛いなぁ・・
いやいや、一時を考えて商売はできない・・・
長い目で見ると、そちらのほうが利益が上がるのは言うまでもないよ・・・
そうだそうだ・・
買っちゃおうか?
いや、でもなぁ


ちょっと時間をください。
と、電話を切ったのでした。

一日考えて。
やはり購入。

という事で、今年最後の仕事としてウォールナット押さえました。

来年はウォールナットがふんだんにありますよ。
ウォールナット好きのお客様、どうぞお問い合わせくださいませ。


| | コメント (2)

2016年12月29日 (木)

予想はしてたけどね

だましだまし使ってきた給湯器がついに瀕死の状態となり、やむなくメンテナンスを呼びました。

来るなり一言・・・ ああぁ~これは!


いや~な感じ(まあ、ある程度予想はしてましたが)

内部で水が漏れてますね。
多分弁からの漏水でしょう。
型式が古いので、もう補修部品は手に入りません。
なので、大変申し訳ないのですが、修理はできません。

で、このままでは危険です。
漏水しているので、内部でショートしてブレーカーが落ちるか、最悪火災になる恐れもあります。
即電源を抜いてください。


やはり (-_-;)
(まあ、予想はしてましたけどね 火災は予想外)


じゃ、新しいものを取りけてください。
お値段は?(揉み手)

タイプが幾つかありまして、今は省エネタイプが主流でして、現状と同等の湯沸かし性能を備えたタイプはこれこれで、お値段は給湯器本体、設置費、消費税など、諸々なんだかんだ全部ブッコミのエイヤ~で、○○万○千円になります。

_| ̄|○ (よぞうはじでだげどね)


お願いします。

あっ 端数はおまけします。

ええ、ありがとうござんす。


という訳で、年末の年の瀬・・・懐は寒くなりながらも、ようやく暖かいシャワーをあびることはできそうです。

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

ロフトベッド

今年最後、、新作のご紹介です。

20161215_001


ロフトベッドです。

でかい(@_@。


小さなご兄弟が二人・・・子供の頃は親と一緒に。
大きくなったら、兄弟二人で仲良く寝られるように、、とのご要望でした。

そして、二段ベッドではなく、ロフトベッドにしてほしいとの由。

う~む (・・?
上のご要望、、二段ベッドであれば問題なく解決できますが、ロフトベッドとなると果たしてどうか?

ご承知の通り、ロフトベッドは寝床が一つしかありません。
一つの寝床で大人一人と子供二人、あるいは、大人二人が寝ることのできるサイズとなれば、ダブルベッドサイズが必要ということになります。

20161215_010


ロフトの高さにダブルベッドを持ち上げる構造。。 果たして強度的に保つのか?
どうやって組み立てるのか?

いや、その前に、どうやって搬入するのか?

いやいや、さらにその前に、私の狭い工房でそれほどの大きなパーツが加工できるのか?

打ち合わせをしながら、目まぐるしく頭のなかでいろいろな算段をしていました。
一旦持ち帰り、冷静に検討。

なんとか、なる。。
多分 (-_-;)

という事で、お受けしたのでありました。

20161215_003


しっかりと机上検討をし、満を持して作り始めたのは良かったのですが、、案ずるより産むが易しとは申しますが、その諺はこれについては当てはまらず、そりゃ難儀、難産でありました。

まあ、構造的には比較的単純なのですが、大きいために通常の加工方法を取ることができません。
このため、各部をどうやって加工するのか? ということを一から考え、試作をしながら進めていきました。

一つのパーツを加工するために工房の中のレイアウトをいちいち変えたりと、製作は遅々としてなかなか進まず、ため息が出ることも。。。

それでも、やっているとそれなりに慣れてくるもので、そうなってくると逆に楽しくもなり、普段の3倍ほどのサイズにもなるパーツの取り回しも堂に入ったものになってきましたわよ。

20161215_016


そしてパーツ完成。
仮組みした時は思わずガッツポーズで、さっそく試し寝をしたのは言うまでもありません。

(ΦωΦ)フフフ…

20161215_013


さて、搬入ですが、全パーツばらばらの状態で運び入れ、お部屋の中で組み立てを行いました。
一部は接着剤で固定し、他はジョイントボルト連結で分解可能、、、将来のリメイクやメンテンナンスの余地を残した設計です。

写真はすのこの状態ですが、この上に畳が入る予定です。

20161221_001


お客様にもお手伝いいただき、お部屋の中で無事組み立て完了。
まるでジャングルジムのような見かけに、お子様はもとより、大人でもテンションが上がります。

20161221_003


見上げると秘密基地のようでもあります。
この下の空間をどのように使うか? 考えているとワクワクしますね♪


大きな大きなロフトベッド。
北九州市内、近郊であれば製作可能です(遠方は無理)

お考えの方、是非お問い合わせください♪


お届先 福岡県北九州市

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

追悼 ジョージ・マイケル

ジョージ・マイケルがクリスマスになくなっていたとのニュース。
ショックです。

私と同い年。
早すぎるだろ!

ワムの時代から、ソロになっても幾つもの名曲を送り出していました。
あの頃・・よく聴いたよなぁ。


今年は、他にも多くのロックスターがこの世を去りました。

モーリス・ホワイト グレン・フライ デビッド・ボウイ プリンス 
キース・エマーソンにグレッグ・レイク(嗚呼ELP)
同世代の方なら、80年代によく聴いた人ばかりだと思います。

日本が一番元気が良かった時代で、レコードからCDへ移行する端境期でもありました。

ウォークマン、家庭用ビデオなどなど・・音楽にまつわる数々のアイテムが登場し、音楽もマイケル・ジャクソンを始めとして、楽曲と映像を組み合わせた総合パフォーマンスで見せる時代になって、毎月の新譜をワクワクしながらエアチェック(死語)したものです。

この当時聞いた音楽は、エバーグリーンとして我々世代に刻みつけられていることと思います。

その時代を飾ったスターの訃報を聞く度、当時を思い出すのと同時に、あの一番感受性が豊かだった時代がどんどん遠く、過去のものになっていることが実感されて少々寂しい思いがしますなぁ。


追悼として、ラストクリスマス。。
いや、クリスマスは終わったので・・・

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

サンタさんからの贈り物

牡蠣小屋で上唇をやけどして、ややこしいことになってます。
カレーがしみるぜ・・・

それはさておき・・・
お客様からの写真をご紹介。

20161225_001


弊工房定番、、丸いこども椅子と一緒の写真です。

サンタさんからの依頼により、クリスマスに合わせて製作いたしました。
この時期、毎年何人かのサンタさんと約束をしており、年に一度の大役を果たしているのでございます。

20161225_002


とっても気に入っていただけたご様子。

クリスマスに、木の椅子を送るって、なんて素敵なことなんでしょう。
そのお役に立てることができて、とても嬉しく思います。

サンタさんからの贈り物・・・大切に使ってね♪


お届先 東京都

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

恐怖のメロディー 恐怖の臨時ニュース

撮り貯めておいた映画を見ていました。

クリント・イーストウッドの初監督、そして主演の映画、恐怖のメロディ。
サイコサスペンスに分類されるのかもしれませんが、女性ストーカーの猟奇的な行動を描いた映画です。

ストーカーは、今では一般的(?)になった言葉で、それによる事件も珍しくない時代ですが、この映画の当時は極めて稀で、公開当時はその得体の知れない恐ろしさに観客も恐怖したことでしょう。

ストーリーは、簡単に言うと、クリント・イーストウッド演じる地域ラジオのDJが、聴衆の一人だった女性からつきまといのストーカー行為を受け、それがだんだんエスカレートし、ついには殺人未遂にまで発展するというモノ。

今ではさほど珍しくないストーリー建てですが、それなりに面白く見ていました。
ちょっと中だるみしたりするところもありますが、後半に急展開、これからいよいよクライマックスへ・・
という、一番肝心なところで・・

突然・・・嫌な警告音。

そう・・あの・・・地震警報です。

ちょいとビビりましたが、、あ、そうか、これ、録画だったんだ。。

と、胸をなでおろしたのですが、しかし、警告の表示が画面の三分の一を覆ってます。

オイオイオイオイ 見えねーよ!
字幕も半分かくれてるし、これからクライマックスになる一番良いところで、勘弁してよ。
しかも、録画だし・・今、地震起こってないし。

イライラしながらも、どうしようもありません。
警告は出続けており、さらには画面上に地震速報も出てくる始末。

もはや、映画は警告文の壁紙にしか過ぎません。
パネルクイズアタック25で、アタックチャンスの時に、画面の中央半分くらいが覆われているような状況でございます。

それでも、ありったけの想像力を働かせて、僅かな画面からストーリーを追っていたのですが。。

突然画面がニュースセンターに切り替わりました。
「突然ですが、臨時ニュースをお伝えします」


_| ̄|○


早送り・・・
その後クライマックスの10分は、全て臨時ニュースで埋まっていました。


がぁぁあぁあ


その後、一人寂しく結末をネット検索した次第でございます。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

師走モード

大きなものの納品を終えて、ほっと一息。

果たしてうまく搬入できるか、果たして予想通りうまく組み立てできるのか?
と、不安先行であったのが正直なところですが、お客様にもお手伝いいただき、無事搬入、設置完了!

その大きなものは・・

またいずれ紹介しますね (^^ゞ


年末の大きな山を乗り越えたばかりではありますが、その先にもう一つ大きな山が・・・

今日からは、その最後のピークへ挑むべく、全力を尽くします。

本格的、師走モードになってきましたぁ

| | コメント (5)

2016年12月21日 (水)

木の伸縮力

昨日、お客様から割れた椅子について相談したいという電話があり、見ることになりました。
どなたからか譲り受けた椅子が四脚あり、それぞれに亀裂が入っている由。。

見ると、木の座面に見事に亀裂が入っています。
こりゃ派手に割れたもんだなぁ・・・と思い、よくよく確認すると・・・

割れじゃなくて、矧切れ。
5枚の板を矧いで(接着して)木の座面にしているのですが、その矧面(接着面)が剥離しているものでした。

接着が甘かったのかなぁ?
と思い、座面を取り外してみると・・ 

ああ、なるほど。

座面は、それを支える台輪に接着されている状態。
台輪上面にたっぷり接着剤を塗った跡がありました。

木の座面は、湿度に応じて伸び縮みするので、この伸縮を妨げないように、座面が自由に動けるような固定方法をとらねばなりません。
対して、この椅子は、座面の下部周囲をガッチリと接着固定されていたために伸び縮みができず、その伸縮力が内部応力となってが一番弱い矧面に作用し、剥離させた・・というメカニズムです。

椅子は、チャーチチェアーを模した形で、その造作から推察してハイアマチュアが作ったものではないかと思われますが、最も基本的な木の伸縮について認識が甘かったようです。

この仕事をやっていると、時々このような場面に遭遇しますが、その都度改めて木の伸縮力というもの、その強さを実感します。
昔、石を割る時は、表面に穴を穿って木の楔を打ち込み、それに水をかけて楔が膨らむ力で石を割っていたとのこと・・

それほど木の伸縮力というものは力強いということなのでしょう。

木の物理的特性をきちんと把握して設計せねば。
と、改めて思った出来事でありました。

| | コメント (2)

2016年12月20日 (火)

68億円

なんと・・・

先ほど68億円が当たったとのメールが来ました。

ひゃ~
年末ジャンボの比ではない高額当選。
年末のこの時期にありがたや、ありがたや・・・・


(-_-メ)


で、受取手続きをしろということなのですが、年末のクソ忙しいこの時期に68億円も受け取っている暇などありませんので、泣く泣くメール消去した次第です。


(-_-メ)

さ、、、仕事しよ。


| | コメント (3)

2016年12月17日 (土)

追加工完了!

追加工、完了。

いや、思考実験や試作をして、事前確認は万全のつもりだったのですが、いざやり始めるとやはりなんだかんだとトラブルに見舞われ、結局一日がかりの加工となりました。

失敗は絶対に許されない。
もし失敗すると、既に組み上がったキャビネット全体が廃棄処分となってしまいます。

この圧倒的プレッシャーの中での加工は、しびれるようなマゾ的快感がありますな。


すわ、失敗か!!!
と思った瞬間もありましたが、その都度一旦冷却時間をおき、再度トライすることでなんとか修復。

この、超アクロバット的追加工を無事終えることができました。

良かった。 

心底ホッとして、胸をなでおろした次第。
一日がかりの加工となりましたが、無事完了したのはとにかく・・・良かった。

しかし、この難物キャビネット、、さらに困難な山がいっぱい待ち受けています。
年末の悪魔に再び見舞われないよう、慎重に進めます。

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

年末の悪魔 再び

パズルキャビネット。。。

思考実験を重ね、満を持して本組みをしました。
実験の成果あり、無事組み立て完了。

クランプをかけて、矩を確認して、これでOK。
あとは、接着剤が固まるまで半日ほど養生します。

一息つこうと、コーヒーを淹れてゆっくり。
このひとときがたまりませんね。

しばし休憩して、工房へ戻り、クランプがかかったキャビネットを確認。
改めて、無事組み上がったなぁ・・・と悦に入っていたところ・・・

んっ

なんだか、微妙な違和感が・・・

んんんん?

あれ


がぁ~coldsweats02


間違ってる。

ハレホレヒレハレ


正確には、パーツ段階でやっておかなければならなかった加工を、やってない。
加工不足のまま組み立ててしまいました。

パズル的組み立て手順に気を取られてしまい、事前確認から加工が漏れてしまったのですね。


どうする???

分解するか?

いや、もう接着剤を塗ってから30分は経っている。
冬場と言えども、初期接着強度は出ている時間・・・
この状態で分解できるのか?

この判断は重要で、うまく分解できればヨシ。
しかし、接着が進んだ状態で無理に分解すると、抜けずに立ち往生したり、最悪の場合はパーツを破壊してしまうことになります(散々経験あり)

分解は避けたほうが無難。
しかし、ならばどうする?

ならば、、、組んだ状態でパーツに加工を加える他ありません。

が、どうやって?

冬なのに、冷や汗が・・・・

昨年末の悪夢がフラッシュバックします。
一年前も、完成間近に致命的なミスをしでかし、納期がひと月遅れてしまうという史上最悪のトラブルを引き起こしたものでした。

ああああ、年末の悪魔が今年も現れたぁ~

どうする?
熟考すること30分。

かなりアクロバット的になりますが、こうすればできるのでは? との方法を思いつきました。

が、要注意。
このような時に、焦ってそれをやってはいけません。

焦ると、さらなるミスを誘発する可能性が高くなるのも経験済み。

「今日は、もうやめよう」
と、早じまい。

その後、ずっと考え続け、寝るまでベッドの中でも考えて、ようやく確信が持てるようになりました。
で、今日はその技法を試作で確認し、満を持して本加工に望む覚悟です。

厄介な事態ですが、この技法がうまく行けば、経験値が一つ上がるかな?
と、前向きに考えて、頑張ります。


| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

立体パズルのような

さて、複雑な形のキャビネットを製作しています。
まあ、完成してしまえば特段複雑なものには見えないのですが、内部構造はすこぶる複雑で、さながら立体パズルを組み上げるようでもあります。

設計段階で思考実験をして、それなりに図面を書いて、各部のパーツを製作し、仮組み。

想像はしていましたが、やはりパズルだわ。。
とりあえず、今のところはパズルは予定通りのところに納まり、設計上のミスは無し。

ただ、組み上げは想像よりかなり大変で、接着剤を入れる本組の時にスムーズに組み立てることができるのか?
幸い時は冬、、接着剤の乾燥もゆっくりですので若干の余裕がありそうですが、それでももたもたしていると接着剤が噛んでにっちもさっちも行かなくなります(経験あり)

今日はこの仮組み立体パズルを見ながら、さらに本組シミュレーションなどの思考実験の日となりそうです。

この年末、最後の難物。
静々と・・進めていきます。

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

冬に欠かせないアイテム

寒くなりましたので、今年も登場。
冬に欠かせないアイテム、、それは、、


湯たんぽ

数年前から使いはじめて、もう私にとって、湯たんぽは冬に無くてはならないアイテムになってます。

寝る時の寒い布団は嫌なものですが、足元が暖かいと大丈夫♪
電気アンカなどもありますが、湯たんぽのじんわりとした温かみはやはり格別で、それだけで一日の終りがハッピーになりますな。

快眠も保証付き。

そして、朝起きた時に、まだほのかに温かみが残っている湯たんぽを、足先で探るのもいいものです。

ただ、一つ問題が・・・
ベッドで使っているので、寝相が悪くて蹴っ飛ばしたりすると、床に落ちてドスンという大きな音がすること。

これが家人に極めて不評で、、微妙に白い目で見られるのが悩みのタネ。


でも、なんと言われようと、止めるつもりはありませんよ。

寝相を良くして、今日も快眠♪

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

牡蠣の季節到来

牡蠣の季節になりましたね。

ということで、行ってきました、牡蠣小屋。
先の冬にお客さんにご紹介いただいた小屋で、北九州の端っこ、門司区の裏側、周防灘(豊前海)に面した産業道路沿いに、期間限定でオープンします。

牡蠣小屋と言えば、以前は100キロ以上もの距離を延々走って、佐賀県は有明海に面した太良町まで行っていたのですが、この牡蠣小屋はせいぜい20キロあまり。
お隣さんと言ってよいほどの距離です。

中に入ると、暖房もしていないのにすごい熱気。
炭床がずらりと並んでおり、たくさんの人が牡蠣を焼いている、その熱気がこもって暖かい・・と言うより、熱いくらい。

ご当地の牡蠣は、ここのところ豊前一粒牡蠣と銘打ち、ご当地特産食材として売り出しているもの。
これが、お世辞や身びいきなしに、本当に美味しい。

牡蠣飯と合わせて、堪能しました。

さて、牡蠣の季節ははじまったばかり。
この牡蠣小屋も含めて、あちこちの店で牡蠣が供される時期です。

次はどこにしようかなぁ?
と、ニヤニヤしている今日此の頃なのであります。

| | コメント (4)

2016年12月10日 (土)

アートのような

ロングセラー 丸いこども椅子

10072720013


週末の土曜日は、丸いこども椅子の製作日と決めています。
本日もせっせと製作中。

そんな折、お客様から写真をいただきました。

20161208


す、素晴らしい。

窓の外の銀杏と、椅子とのコントラストがとても素敵で、アートのような構図に思わず見惚れてしまいました。

今年、あちこち紅葉狩りに出かけたけど、これだけ見事な銀杏は見られず、図らずもいただいた写真で今年の秋を満喫した次第です。

銀杏を前に、オーナーさんをじっと待つ小さな椅子。
家具にもいろいろなドラマがありますね。

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

オフ会

昨日はオフ会(忘年会)でした。

近隣のプロ木工家同士の集まりで、もう10年ほど続いているでしょうか?
互いの近況を確認しあうとともに、木工技術の情報交換的な意味合いもあります。

個人でやっている木工屋にとっては、これらちょっとした情報がとてもありがたく、今後の製作に色々活かせそうです。

それにしても・・・ちょっと食べ過ぎ (^^ゞ
普段の3倍くらいの量で、今朝から体が重いぞ。

で、今日は昨日の情報を元に、せっせと製作に取り組むことにしましょう。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

オークションの世界

ここのところ、とあるものを探してネットオークションを見て、いくつかは入札したりしているのですが、終了直前で競り負けると悔しい思いをしますね。

が、数日後、同じ商品がまた出品されている。

あれ?

開始価格は、先の落札価格よりも高めの設定で・・・

ああ、なるほど。
オークションを利用した転売商法なのか。


とりあえず競り落として、それを高めの価格で出品し、転売することで利ざやを稼ぐということなのでしょう。
多分、私が知らなかっただけで、オークション界にはこのような転売屋がたくさんいるのではないか?

と思って、そのような目で見てみると、それらしいものがチラホラ見かけられます。

もちろん違法ではないし、その分野で目利きができれば、それで小遣い程度の収入を得ることもできるでしょうな。
試しに検索してみると・・やっぱりその手法を書いたサイトなどが多くヒットします。

ヤレヤレ・・


で、どうしようか?
高値出品に入札すれば、落札できるかもしれないけど、、競り負けた相手から高値で買うのはどうも癪に障る。

(´ε`;)ウーン…

魑魅魍魎が跋扈するオークションの世界。
あまり深く入り込みすぎないほうが賢明なようです。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

木のソファー

新作のご紹介。

20161125_001


木のソファーです。

ソファーは根強い人気のあるアイテムで、年に数脚程度お引き合いをいただいています。

20161125_004


弊工房のソファーは、いえ、ソファーに限らず、椅子全般については開業以来木の座面を採用しています。

木座は頑丈で、クッション座などのように破れたり、ヘタったりすることもなく、メンテナンスフリーで長くお使いいただけます。

20161125_013


ダニが発生することもなく、掃除も楽。
このため、アトピーやハウスダストアレルギーに悩む方からのお引き合いも良くいただきます。

固めの座面が気になる時は、薄めのクッションを引けばOK
ライフスタイルに応じていろいろなアレンジができますよ。

20161125_008


デザイン的な特徴は、背板の市松模様です。
製作には少々手間がかかりますが、和的な感じのする意匠で、密かな人気を誇っております。

20161125_010


低めのアームは枕の代わり。
ここにクッションを当てると、、そう、昼寝にちょうどよい高さです。

ちょっと横になる事ができる・・・というのも、ソファーの大事な役割ですね。

20161125_017


素材はホワイトオーク。
どのようなお部屋にもマッチする、オールマイティーな素材です。

長さ1800ミリの大きなソファー。
3人がけでゆっくり、昼寝にも十分なサイズです。


20161207_003


20161207_004


設置後の写真をいただきました。
リビングの主役になりそうな存在感!

どうぞ、普段使いの家具として、色々とご活用ください。

お届先  長野県

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

にらみ合い

やっぱり来ました。
必ず来ますよね。

一度くらい、忘れても良さそうなものなのに・・・

この世で2番めに嫌いなソレ・・・・

ソレは・・・


請求書 (-_-;)

まあ、誰でもこれ好きな人はおらんじゃろ・・・・


しかし、何が嫌かって、年末の請求書ほど萎えるものはありませんな。
昨日は、郵便屋さんが持っている手紙の束の中に、黄色の封書を見つけてピンときましたよ。

さて、今回はいくらの請求じゃ??


・・・・

怖くて、まだ開封してません。

しばらくそのままにして、中の金額が減るのを待つのがいつもの儀式。
しばらくにらみ合いの日々が続きそうです。

_| ̄|○


勝てんけどね。

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

ストレッチジーンズなんて

ストレッチジーンズなんて邪道だと思っていたのですが、、

安売りしていたので、まあ、物は試し・・・
作業着にでも使えばいいや・・と思って買ってみたのですが。

いや~ 楽ですね、、これ

形はスリムでもなく、もちろんスキニーでもなく、普通のストレート。
(おっさんがスキニーなんて、、履けませんわ)
なので、ストレッチがあろうがなかろうが、別にそれほどは着心地は変わらんだろう・・と思っていたのですが、

ぜんぜん違う・・

これを上回る柔らかさを求めるならば、もはやジャージしか選択肢はなく、、そのためか、最近はジャージのようなパンツもあったりするようで、世の中、どんどん楽な方向へ進んでいるようですな。


そんなもの邪道。。と、典型的な保守派のおっさんとして見向きもしなかったのですが、
ここにきて流れに棹差し、流されることとなりました。

これから、新しいジーンズを選ぶ時は、ストレッチが第一候補になりそうです。

楽な方へ楽な方へ・・・

| | コメント (2)

2016年12月 2日 (金)

同じ轍を踏まぬよう

ともかく、全国的に師走に入ったのは間違いなく、途端にラジオなどでクリスマスソングが流れ始めるのも例年通り。

そして、なぜか師走に大物の製作をするのも例年通り。

それらが重なって、師走は何かと精神的、肉体的にプレッシャーがかかり、昨年末はついに大失敗をやらかしてしまったのは苦い思い出でございます。
(興味ある人は、過去ログをさらってみてね)

今年も似たような状況にあります。
大物というのは、ある程度目安が見えた時点でホッとして気が緩み、あと一歩のところでミスを犯すことが多々あります。
昨年もそうで、しかも、致命的なミスでありました。

今年は同じ轍を踏まぬよう、慎重に進めたいと思っています。
ちょうど今8割方の進み具合で、今日でほぼ目処が立つ・・・そう、、ホッとして気が緩む時、、それが今日です。

緊張の糸を緩めないよう、慎重に進めないと・・・
と、自身に言い聞かせるために、ブログに書きました。


さて・・始めるとしますか。。

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

師走モード

あれ、、おかしいなぁ。

カレンダーを見ていたら、今日から12月だって?

ええっ

\(◎o◎)/!


師も走る師走。
それほど忙しいという意味らしいのですが、師が先生の事ならば、先生は年中忙しいので、一年中師走ということになりますな。

何を言っているのか意味不明ですが、12月に入るとのほほんとしている木工屋も、それなりにフレッシャーがかかってくるのもまた事実。

マイペースから少しずつペースを上げて、走るモードに変えていかなきゃね。
(年内納期は、あといくつ?? 汗)


風邪が今ひとつ抜けきらない今日此の頃でありますが、とりあえず師走モードで・・・頑張ります。

| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »