« 秋といえば | トップページ | 想像力の欠如が »

2016年11月 7日 (月)

ホワイトオークよ、お前もか

以前も何度かこのブログに書いてきましたが、材木価格が上がっています。

15年前に開業した頃から比べると、1.5倍ほどにはなっているでしょうか?
中でもウォールナットの価格上昇は殊の外大きく、もう2倍ほどに迫ろうという勢い!

デフレなんぞと言われていますが、材木価格はインフレの一途を辿っているのであります。

そんな中でも、比較的価格上昇が穏やかだったのがホワイトオークで、良材も安定供給される優等生でありましたが、ここにもインフレの波が押し寄せてきたようです。


なんでも、最近はウイスキーブームということのよう。

ウイスキーとホワイトオークがどのように関係するのかというと、そう、ウイスキーの保存樽にはホワイトオークが使われるのであります。
製材所側から見ると、家具用よりは樽用のほうが儲けになるようで、そちらに流通が引っ張られるかたちで価格が上がっている由。

ったく、、もう。

天然木と言えども商材。
商材であれば、市場原理に抗うことはできません。

ホワイトオークよ、お前もか!!!
ホントに、頭の痛いことでございまする。

で、現実逃避のため、先日久しぶりに山に登ってきました。
北九州市のシンボルとも言える皿倉山。

何度も登っている山ではありますが、今回は未踏破であったルートを使って、皿倉、帆柱、花尾の三座を巡りました。
紅葉を期待したのですが、基本は常緑樹の山であることと、少しの落葉樹についてもまだちょっとタイミングが早かったようで、色づきは僅かでありましたな。

さて、また現実に戻って、今週も頑張ります(オウ)

|

« 秋といえば | トップページ | 想像力の欠如が »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

原木購入行きましょう。^^; 
しかし、北九州は身近に製材所がないし、原木市場がないのが
本当に不便であります。
保管場所にも困りますね。

ロシア産ナラ、タモはたしかワシントン条約に引っかかるようになったらしいです。

良質の目細なタモは入荷次第、全量突板屋に押さえられますし、良い物は入手厳しい感じであります。

国産の栗材などは如何でしょうか?

投稿: | 2016年11月 8日 (火) 01:18

良材を手に入れるのもなかなか難しい時代になってきました。

原木丸太買いも含めて、その調達方法も見直していかなければならないか・・とも考えています。

悩ましいことです・・・

投稿: 栗原@simple | 2016年11月 9日 (水) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋といえば | トップページ | 想像力の欠如が »