« 歩留まりが・・・ | トップページ | 司馬遼太郎展 は、ちょっと残念 »

2016年10月22日 (土)

また地震

鳥取で大きな地震がありました。

昨日、ラジオを聞きながら仕事をしていたところ、突然の中断、臨時ニュース。
鳥取で大きな地震があり、ここ北部九州も震度2~3が観測されたとのこと・・・

熊本に続き、鳥取。
日本列島は地震活動期に入った・・・などと言われているようですが、確かに最近は常にどこかが揺れているような感じがありますね。

被害の全貌はまだ明らかにはなっていないようですが、大きな人的被害などがないことを願っています。

|

« 歩留まりが・・・ | トップページ | 司馬遼太郎展 は、ちょっと残念 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

昨日、九州も揺れましたね。
熊本の余震だとおもっていました。

鳥取地震のことをいろいろ聞いて総合的に判断するとあまり被害はないようです。
あそこらへんは豪雪地帯だと思いますので、基本、家の作りがしっかりしているとおもいます。

M6とM7ではエネルギーが32倍違うそうなので
震源地ちょっと離れるとエネルギーが相当減ってるんでしょうね。

土蔵がこわれている映像みましたが、土壁は地震で崩れてエネルギーを逃がすようになっているとおもうので、取り立て、壊れたと騒いでいるのは無知なんだとおもいます。

しかし、おそらくですが、日本列島は地震活動期になったとおもいますね。
次から次に大地震がやってきて、復興間もないうちにまた地震に襲われる?ということになりかねません。

たぶんそのうち、被害が大きくなると、地震も自己責任論が飛び交うのでしょうか?

そこに住むことを選んだあなたに責任とか?なりそうで怖いですね。

東京住んでる人はどうなるの?っていわれそうですが。

投稿: いつもの名無しさん | 2016年10月22日 (土) 12:46

結構揺れたらしいんですが、気がつきませんでした(汗)

震度2くらいだと、作業中だったらよくわからないようです。
(それとも、私が鈍いだけ??)

家の倒壊については、やはり古い家は屋根に瓦を載せていたりすることもあって、家全体が重い構造となっているため、横揺れ時のエネルギーも大きくなるのではないか・・と思ってます。

軸組工法にもちょっと問題があるかも?

こう考えると、、ツーバイなどの面構造で、ガルバニウム鋼板などの軽い材を使った家が、いざ地震というときには一番安心なのかもしれません。

味気ないですけど・・・

((+_+))

投稿: 栗原@simple | 2016年10月22日 (土) 13:45

最近は制振ダンパーというものがあるようです。

熊本地震でも相当効果あったようであります。

公共建築の古いものなどにはダンパーを取り付けている物件を多数見受けられますが、あれを木造建築にもいれているというわけです。

私も重い瓦が屋根に乗っているのが倒壊の原因だとおもっています。
おそらくですが、基礎が腐っている、虫に食われているというのが原因で当初の強度が保たれていないのが原因では?とおもっています。

あと雪国の家が倒壊しないのは、九州の温暖な地域の家と比べて柱が圧倒的に太いことです。
尺角の柱を使っているところも多数あるようです。

最近の新建材の家はどうかわかりません。
2x4、2x6は耐震性はすばらしいとおもいます。しかしアメリカなどの竜巻やハリケーンが多い地域ではパネルが一枚穴が開いてしまうと強度が一気に下がって崩壊するようですね。

投稿: いつもの名無しさん | 2016年10月22日 (土) 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩留まりが・・・ | トップページ | 司馬遼太郎展 は、ちょっと残念 »