« 木工と女性と腕力と1 | トップページ | また台風 »

2016年10月 3日 (月)

木工と女性と腕力と2

続き・・・

しかし、ハンデがあるとは言え、女性木工家も数多くいらっしゃいますし、もちろん素晴らしい家具を作っておられます。
女性でも、複数体制で臨めば重さの問題はクリアできますし、一人であってもノックダウン式を積極的に採用したり、小ぶりの家具や小物に特化するなどで、ハンデを逆手に取って差別化の柱にするなどの工夫をしている方も見かけます。

これを敷衍して考えて見るならば、各工房によって制作環境は様々であり、やはりそれぞれに短所を抱えているもので、それぞれに短所の数だけのハンデを背負っています。

しかし、ハンデがあるほど、制約があるほど、それを克服するための知恵も出てきますし、願わくばハンデを逆手に取って強みに変えていくほどのアイデアを絞り出すことができれば、また視野も広がってくるかもしれません。

また、腕力の問題にしても男はたしかに有利ですが、それも若い頃だけのこと・・・
年を取ってくると確実に腕力は落ちてきますので、やはり重さということが大きな問題になってきます。

何を隠そう、、かく私も50歳を過ぎた頃からそれをひしひしと実感するようになり、加えて五十肩やらぎっくり腰やらを経験して、重さに対してはほとんど恐怖を感じるまでになってきました。

このため、設計も以前とは変えており(変えざるを得なくなり・・・) 各パーツはできるだけ後付・取り外しができるようにしたり、ノックダウン方式を採用したりと、様々な工夫をして今に至ります。


とまあ、あまりまとまりなく書いてきましたが、ハンデは人それぞれ・・・
それを自覚し、それをブレークスルーすることで、是非素晴らしい家具作りをしてほしいと、新たな木工家志望諸氏に強く願う次第であります。


というわけで、私も今からラジオ体操とストレッチとスクワットします。
体力維持も大事な仕事でありますなぁ

|

« 木工と女性と腕力と1 | トップページ | また台風 »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

木工家ということ」カテゴリの記事

コメント

そんなに女性の木工職人さんに遭遇することはありませんが、やはり女性で一人でやられている方だと遠慮してしまいます。

過去に2名ほどしか遭遇したことはないです。

若いうちは家具工房などで勤務して大きなものを作った経験はある方が多いようですが、独立してからは
子供のおもちゃ、家具がメインで楽天、ヤフーで販売されている方が多いようですね。

主婦業を合間にやられてる方が多いので
無理難題も言えないので、遠慮してしまうところです。

しかし、女性ならではの拘りや優しさが家具にも出ており、丸みをもった優しい仕上がりが多い気がしますね。オイルにもこだわってる方が多い気がします。

投稿: 名無しさん | 2016年10月 3日 (月) 13:56

コメントありがとうございます。

おっしゃるように、女性木工家にもいろいろな方がいらっしゃいますが、いずれも女性ならではの視点が生かされた家具作りをしておられますね。

このあたりは、男ではなかなか気が付かないところで、感心することばかりです。

投稿: 栗原@simple | 2016年10月 4日 (火) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木工と女性と腕力と1 | トップページ | また台風 »