« 台風と雨と映画 | トップページ | 給湯器再び »

2016年9月21日 (水)

前途多難であるとは思いますが

木工家志望の方がいらっしゃいました。

既に木工所勤務の経験がある方なのですが、諸事情があり、これを機に、改めて木工を基礎から勉強し直したいとのことで、訓練校へ行かれる由。

木工修業の場として訓練校が果たして適しているのか? ということについての私見としては・・・まあ、過去記事を検索していただくこととして、、実情としては好むと好まざるとにかかわらず、訓練校に頼らざるをえないのが現実です。

ならば、訓練校の現状を知り、その上で、どのように訓練校をキャリアアップのステップとして利用するのか?
そのようなしたたかさが、必要であると思う・・・云々 といったアドバイスを差し上げました。

木工を勉強する環境が厳しくなる中で、これから色々前途多難なことと思いますが、「若さ」という最も強力なバイタリティーで、是非道を切り開いていってほしいと願う次第です。

Sさん、頑張ってくださいね♪

|

« 台風と雨と映画 | トップページ | 給湯器再び »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風と雨と映画 | トップページ | 給湯器再び »