« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月30日 (火)

マホガニーの椅子

涼しいうちに、新作をご紹介します。

20160727_017


ご覧のとおり、椅子です(きっぱり)

椅子は、家具作りにおいては特別なアイテムです。
一口に椅子と言っても、古今東西様々なデザイン、構造があり、まさに百花繚乱、、いや、百花どころではなく、そのバリエーションは無数と言ってよいでしょう。

そのような中で、どのような椅子を、どのような一脚を作るのか?
木工家であれば、皆が考える最大の命題で、百人の木工家がいれば百通りの答えが出てくるアイテム・・それが椅子です。

20160727_024


と、少々大げさに書きましたが、椅子を見れば、その木工家の考え方がだいたい分かる・・・というのは確かなように思います。

私としては・・
・奇をてらわない
・座る人の体格にあって
・座りやすい

ということを旨としており、これにお客さんからのご希望を取り入れつつ製作をしております。

今回は、背の高いお客様向けに、従来よりも一回り大きく木取りをしました。

20160727_027

20160727_028

ハイバック・・ではありませんが、背板は高めの位置として、笠木をつなぐ格子は4本。
お客様よりのご要望を受けて、配置しました。

20160727_029


座面の彫り込みも欠かせない仕様で、これで座り心地がぐんと上がります♪

素材はマホガニー。
以前、同種で製作した書斎机に合わせるための椅子です。

広い座面でゆっくりと。
書斎ライフがさらに充実することと思います♪

ご愛顧いただきますよう。

  お届先  北海道

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

マイブーム 寒冷渦

寒冷渦って言うんですか? 渦の端っこが九州にかかってくれているようで、いや~涼しい。

(・∀・)

なんでしょうか、この ひんやりとした感触♪
忘れていた、涼しいという言葉・・・

今、私の中では寒冷渦がマイブームです。

ただ、その為に台風が東北地方へ進むようで・・
気象とは摩訶不思議なもので、台風の進路にあたっている地方の方は、くれぐれもご注意ください。


しかし、この涼しさもいっときのこと。
あと数日で、再び残暑が戻ってくるとのこと。

恨めしい気持ちにもなりますが、今はこの涼しいひとときを十分に満喫しようと思います。

今日は仕事が進むぞ~

| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

メール不達 不達 また不達

ネットやメールをコミュニケーションの道具としているための問題点など、今までも幾度か書いてきましたが、最近の悩みはやはりメールです。

メールが不達となる現象が少しずつ増えているのです。

この現象のうち、今までの多くは先方がフリーメールを使っているためのことでした。
フリーメールには、どうも相性というものがあるようで、特にhotmailやgmailの場合に、メールがはじかれるケースが多く見受けられます。

この時に、不達メッセージが帰ってくればよいのですが、そうでない場合も多々あり、こうなると手のうちようがありません。


この状況は今も変わらず、そして、最近は別のケースも多くなってきています。

スマホの普及に伴い、スマホからメールを送ってこられる方もかなり増えてきました。
ところが、スマホのメール設定で、PCからのメールを受け取らない・・という設定をデフォルトとしている方も多いようで、こうなると、やはりこちらからのメールははじかれ、不達となってしまいます。

この場合は、受信メールを一旦携帯へ送り、そこから改めて発信し直すことしか手段はないのですが、手間がかかる上に、メールのデータ管理もかなりややこしくなり・・・頭を痛めているのであります。


このようなときに、時々FAXでお問い合わせをいただいたりすると、本当にホッとした思いになりますな。。
ローテクは癒やされます。


ともあれ、この不達問題、今もリアルタイムで進行中。


願わくば・・・お問い合わせをされるお客様へ・・

スマホからのメールは、一旦設定を確認したうえで・・
また、文面に、できれば電話番号などを記載しておいていただけると助かります。

どうぞ、よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

カラカラ

毎日暑すぎて、ブログのネタもないなぁ~

来週は、多少気温が下がるようなので、今はそれだけを頼りに日々を過ごしている状態でございます。


関東以東では、台風の影響などで大雨、ゲリラ豪雨など、大変な状況のようですが、こちらでは梅雨明け以降ひと月以上雨もふらず、熱帯夜が連続し、カラカラの状態です。

表の雑草が枯れ始め、草むしりの労働から解放されたのが唯一の救いで、それ以外は何一つ良いことありませんわ(ヤケクソ)

というわけで、今日も外は太陽ギラギラ・・

_| ̄|○

頑張ります、とりあえず・・・

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

折りたたみ式こども机 椅子のセット

こどもセットのご紹介。

20160727_008


机と、椅子2脚です。

20160727_015


こどもは椅子が大好き♪
お座りができるようになって、はじめて自分のものになる家具だと分かるのでしょう・・ 納品後に、子供が気に入って離さないのですよ! というお便りを良くいただきます。

作り手にとっては、とても嬉しいことです。

小さな頃に天然木に触れて、木が大好きになってほしい・・
という思いで作り続けています。

このこどもセットは弊工房の定番で、机の脚は折りたたみ式になっています。
2012082720012


今回は、このモデルをベースに、天板をウォールナットで製作しました。
20160727_012


やはりウォールナット。
綺麗な材で、存在感は別格です♪

20160810_001


お客様から頂いた写真です。
オーナー様には、さっそくご愛用いただいている模様で、嬉しい限りです♪♪

ずっと大事に使ってくださいね。


お届先 福井県

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

祭りのあと

ああ、オリンピック、終わっちゃいましたね。

今回は、今まで以上に日本人選手の活躍が目立った大会で、盛り上がりもひときわ大きかったように思います。

私も、寝不足と闘いながらいろいろ観戦しました
(暑くて寝苦しかったということもありますが (-_-;) )

終わっちゃって、祭りのあとの喪失感がありますなぁ。


さて、これで今後の興味はホークス一本になっていくわけですが、日ハム三連戦にまさかの勝ち越し♪
かろうじて首位をキープしているというたまらない状況でございます。

前半の破竹の勢いに思いを馳せるとき、この後半の大失速にぎりぎりする思いを抱いているのはホークスファン共通のことと思いますが、ペナントレースとしては面白くなってきたとも言えますな。

さて、気持ちを切り替えて、残りの試合を見守っていくこととしましょう。


あ  仕事も、頑張りますよ・・ もちろん

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

オリンピック 盛り上がりますね

やっぱりいいですね・・オリンピック。

仕事をしながらも気になって、、昨日はちょっと仕事を抜けて男子卓球を見て、今日は先ほど200メートルの決勝を見ました。

バドミントンは見事に金をとったし、4年後がさらに期待できる競技も出てきて、東京オリンピックがより楽しみになりました。

4年後は・・実際に会場に足を運びたいものですなぁ。
その時は、どの競技にするか??

そんなことを考えながら、暑さのストレスを癒やしている今日此の頃です。


で、そんなふわふわしている間に・・いつのまにかホークス。
ゲーム差なし。

で、今日から日ハム三連戦だと??

(-_-;)

こちらは、ストレスたまりまくりだわぁ

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

刃を交換する

手押しかんな盤の刃を交換しました。

木工関係の方ならお分かりの通り、刃の交換は大変根気のいる作業です。
比較的新しい機種であれば、専用のセッティング治具などもあるようですが、私の場合は自作の木製ゲージを刃に当てて、回転胴を少し動かしてゲージの移動量を測る・・・という原始的な方法でやっております。

原始的だけど、一番確実な方法。
面倒くさいけど。。

しかし、この度たいへん削りにくい材料を前にして、これを確実に逆目を起こさぬよう仕上げるために、満を持してこのタイミングで刃の交換に挑んだという次第です(大げさに書くね~)


逆目を起こさないキモは、とにかく、刃を裏金ギリギリの位置まで詰めること。

機械鉋と言っても、原理は手鉋と同じ。
裏金をぎりぎりまで詰めることで、逆目を防止することができるのです。

が、このギリギリというのがめっぽう難しく、ちょっと油断すると詰め過ぎたり・・・
逆に詰めが甘かったり・・

また、セッティングボルトを締めていく間に、ずれてしまったり。

夏の暑い時期、さらに汗をかきながらの作業でありました。


しかし、努力の甲斐あってセッティングはバッチリ!
問題の材も、逆目を起こすことなく、無事削ることができました。


切れ味順調。
それだけで、テンションが上がりますな♪


さ、今日も頑張ろ!

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

悪夢の木取り

家具作りは、木取りで7割方決まるといいます。
(私が勝手に言っているだけですが・・・)

木取りとは、原木から必要な材を切り出す作業で、文字通り適材適所に振り分けていくのです。

効率よく良い材料を取ることができれば、それだけで十分な達成感があり、顔がニンマリするのであります。

しかし、そのようなことは滅多になく、あっちを立てればこっちが立たず、帯に短し襷に長し・・的なことばかりで、毎度頭を悩ますのでありますな、これが。


で、昨日は木取りをしていました。
とっておきの厚挽きの材。

両面とも、綺麗な木目が出ています。

が、しか~し!
切ってみると、中に大きな節が・・・ (@_@。

しかも、木の内部を斜めに貫通しているではありませんか。。。

_| ̄|○

これはもう・・・悪夢です。

どこをどう切っても、節に行き当たる。
節の回りは木目が交錯して強度的に不安定なばかりか、小さな割れが縦横に走っていたり、なによりも外観品位を損なうことになりますので、基本的には使えません。

ということは?
そう、この原木は、一切使えないということ。


この時のために温存していた板なのにぃ~
暑さが一気に増したような気分になりましたわよ。

でも、仕方ありません。
これも天然素材を使っている故のこと。

商材として考えると、これほど歩留まりが悪く、これほど利益率が悪いものもありませんが、それであるが故に面白くもあり、それがこの仕事を続ける原動力にもなっているのですな・・・

と、多少のやせ我慢をしながら、自身を納得させているのであります。


さて、今日も木取り。
今日はうまく行きますように(神頼み)

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

業務再開しました

お盆休みを終え、業務再開しました。

それにしても・・・下界は暑いのぅ~ 
いつの間にか、ホークスはファイターズと2ゲーム差になってるし。

(@_@;)


お問い合わせをいただいた皆様。
今から順次ご返信を差し上げますので、恐れ入りますが、今少しお待ちいただきますよう、お願いします。

それにしても・・・
相変わらず暑いのぅ~

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

お盆休みのお知らせ

8月11日(木)~15日(月) お盆休みです。

この間にいただいたお問い合わせについては、16日以降のお返事とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。

  木工房シンプル 栗原浩

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

シン・ゴジラ

シン・ゴジラを見てきました。
今回、12年の空白を経て原点回帰を目指したとのことで、興味津々。

見た感想は、、いやいや、面白い映画でした(満足)

シン・ゴジラのテーマは、現代日本にゴジラが現れた場合、政府を始めとした諸機関がどのように動き、どのように判断し、決断し、どのようにこの事態を収集しようとするのか、、ということです。

事前に徹底した取材を重ねて書かれた脚本はとてもリアリティーがあり、想定外の事態に政府が右往左往し、様々な会議が開かれ、決まらず、決められず・・という様は、悲劇と捉えるべきか、喜劇と捉えるべきか、もどかしさばかりが募るのでした。

特に、自衛隊の防衛出動を決断するくだりや、日米安保に伴う米国との連携を描いた部分は、現在の日本が置かれた状況を考えると決して絵空事ではなく、虚構の中に現実が入り混じった不思議な感覚にとらわれてしまいます。

8d20998167f33bac


さて、当のゴジラですが、、全てCGで描かれていながら、動きは往年の着ぐるみを髣髴とさせるもので、思わず膝を打ったことでした。
そう、これなんだよ、、ゴジラの動きは。。

そして、ゴジラ登場の際に流れるBGMは、伊福部昭が作曲したオリジナルのメロディーで、これを聞いただけでオリジナルのゴジラファンとしては心高ぶるのであります。

B04005_ph02680x383


今回のシン・ゴジラは、圧倒的な強さを持って描かれています。
詳しくはネタバレになるので書くことはできませんが、もはや極東の島国で起こっている事態にとどまらず、アメリカを筆頭に、国連安保理決議に基づく多国籍軍による攻撃というところまで話が進んでいくのです。

その事態を、果たして日本は受け入れることができるのか?
その覚悟はあるのか?

という、究極の選択を我々に問いかけているところも、この映画が訴えかける問題提起なのでしょう。

監督の庵野秀明は、言うまでもなくエヴァンゲリオンの監督として知られており、それとの類似を指摘する声も多くありますが、あいにく、私はエヴァンゲリオンについては全く不案内ですので、その方面での楽しみを感じることができないのが少々残念でもあります。

しかし、ゴジラというロゴマークや、エンドロール最後に出てくる「終」という書体、そして、エンディングに流れるオリジナル録音のメロディーなど、、
また、何よりもそのストーリーが、現状の社会情勢を下敷きにして、現状抱える問題点や矛盾点などをゴジラという圧倒的な虚構をそこに放り込むことであぶり出してみせるという組み立てになっている点など、原点回帰を思わせるに十分なもので、満足して映画館を後にしたのでした。

原点回帰したゴジラ映画。
子ども向けでは全く無く、大人に向かって発信された、大きな問題作と言えるかもしれません。

もちろん、娯楽映画、エンターテーメントしての魅力も満載(ゴジラがね・・怖いんだね、、これが)

シン・ゴジラ 是非映画館で見るべき。
お薦めです。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

長崎原爆の日

毎年書いていますが、今日は長崎原爆の日。
北九州市民が、決して忘れてはならない日です。

8月9日、小倉市(現 北九州市小倉区)を標的と定めたB29は、その上空に飛来するも、前日にあった八幡大空襲の残煙や雲に遮られて目標地点(小倉陸軍造兵廠)を目視することができず、旋回をして三度試みるも投下を断念、、機首を長崎へと向けました。

私の父は当時7歳で、投下目標地点から6キロの距離にいました。
もし、爆弾が予定通り小倉に投下されていたら、、、

少なくとも、その後の父の人生は大きく変わったことは疑いがなく、ひいては私についても。。
いや、そもそも、私がこの世に存在していたのか?

ということを、毎年この時期に考えます。


今年は、オバマ大統領が広島を訪れた歴史的な年になりましたが、核廃絶への道は未だ遠く、原爆の日とは、毎年そのもどかしさを感じる日でもあります。

これらについては思うところも多々ありますが、このブログには馴染まず・・

投下時刻の11時2分には、静かに長崎の方向へ祈りを捧げたいと思います。

| | コメント (2)

2016年8月 8日 (月)

上がったり下がったり

忙しくなりました・・・・

早朝からオリンピック、
昼間は高校野球、
夜はプロ野球、
そして、深夜は再びオリンピック。

いや~大変じゃ。


昨日は、400メートル個人メドレーのダブルメダルに興奮したのですが・・・・
しかし、九国大付は破れ、ホークスも負け(ホントに、日ハムに弱いよね) 上がったり下がったりの一日でありましたな。


さて、今日は今からサッカー予選。
コロンビア戦。

テレビにかじりつく・・わけには行かないので、ラジオを聞きながら、ピンポイント観戦する予定です。

上がったり下がったり・・

きょうは上がりっぱなしの一日になってほしいものですな。

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

作業休止

熱波

今日は本当に暑い。

工房内温度は、ついに40度。
久しぶりの大台に乗りました。

\(^o^)/

さすがにこれでは作業は無理。

夕方に室温が下がるまで、休止です。

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

包装のジレンマ

家具などの納品について・・

近隣であれば自ら配達に行くのですが、遠方の場合はさすがに無理。
輸送業者への委託となります。

この場合、輸送中の傷つき・・というリスクが常にありますので、無事着荷したとの連絡をお客様からいただくまで、気が抜けない日々が続くのです。

まあ、滅多にあることではなく、以前の10年間ほどは輸送事故は皆無だったのですが、ここ数年、続いているんです。

((+_+))

年に一件のペース。

なので、ここのところ気の抜けない日々だったのですが・・
先日のこと、、お客様より写真が送られてきて、見てみると、、傷が付いている。

比較的小さなテーブルで、宅配便で送ったもの。
発送の際に、窓口でくれぐれも注意して扱ってくれ、、との依頼をして、ワレモノ表示も行ったのですが。

ともあれ、すぐにお客様に連絡を取り、お手数ながらも送り返してもらって修復をすることにしました。

綺麗に仕上げて送ったものが輸送事故によって傷つくことは、精神的に極めて大きなダメージがあります。
いや、私の方はともかく、楽しみに待っていただいていたお客さまにとっては、そのショックはさらに大きなものであるでしょう。


このような傷つきを防ぐためには、梱包をより厚く、厳重にしていけば良い。
また、梱包材も、エアーパックなどを多用すればクッション効果も高まり、より効果的でしょう。

しかし、そのような包装材は、開梱後に大きなごみとなります。
特に、ビニール系のものは基本的には不燃物であり、自治体によっては分別対象になるなど、その処理に困ることも多々あります。

これら、包装ゴミについては20年ほども前から問題視されており、大企業などではすでに取り組みが行われていて、脱発泡材、脱ビニール素材などなど、、環境ゴミをできるだけ出さない方向で時代は進んでいます。

実際、最近は家電にしろ、パソコンにしろ、以前に比べるとその包装、梱包は極めて簡易で、この程度でほんとにいいの? と不安になるくらいのものであります。

amazonが行っている、ラミネート式梱包などもその流れでしょうね。


そのような中、時代に逆行するような包装は、たとえ零細工房といえどもためらいがあります。

そんなジレンマを抱えながら、いろいろな試行錯誤を繰り返して自分なりの包装方法を作り上げてきたのですが、事故が起こるとこの方法で良いのか? また葛藤を抱えることになるのです。

確率・統計的に考えると、一定の割合で輸送事故が起こることは仕方がないことではあるのでしょうが、それでは割り切れない思いが残るのもまた事実。

大きなジレンマを抱えながらも、これにどのような改善を加えていけばよいのか?
自問自答する日々が続きます。


| | コメント (5)

2016年8月 4日 (木)

昔の麦茶が飲みたい

昔の麦茶は美味しかった。

コクと少しの苦味、甘み、そして、あの香り。
麦茶というと、あの古き好き昭和を思い出すのは私だけではないでしょう。

それに対して、今の麦茶はあまり美味しくありません。
コクも、苦味も、甘みも、そして香りも・・・いまひとつ。

やはりティーバッグ方式では、昔の味を出すことは不可能なのか?

と思っていたのですが、NHKのガッテンで、ティーバッグを使って昔の味を出す・・という特集をやってました。
(今も、Webで確認できると思います)

で、その通りにやってみたのですが・・・

全然美味しくないじゃん (-_-メ)

やはりガッテン、、結構眉唾な内容が多いんだよね。
(なので、最近はほとんど見なくなりました)

ガッテン流とは、ティーバッグに湯をかけて蒸らし、それを水出しして、最後にインスタントコーヒーをひとつまみ入れる  という方法。

でもね、この通りやってみても、格段の差は感じないのでありますな。


ならば、自己流でやるしか無い・・と昨夏から試行錯誤を繰り返しているのでありますな。

今のところのやり方としては・・・
 ティーバッグの量を1.5倍にして、
 水出しではなく、煮出しして、
 30分ほどでバッグを取り出し、
 最後にインスタントコーヒーをひとつまみ、

という方法。

しかし、たしかに味は濃くなるんですけど、甘み、そして香りに欠けるのが致命的だわね。


(´ε`;)ウーン…

やはりティーバッグでは無理なのか?
昔ながらの、麦を炒って煮出す・・・しかないのか?

足掛け二年の試行錯誤・・道は険し。

どなたか、画期的な方法を御存知でしたら、是非ご教示くださいませ。

m(__)m


昔の、美味しい麦茶が飲みたい。

| | コメント (2)

2016年8月 3日 (水)

long tall cupboard

連日の暑さで目が回りそうですが、、新作をご紹介します。

20160706_013


long tall cupboard  のっぽのカップボードです。
ホームページをご覧になり、お問い合わせをいただきました。

20160706_003


家の中で置き場所が限られており、そのスペースにピッタリと収めたい。
また、できるだけたくさんの食器が入るようにしてほしい。

と言う訳で、このようなのっぽ体型のカップボードになったのであります。

20160706_009


高さ2メートル。
幅は45センチほどですが、かなりの収納量を誇ります。

ガラス扉が涼しげですねぇ (強引)

扉でバタバタ、、大きな団扇としても使えますヨ (あのね~)

20160706_018


引き出しと、板扉。
引き出しは、ナイフやフォークなど、カトラリーを入れるために底板を補強しています。

カトラリーって、かなりの重さになりますので、市販の家具などで引き出しの底板が抜けるという話をよく聞きます。
このようなことが無いよう、補強構造を施していますので、底板強度もバッチリです。

また、板扉の中は、一升瓶を立てて収納することができ、さらにその上に棚板をセットして物が置けるような工夫もしておりますよ。

20160706_023


20160723_001


設置後の写真をいただきました。
左側のキャビネット、その上のユニットも合わせてお誂えいたしました。
(下のユニットはお手持ちの家具です)

3点合わせて、収納はバッチリ!
キッチン周りが快適になり、涼しさも増しそうですね(???)


お届先 京都府

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

危うし ホークス

振り向けば日本ハム

(´-﹏-`;)

現在のチーム力は、明らかに先方が上。
まあ、三タテ喰らわなかっただけでも、良しとしなければ。

ちょっと前半飛ばしすぎたのかなぁ?
そのうち、調子もまた上がってくるとは思うんだけど・・・

それにしても、今年は単独独走で、夏前にはマジック点灯かと言われていたのが、まさかの日ハムの猛追。
ホークスが不調に陥っている・・というよりは、ファイターズの勢いが凄すぎる。

まるでジェットコースターのような今シーズン。
かつてないペナントレースになりそうですな。


| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »