« よくある話 | トップページ | ポケモンGO 恐るべし »

2016年7月23日 (土)

ああ 稀勢の里

ああ、今場所もダメか・・・

と、ラジオを聞きながらため息を付いたのでした。

稀勢の里

今場所は・・いや、今場所こそは・・ と期待していたのですが・・・

プレッシャーに弱いと言われ続けていた大関の取り組みが変わったのは、琴奨菊が優勝した後のこと。
そうだよ、目の前で優勝を見せられて、発奮しないはずはない。

安定感のある相撲は、特に先場所の取り組みは、横綱の風格を漂わせるものでした。

それだけに、今場所は期待をしていたのですが・・


横綱は宿命。
運も呼び込まないと、、 と言っていたのは、白鵬でした。

その白鵬が一敗、二敗、三敗、と失速し、鶴竜が休場し、という、まさかの敵失によって訪れた好機。
千載一遇のチャンス、白鵬の言う運が転がり込んできた今場所。

宿命的な、ドラマチックな展開に全国の相撲ファンは固唾を呑んだことでしょう。

しかし、この運命の一戦で稀勢の里の悪癖がでてしまったのか?
プレッシャーに弱い・・・やはり、その根っこは変わっていなかったのか。

優勝の可能性は残っていますが、今場所での横綱昇進は絶望的。
う~ん、残念です。

願わくばあと二番、会心の相撲で来場所につなげて欲しいと願う次第です。


がんばれ、稀勢の里。

|

« よくある話 | トップページ | ポケモンGO 恐るべし »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よくある話 | トップページ | ポケモンGO 恐るべし »