« 夏は長袖 | トップページ | そうだ、腹筋を鍛えよう »

2016年7月 5日 (火)

信ずるものは

宗教の人が来ました。

隔週で、定期的に訪問されます。
いわゆる、布教活動ですな。

どこの宗教とは申しませんが、キリスト教の系統です。

ちなみに、アタクシの家は浄土真宗の檀家でありますが、平均的日本人のご多分に漏れず、アタクシ自身はそれほどの信仰心は持っておりませんなぁ。

いや、仏教を含めた宗教全般には多大なる興味を持っているのですが、それは信仰ということではなく、思想哲学的側面としてのことであって、信仰心のある人から見ると、ちょいと斜に構えためんどくさい人間であると思われているだろうなぁ・・・ おそらく


それはともかく・・・
このキリスト教系の教団については、実に熱心な布教活動をやっているなぁ・・と、度々感心しております。

同時に、信仰を持っているということは、おそらく幸せなんだろうな・・とも。
混迷するこの時代、先が見通せない時代にあって、何か無条件に信じることができるものがあれば・・

信仰を持つということは、それだけで持たない人よりも救われているのかもしれませんな。
と、いつも布教活動に来られるにこやかなご婦人を見るたびに思うのであります。


ただ、アタクシも年をとるに従って、寺に行っても神社に行っても、昔よりも素直に手を合わせられるようになりました。
教義理論を云々するよりも、仏像を眺めている時のほうが落ち着くのは、若干の信仰心が芽生えてきたことの現れなのかもしれません。

とまあ、なんだかとりとめのないことを書いてしまいましたが、今日は工房に掲げてある御札にさらに念入りにお参りすることにしましょう。

職場安全 商売繁盛! 

(結局ご利益祈願かよ・・・)

|

« 夏は長袖 | トップページ | そうだ、腹筋を鍛えよう »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏は長袖 | トップページ | そうだ、腹筋を鍛えよう »