« 便利な時代の悩み | トップページ | タブレット入力の伝票は »

2016年7月29日 (金)

独占的金具の憂鬱

今日は愚痴満載の内容なので、気分を害されるかもしれません。
最初にお詫び申し上げます。

m(__)m

昨日は、金具購入について書きましたが、今日は金具そのものの話です。

いろいろな金具があります。
一般的なものから、特殊なものまで・・・家具用金具は百花繚乱です。

丁番のように一般的なものならば、色々なメーカーが、色々なタイプを出していますので、それらから取捨選択可能です。
しかし、特殊なものになるとバリエーションはぐんと限られ、中にはほとんど一社の独占状態というものもあったりして、これがしばしばクセモノなのです。

特許の問題なのか? それとも需要が限られているので他社も参入のメリットがないと思っているのか、とある金具については、種類は一つしかなく、選択の余地はありません。

まあ、それはそれでいいのですが、問題は・・・
この金具、極めて取り付けがしにくい・・ということ。


今回もこの金具を使わなければならないこととなっていて、それだけで気分は極めて憂鬱になるのでございますな。


この金具、固定はビス止めだけという、極めて単純なものなのですが、問題は、その取付穴の位置なのです。
なぜか、極めて理解し難いことながら、この取り付け穴の前にバネが仕込まれており、このため、ビスを打ち込むことが極めて困難。

下穴を開ける時も、手前のバネがじゃまになり、ビスをねじ込む時も、ビス頭がバネに干渉して入りにくい事この上ないばかりか、場合によってはバネを破損させることもあるのです。

さらに、別の取り付け穴位置もおかしな場所にあって、ドライバービットを斜めに差し込まないと固定できないようになっているのです。

いずれの穴位置も、あと数ミリずらすだけで支障なく固定できるようになるのですが、、なぜこんな変な位置に開けているのか?

と、書いているとだんだん腹が立ってきましたヨ!

ほんとに、この金具の設計者に膝詰めで話を聞きたい気分だぜ!
どう考えても穴位置に必然性はなく、一体何を考えてこんな設計にしたんだよ・・あん?

(# ゚Д゚)

腹立たしいことではありますが、代替金具がないという現状。
不本意ながらも、これを使わざるを得ないことがさらに腹立たしさを助長するのでありますな。

木工家の中には、金具も自作してしまう凄腕の方もいらっしゃいますが、私のスキルでは、それは無理。


ムムム


釈然としない思いを抱きつつも、代替金具の登場を願う日々でございます。


えっ 具体的にはどんな金具なのかって?
う~ん、、それは・・・ ここに書くことはやめておきましょう。


|

« 便利な時代の悩み | トップページ | タブレット入力の伝票は »

木工 ノウハウ・技術など」カテゴリの記事

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

ぐぬぬ。。。

そんな理不尽な金具なのでございますか?

土曜日の午前中にでも聞かせてください。

投稿: 待ちぼうけな名無し | 2016年7月29日 (金) 10:57

金具は私の勘違いだったようで、すみません。

突然急に動いたので、驚いてびっくりしたようです。

投稿: びっくりする名無し | 2016年7月29日 (金) 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便利な時代の悩み | トップページ | タブレット入力の伝票は »