« マホガニーの書見台 | トップページ | メイプルの飾り棚 »

2016年6月 7日 (火)

魂が吹き込まれたような

少し前にお納めした飾り棚です。
20160420_016


白いメイプルを基調として、アクセントとして黒いウォールナットを一部裏板として取り付けた棚です。

お客様から、その後の写真をいただきましたので、ご紹介♪
Dsc_2774


空だった棚に物が置かれると、魂が吹き込まれたように感じますね。
ちょいと大げさな表現かもしれませんが、飾り棚や本棚など、オープンに収納する家具については、やはり物が納められて、初めて完成するような達成感があります。

ひとつ残念なことは、毎度のことながら、その達成場面を直接目にすることが滅多にできないことなのですが・・
しかし、こうやって写真を送っていただくと、画像を通してリアルな感触が浮かび上がってきます。

そう、、自分で作った家具ですもの。
杢目の具合まで、全て覚えていますわよ!
 (数ヶ月で曖昧になりますが・・(^^ゞ )


この飾り棚は、奥行きも、棚板間の高さもすべて違うようにデザインしていますので、色々なものを置くことができます。
どこに何を置こうか? と考えるのも楽しそうですね。

ご愛顧いただきますよう。

|

« マホガニーの書見台 | トップページ | メイプルの飾り棚 »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

有効に使わせて頂いています!!

前から我が家にあったように、しっくりと納まっています〜

ありがとうございます!!

投稿: 都会のクマ | 2016年6月 8日 (水) 09:22

いつもコメント頂き、ありがとうございます。

どうぞ、引き続きご愛用いただきますよう。

happy01

投稿: 栗原@simple | 2016年6月 9日 (木) 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マホガニーの書見台 | トップページ | メイプルの飾り棚 »