« 筍三昧 | トップページ | 天敵現る »

2016年4月27日 (水)

マホガニーの書見台

新作のご紹介。

20160414_005


書見台です。
読んで字のごとく、本を置いて読むための台で、書斎の風景によく馴染むアイテムですね。

20160414_006


書見台と行っても、様々なデザイン、構造があり、設計にはなかなか苦労をしましたが、お客様のご要望をお聞きしながら、少しずつ形を決めていきました。

あまり重くなり過ぎないよう、しかし、さりとて軽すぎても安定感に欠ける・・
微妙な重量感と、微妙なサイズ感とのバランスをとるのが、けっこう大変でしたぁ。

書を置く棚は、お客様からのご要望をお受けし、ちょっと上に取り付けました。
このため、一般的な書見台よりも大ぶりとなりましたが、枠構造を用いて軽量化を図りました。

20160414_009


背面はこの通りで、支えのステーは可変式で、書見台角度の調整ができます。
ステーの差し込みスロットの形状も苦心をしたところで、簡単にセットできて、かつ、不意の衝撃で決して外れない形状の作りこみに時間を要しました。

そして、素材はマホガニー。
オレンジ色がかったブラウンで、光の加減で波打つような木肌が特徴的な、大変美しい素材です。

優雅な書斎のアイテム。。
日々の読書の時間が、更に楽しくなること請け合いです♪

お届け先 北海道

|

« 筍三昧 | トップページ | 天敵現る »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筍三昧 | トップページ | 天敵現る »